FC2ブログ

現在、タイで公開中のホラー・コメディー「ピー・ナーク」のプロモーション動画

現在、タイで公開中のホラー・コメディー「ピー・ナーク」のプロモーション動画


PeeNakPoster6.jpg


 現在、タイで公開中のホラー・コメディー「ピー・ナーク(Pee Nak)」のプロモーション動画です。タイ映画としては、やや多めのスクリーン数で公開されています。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

「VTR จากทีมผู้ชนะในกิจกรรม」


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

日本で大好評であったタイ映画「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」のDVDがTSUTAYAでレンタル開始

日本で大好評であったタイ映画「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」のDVDが
TSUTAYAでレンタル開始


BadGeniusPoster9.jpg


 日本で大好評であったタイ映画「バッド・ジーニアス 危険な天才たち(頭脳ゲーム/バッド・ジーニャス/Bad Genius)」のDVDがTSUTAYAでレンタル開始されました。現在、取り扱っているのはTSUTAYAだけのようです。

◆TSUTAYA

[参考] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで、本日公開予定のホラー・コメディー作品「ピー・ナーク」

タイで、本日公開予定のホラー作品「ピー・ナーク」


PeeNakPoster11.jpg


 タイで、本日公開予定のホラー・コメディー作品「ピー・ナーク(Pee Nak)」です。

 ファイブ・スター・プロダクション作品。ポンタリット・チョートクリサダーソーポン監督には、「ゴースト・シップ(Ghost Ship)」<2015>などの作品がある。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで、1月公開のモーラム映画「モーラム・マニア」のO.S.T.

タイで、1月公開のモーラム映画「モーラム・マニア」のO.S.T.


MorlumManiaPoster1.jpg


 タイで、1月公開のモーラム映画「モーラム・マニア(Morlum Mania)」のO.S.T.です。これは、モーラムというかロックですね。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

O.S.T.
Lyric ข่อยสิเป็นหมอลำ
Sung by กู่แคน school


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

映像美が訴えかけるGムービー「別れの花 (マリラー・ザ・フェアウェル・フラワー)」

別れの花 (マリラー・ザ・フェアウェル・フラワー)/Malila the Farewell Flower


MalilaTheFarewellFlowerPoster1.jpg


 ファンタジー。Gムービー。チェーン(スコラワット・カナーロット)は、がんを患っている同性の恋人ピット(アヌチット・サパンポン)に「仏門に入りたいので、得度式の際のバイシーを作って欲しい」と依頼する。しかし、完成前に、ピットは・・・というストーリー。
 G Village Co-Creation Hub作品。日本では、「アジアフォーカス 福岡国際映画祭 2018」で上映された。映画祭の解説では、「映像詩」となっている。確かに、映像は美しく力がある。しかし、ストーリーが理解できない。主人公は、なぜラストでピットに申し訳ないと謝ったのであろうか?
 作中に、死体が出てくるシーンがある。これが、実によくできている。もちろん、本物ではない。この死体は何だったのであろうか? 霊と交信するための手段だったのであろうか? そして、後半に出てくるもう一人の僧侶(サムレット・ムアンプット)は何者だったのであろうか? ストーリーには、たくさんの疑問が残る。ラストも、「これで終わりではないよな」と思えるタイミングでのものとなった。そして、最後は、どうなったのであろうか? 撮影は、イサーン(タイ東北部)のカーラシン県で行われたらしい。
 興行収入は2.34百万バーツであった。第28回スパンナホン賞では、作品、監督、主演男優(スコラワット・カナーロット)、助演男優(サムレット・ムアンプット)、脚本、編集、撮影、美術、メーキャップ、音楽、録音賞の11部門にノミネートされた。
 スコラワット・カナーロットは、日本で劇場公開された「すれ違いのダイアリーズ(先生の日記/ティーチャーズ・ダイアリー/キトゥン・ウィタヤー/Teacher's Diary)」<2014年>にも出演している男優。アヌチット・サパンポンは、日本で劇場公開された「風の前奏曲(The Overture)」<2004年>や日本の映画祭で上映された「メコン・フル・ムーン・パーティー(Mekhong Full Moon Party)」<2002年>などで主演を務めた男優。
 アヌチャー・ブンヤワッタナ監督には、日本の映画祭で上映された「蒼ざめた時刻(とき)(ブルー・アワー)(The Blue Hour)」<2015年>という作品がある。本作は第二作目の監督作品。

[ タイのDVD販売サイト ]



[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

タイで、4月に公開予定のクラスーものホラー「シスターズ(クラスー・サヨーン)」のティーザー

タイで、4月に公開予定のクラスーものホラー
「シスターズ(クラスー・サヨーン)」のティーザー


 タイで、4月に公開予定のクラスーものホラー「シスターズ(クラスー・サヨーン/SisterS)」のティーザーです。「インヒューマン・キス(セーン・クラスー/Inhuman Kiss)」に続き、連続してクラスーものホラーが公開されるのですね。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

「ทีเซอร์แรก SisterS กระสือสยาม」


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで、21日公開予定のホラー・コメディー「ピー・ナーク」のプロモーション動画

タイで、21日公開予定のホラー・コメディー
「ピー・ナーク」のプロモーション動画


PeeNakPoster11.jpg


 タイで、21日公開予定のホラー・コメディー「ピー・ナーク(Pee Nak)」のプロモーション動画です。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

3 เทคนิคแอ๊วฉบับ "พี่นาค" ต้อนรับวาเลนไทน์ แต่พี่นาคเข้าฉาย 21 กุมภานะจ๊ะ


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで、3月14日公開予定のクラスーものホラー「インヒューマン・キス(セーン・クラスー)」のティーザー

タイで、3月14日公開予定のクラスーものホラー
「インヒューマン・キス(セーン・クラスー)」のティーザー


InhumanKissPoster1.jpg


 タイで、3月14日公開予定のクラスーものホラー「インヒューマン・キス(セーン・クラスー/Inhuman Kiss)」のティーザーです。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

Teaser


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで、21日公開予定のホラー・コメディー「ピー・ナーク」のプロモーション動画

タイで、21日公開予定の
ホラー・コメディー「ピー・ナーク」のプロモーション動画


PeeNakPoster1.jpg


 タイで、21日公開予定のホラー・コメディー「ピー・ナーク(Pee Nak)」のプロモーション動画です。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

「ความทุ่มแต่ไม่เท งานนี้มีเฮแน่นอน」


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで、本日公開予定のGDH559社作品ロマンチック・コメディー「フレンド・ゾーン」

タイで、本日公開予定のGDH559社作品
ロマンチック・コメディー「フレンド・ゾーン」


FriendZonePoster1.jpg


 タイで、本日公開予定のGDH559社作品ロマンチック・コメディー「フレンド・ゾーン(Friend Zone)」です。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ