タイで、7月19日公開予定の「7デイズ ラオ・ラック・カン・チャン・アーティト」のプロモーション動画

タイで、7月19日公開予定の
「7デイズ ラオ・ラック・カン・チャン・アーティト」のプロモーション動画


 タイで、7月19日公開予定の「7デイズ ラオ・ラック・カン・チャン・アーティト」のプロモーション動画です。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

「金曜日/วันศุกร์ กับ บอย ตรัย : 7 Days เรารักกันจันทร์-อาทิตย์」


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで衝撃のニュースが・・・女優アピンヤー・サクンチャルーンスック(サーイパーン)がヌードを

タイで衝撃のニュースが・・・
女優アピンヤー・サクンチャルーンスック(サーイパーン)がヌードを


ConcreteCloudsPoster41.jpg
「コンクリートの雲」


 タイで、結構大きなニュースとして扱われています。人気女優のアピンヤー・サクンチャルーンスック(サーイパーン)が、「Playboy Thailand誌」でヌードを披露したのです。ヌードといってもタイですのでバストトップは見せていないはずですが、一糸まとわぬ姿を披露しているらしいです。これには、多くの人が驚きました。

 サーイパーンというと、出演作が日本の映画祭でも上映されています。「いつか暗くなるときに
(暗くなるまでには/バイ・ザ・タイム・イット・ゲッツ・ダーク/ダーオ・カノン)」(By the Time It Gets Dark/DAO KHANONG)<タイ、オランダ、フランス、カタール/2016年>、「コンクリートの雲(コンクリート・クラウズ)」(Concrete Clouds)<2014年>、「すご〜い快感(フィン・スゴイ)」(Fin Sugoi)<2014年>、「帰り道(アイ・キャリード・ユー・ホーム/パーダン・ベサー)」(I carried you home/Padang Besar)<2011年>、「風の音、愛のうた」(Loving You, Loving Me)<2011年>とかなりの本数があります。

 彼女は多くの人が認める実力派の女優で、若いにもかかわらずタイの映画賞であるスパンナホン賞の主演女優賞、助演女優賞を獲得したことがあります。また、同賞のノミネートの常連ともなっています。以前は、セクシーさはほとんど見せない清純派でした。レズビアンもの「1448 ラブ・アマング・アス」(1448 Love among us)<2014年>に出演した時も、色っぽさはなしでした。「コンクリートの雲」ではベッド・シーンがあったのですが、普通の下着姿でした。その彼女がです…。
 ただ、近年は、スキャンダルが連続して発生しています。数年前の喫煙事件に始まり、誤ってインスタグラムにボーイ・フレンドの局部露出写真をアップしてしまった事件、そして偽化粧品の広告塔になった事件など。
 今回、一部の世間に露出している写真を見ると、鼻ピアス?にへそピアスをしているものもあります。それに、背中、腰回り、太ももなど、体のいたるところに入れ墨が入っている写真もあります。この入れ墨が本物かどうかは分かりませんが、腰回りの入れ墨は以前から写真では確認できました。下世話な話になりますが、彼女、胸が大きくなったような気がします。以前は・・・。もしかして、・・・入れた? 

 さて、彼女はこれからどうなっていくのでしょうか? そういえば、毎年出演していた映画も二年間出演していませんね。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



「ร้องซี๊ด! สายป่าน เปลือยอกขึ้นปกเพลย์บอย | 03-06-61| บันเทิงไทยรัฐ」


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

現在、タイで公開中のSFコメディー?「クロディアンズ」

現在、タイで公開中のSFコメディー?「クロディアンズ」


TheKurodiansPoster1.jpg


 現在、タイで公開中のSFコメディー?「クロディアンズ(The Kurodians)」です。

 2017年作品。コメディー、ファンタジー、SF作品。モノクロで撮影されている。昨年の11月29日に公開済みという資料もある。英題の意味不明。「クロダの信奉者」という意味か?

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

Trailer 3


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで、本日公開予定のコメディー史劇「トゥット・トゥー・クーチャート」

タイで、本日公開予定のコメディー史劇「トゥット・トゥー・クーチャート」


TootTooKuChartPoster1.jpg


 タイで、本日公開予定のコメディー史劇「トゥット・トゥー・クーチャート(Toot Too Ku Chart)」です。

 ポット・アーノン監督には、日本で劇場公開された「アタック・ナンバーハーフ デラックス (アイアン・レディーズ/The Iron Ladies)」<2014年>、日本でDVD化された「マッハ! エンジェル MACH! ANGELS(Dangerous Flowers)」<2006年>、「チアリーダークイーン(I'm Lady/Cheerleader Queens)」<2004年>や「ゼアズ・サムシング・アバウト・トット(There's something about Tott)」<2015年>、「モー 6/5 パーク・マー・ター・ピー 3(メイク・ミー・シャダー 3/Mo 6/5 Pak Ma Tha Phi 3/Make Me Shudder 3)」<2015年>、「ターイ・ホーン ターイ・ヒアン(Taihong Taihien)」<2014年>の中の「15」、「デンジャラス・ボーイズ(Dangerous Boys)」<2014年>、「モー6/5 パーク・マー ター・メー・ナーク(Mo 6/5 Pak Ma Tha Mae Nak)」<2014年>、「モー6/5 パーク・マー ター・ピー(Mo 6/5 Pak Ma Tha Phi(Make Me Shudder)」<2013年>、「スパイシー・ビューティー・クイーン ・イン・バンコク 2(Spicy Beautyqueen In Bangkok 2)」<2012年>、「ホー・テーオ・テーク 4 ヘーク・ムワークムワーク・コック(Hor-Taew-Tak 4 Haek Mak Mak Kok)」<2012年>、「ホー・テーオ・テーク 3(Hor Taew Tak 3)」<2011年>、「アンボーン・チャイルド(The Unborn Child)」<2011年>、「ターイ・ホーン (ダイ・ア・バイオレント・デス/Tai Hong/Die a Violent Death)」<2010年>の中の「ソップ・ナイ・テーン・ナム(Haunting Motel)」、「ソーリー・サーランヘヨー(Sorry Saranghaeyo)」<2010年>、「オー・マイ・ゴースツ(Oh My Ghosts!)」<2009年>、「サシー・プレイヤー(Sassy Player)」<2009年>、「イン・ペー・レー・セーマクーテ(スリー・クリップルズ/Yen Pe Le Semakute/Three Cripples)」<2007年>、「バンコク・ラブ・ストーリー(Bangkok Love Story)」<2007年>、「ホー・テーオ・テーク(Hor Taew Tak)」<2007年>、スパイシー・ビューティークイーン・イン・バンコク(Spicy Beautyqueen in Bangkok)」<2004年>、「サティ・テーク スット・クア・ローク(Sati Tek Sut Kua Lok)」<1995年>などがある。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで、本日公開予定のGDH559社作品「最愛の人(ブラザー・オブ・ザ・イヤー)」

タイで、本日公開予定のGDH559社作品
「最愛の人(ブラザー・オブ・ザ・イヤー)」


BrotherOfTheYearPoster4.jpg


 タイで、本日公開予定のGDH559社作品「最愛の人(ブラザー・オブ・ザ・イヤー)」(Brother of the Year)です。

 サンニー・スワンメターノンは、日本の映画祭で上映された「ダイ・トゥモロー(Die Tomorrow)」<2017年>、「ギフト(ニュー・イヤーズ・ギフト/A Gift/New Year's Gift)」<2016年>、「フリーランス(ハート・アタック/Freelance/Heart Attack)」<2015年>、「アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー(I Fine..Thank You..Love You)」<2014年>、「セブン・サムシング(Seven Something)」<2012年>、「バンコク・トラフィック・ラブ・ストーリー(Bangkok Traffic Love Story)」<2009年>、「ディアー・ダーカンダー(親友/ディアー・ダカンダ/Dear Dakanda)」<2005年>などに出演している。
 ニチクン・バック・ホルベチクは、日本の映画祭で上映された「セブン・サムシング(Seven Something)」<2012年>の中の「42.195」などに出演している。
 ウィッタヤー・トーンユーン監督には、日本で公開された「フェーンチャン ぼくの恋人(Fan Chan)」<2003年>(共同監督)、日本の映画祭で公開された「恋するリトル・コメディアン(The Little Comedian)」<2010年/共同監督>や「ビター・スイート ボイド・ポッド ザ・ショート・フィルム(BitterSweet BoydPod The Short Film)」<2008年>の中の「ラック・クン・カオ・イーク・レーオ」、「ポシブル(The Possible)」<2006年>、日産タイランドによるMARCH用のショート・ムービー「ラブ・アット・ファースト・マーチ」<2013年>などの作品がある。原題は、「兄、妹、最愛の人」というような意味。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

バンコク、サヤーム・スクエアー内の歴史ある映画館「リドー劇場」が今月で閉館

バンコク、サヤーム・スクエアー内の
歴史ある映画館「リドー劇場」が
今月で閉館


MD12018-N03-367.jpg

MD12018-N03-356.jpg

D12018-Z01-156.jpg

D12018-Z01-172.jpg

D12018-Z01-147.jpg
写真(上): リドー劇場の映画鑑賞券


 バンコクの流行の最先端を行くエリアと言われているサヤーム・スクエアー(サイアム・スクエアー)の中にある歴史ある映画館の「リドー劇場(Lido)」が、今月で閉館します。オープンしたのは1968年6月27日ですので、50年の歴史に幕を下ろすことになります。オープン当時は1000席もある大型映画館でしたが、1993年に火事の影響を受け、それを機に200席の三つのスクリーンとなりました。ちなみに、この劇場のオープニング作品は、西部劇「サン・セバスチャンの攻防(Guns for San Sebastian)」<1968年/イギリス/監督: アンリ・ベルヌイユ/出演: アンソニー・クイン、アンジャネット・カマー、チャールズ・ブロンソン>でした。

 この劇場の何が魅力なのかというと、歴史もさることながら場末感でしょうかね? 流行の最先端を行く地区にあるにもかかわらず、この「リドー・マルチ・プレックス(Lido Multi Plex)」という寂れた感じのショッピング・モールがなかなか素敵なのです。以前の発表では、映画館は閉鎖するけど、ビルを取り壊すかどうか(つまり、映画館以外の店も閉まるかどうか)は未定とのことでしたが、どうなるのでしょうか?

 リドー劇場には、大きな特徴があります。それは、上映開始時に、各スクリーンの入り口に黄色のジャケットを着たドア・マンが立つことです。この人が、席まで案内してくれるわけではありません。ですが、これが何とも言えない、いいムードを醸し出しているのです。そういえば、以前はタイの映画館では、入り口にいる従業員がチケットに記載されている番号の席まで懐中電灯片手に案内してくれました。いつからでしょうか?そのような制度はなくなってしまいましたが。

◆Apex(リドー劇場)

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング




テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで、10日公開予定のGDH559社作品「最愛の人(ブラザー・オブ・ザ・イヤー)」のプロモーション動画「妹」編

タイで、10日公開予定のGDH559社作品
「最愛の人(ブラザー・オブ・ザ・イヤー)」の
プロモーション動画「妹」編


BrotherOfTheYearPoster4.jpg


 タイで、10日公開予定のGDH559社作品「最愛の人(ブラザー・オブ・ザ・イヤー/Brother of the Year)」のプロモーション動画「妹」編です。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

「"น้อง" แนว เจนเจน」


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

拳法トーナメントを行う謎の団体DOA「DOA デッド・オア・アライブ」

DOA デッド・オア・アライブ/DOA: Dead or Alive


DOADeadOrAlivePoster1.jpg


※タイへ取材に出かける関係で、二週間ほど通常の更新を休みます。

 アメリカ、ドイツ、イギリス合作。拳法アクション作品。ファイターを集めてトーナメントを行う謎の団体DOAから、カスミ(デボン青木)、ティナ(ジェイミー・プレスリー)、エレナ(サラ・カーター)、クリスティー(ホリー・バランス)らが招聘される。カスミは、以前この団体に招聘され行方不明となった兄ハヤテ(Collin Chou)を探すためにトーナメントに参加するが…というストーリー。
 原作はゲーム。それっぽいキャラクターも出てくる。作品を観る前はお色気がありそうな感じに思えるのだが、余りにも健康すぎてほとんど感じない。それに、全然「Dead or Alive」でもない。
 作品のバックヤードは、中国のようで日本も混ざっている。西洋人から見ると東洋とはこのように見えるのであろうと思いきや、監督は香港の人であった。北京の故宮のようなシーンがあるのだが、撮影許可は下りないと思うのでCGであろう。
 アクションは悪くないのだが、ストーリーがかなり薄い。大勢のファイターが集まったはずなのに、いつの間にか戦いに負けて姿を消している。いや、消しているどころか、そのまま現地に残りバカンスを楽しんでいるのだ。これでは・・・。
 この作品のどこがタイなのかというと、どの部分だかは分からないがバンコクで撮影しているらしい。



[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

6月27日、タイ映画「タイクーン!(モンキー・ツインズ)」のDVDが日本でリリース予定

6月27日、タイ映画「タイクーン!(モンキー・ツインズ)」のDVDが
日本でリリース予定


MonkeyTwinsPoster1.jpg


 6月27日、タイ映画「タイクーン!(モンキー・ツインズ)」<2016年>のDVDが日本でレンタル版のリリース予定です。セル版は7月4日予定です。発売はキュリオスコープ。「タイクーン」よりも、英題のママの「モンキー・ツインズ」の方が売れそうな気がしますが。作品は当ブログで紹介したばかりですが、アンパワー水上マーケットを舞台にしたツインズ拳法アクションです。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

◆キュリオスコープ

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイでも「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」がスーパー・ヒット、最高記録なるか?

タイでも「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」がスーパー・ヒット
最高記録なるか?


AvengersInfinityWar3Poster1.jpg


 アメリカ映画の「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(Avengers: Infinity War)」<2018年>が超特大ヒットし、アメリカではオープニング時の週末興行収入の過去最高記録を出しました。タイでもスーパー・ヒットし、興行収入は公開最初の四日間で171.67百万バーツ、先行ロートショー分も含めると226.49百万バーツを記録しています。タイの場合、特に外国映画はスタート時にものすごい数字を記録しても、そのあとに数字が急降下するのが常です。現時点での予想は難しいですが、タイでの興行収入記録の史上第1位は「愛しのゴースト(ピー・マーク/ピー・マーク プラカノーン/Pee Mak Phra Kanong)」<2013年>の約605,377百万バーツ(US$18,161,322)です。このままでいくと、この数字は越えられないと思います。とはいえ、どうなりますかどうか? タイでは「スター・ウォーズ」は超大人気というわけではないのですが、「アベンジャーズ」関係と「トランスフォーマー」関係は非常に人気があります。とにかく、公開第1週目においては、タイの映画館は「アベンジャーズ」だらけです。

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」トレーラー


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ