福岡市総合図書館映像ホール「シネラ」で、涙が出るほどうれしいタイ映画特集

福岡市総合図書館映像ホール「シネラ」で、涙が出るほどうれしいタイ映画特集


MuanAndRidPoster3.jpg
「ムアンとリット」


 福岡市総合図書館映像ホール「シネラ」で、涙が出るほどうれしいタイ映画特集をやります。期間は、8月16日(水)~27日(日)です。観覧料は500円。チケットは、全て当日券で前売り券はありません。上映作品は下記の通りです。作品により上映日が違いますので、ご注意ください。ほぼ同時期に、タイ映画ポスター展も開催されます。

「ムアンとリット」(Muen and Rid)<1994年>

「ファン・バー・カラオケ」(Fun, Bar, Karaoke)<1997年>

「運命からの逃走」(Who is Running?)<1997年>

「ムーンハンター」(The Moonhunter)<2001年>

「メコン・フルムーン・パーティ」(Mekhong Full Moon Party)<2002年>

「ワン・ナイト・ハズバンド」(One Night Husband)<2003年> 

「早春譜」(Seasons Change)<2006年>

「10月のソナタ」(October Sonata)<2009年>

「ありふれた話」(Mundane History)<2009年>

「恋するリトル・コメディアン」(The Little Comedian)<2010年>

 古い作品ばかりですが、いい作品はたくさんあります。「ムアンとリット」「運命からの逃走」「メコン・フル・ムーン・パーティ」「ワン・ナイト・ハズバンド」「早春譜」「10月のソナタ」「恋するリトル・コメディアン」などがおすすめです。

◆福岡市総合図書館映像ホール「シネラ」

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

ニコル懐かしいです

地方都市でタイ映画10連発とはすごいですね。異例のことではないでしょうか。運命からの逃走はDVDで、ワン・ナイト・ハズバンドはニコルのファンだったのでバンコクで見ました。ニコル、消えてしまいましたね。

Re: ニコル懐かしいです

 福岡市総合図書館は、映画のフィルムを大量に所蔵しています。それで、このような企画ができるのだと思います。福岡は、東京よりもスゴイですよ。ちょっと調べたら、ニコールは引退したわけではないのですね。細々と?ドラマに出ていますし歌も歌っています。
 こんなのもありました。
https://www.youtube.com/watch?v=2bmvR-hrxt8
 ちなみに、私は共演者のシリヤーコン・プックカウェートが大好きでした。

おお!

ニコル、まだ現役だったのですね。CDも出ていないので引退したのだと思っていました。お年を召されても素敵ですね。いつも貴重な情報をありがとうございます。

Re: おお!

 また、スクリーンに戻ってこないですかね?

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ