昨年のタイ映画界を振り返る/2016年タイ映画界総括

昨年のタイ映画界を振り返る/2016年タイ映画界総括


LuangPhiChet4GPoster1.jpg
「ルアン・ピー・チェート 4G」


 もうすぐ、タイの映画賞であるスパンナホン賞です。この辺で、昨年のタイ映画界を振り返ってみたいと思います。国内外の作品を合わせた総評としては、興行的には悪くない年だったと思います。ヒット作は42本、その内の22本が大ヒット・ラインを超えています。
 ですが、タイ映画に限って言うと、2014年から続くどん底状態で復調の兆しは全くありません。タイ映画のヒット作はたったの4本です。内、二本はGDH社の作品となっています。「ルアン・ピー・チェート 4G」が、153.76百万バーツというなかなかすごい数字を叩き出したのには驚きました。主演が、今までに主演経験のない?コメディアンのチェト・チュアンチューン(パドゥン・ソンセーン)だったからです。GDH社の作品も二本がヒット・ラインを超えましたが、満足できる数字ではなかったです。そんな中、GDH社作品でもなく王室関係の作品でもないサハモンコン・フィルム作品の「クンパン」がヒットしたのは、評価できます。
 数年前までGTH社と並んでタイ映画界を引っ張る両輪の片側であったM39社は、今や完全にヒット作を出す力は残っていませんでした。かつてはヒットが当たり前だった同社の年末作品も、大人気女優のアーラヤー・エーハケート(チョムプー)を主演に起用した「アイ・ラブ・ユー・トゥー」が平凡な数字に終わってしまいました。注目の新興勢力トランスフォーメーション・フィルムズは、2015年に「チャルイ テ・コープ・ファー(Chalui Te Khop Fa/Cha-lui: Lost in Seoul)」が映画史上に残る大コケをした影響か、公開作がありませんでした。また、タイと韓国の合弁会社CJ Major Entertainmentの初作品「サドゥンリートウェンティー」は、いま旬の人気女優ダーウィカー・ホーネー(マイ)を起用したにもかかわらずいい成績を残せませんでした。他の会社もいい数字は残していません。とにかく、ヒット作が出ないことよりも、タイ映画の多くの作品がコケてしまっていることが問題です。これでは、映画産業が成立しません。タイ映画界にとっては、とても暗い一年でした。真っ暗です。

 外国映画としては、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」<2016年/アメリカ>が、310.87百万バーツというすごい記録を出しました。このシリーズは、タイでもとても人気が高いですね。ハリー・ポッター・シリーズの「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」<2016年/イギリス>も、186.22百万バーツというなかなかの数字を上げています。
 ですが、比較的好調な外国映画なのだが、最近、興業が長続きしない傾向があるのが気にかかります。公開後、二週間程度しかもたない作品が多いのです。大ヒット作でも、公開後第三週目にはほとんど数字にならないという作品がとても多いです。
 そして、ある意味、本年の最も注目されたのは二本のアジア映画でした。「Train to Busan」<2016年/韓国>が、作品の良さが口コミで広がり73.05百万バーツというすばらしい数字を上げました。タイで公開されるアジア映画で(中国映画を含めても)、33.34百万バーツという当ブログのヒット・ラインを超える作品はめったにありません。
 それと、日本のアニメーション作品「君の名は。」<2016年>です。興行収入は44.07百万バーツで、タイにおける日本映画の過去最高記録となりました。アニメでこの数字はすご過ぎるといえるでしょう。逆にあまりいい数字を挙げられなかったのは「シン・ゴジラ」<2016年/日本>で、12.42百万バーツに終わりました。この作品はかなりのスクリーン数で公開されたので、もしかするとヒット・ラインを超えるのではないかと思いましたがタイでは受け入れられませんでした。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

2016年、第4四半期タイ映画界の概況/「君の名は。」が日本映画の最高記録を

2016年、第4四半期タイ映画界の概況/「君の名は。」が日本映画の最高記録を


YourNamePoster1.jpg
「君の名は。」


 さて、第4四半期の概況をまとめるのが遅くなってしまいました。というのも、いまだにロングランをしている作品があるためです。2016年度の総括もしないと、そろそろスパンナホン賞のノミネート作品が発表になってしまいますよね。

 最終四半期の今期は、内外作品を区別しなければ比較的賑やかだったと思います。タイ映画は、三本の注目作が登場しました。まずは、今年大ヒットした「ルアン・ピー・チェート 4G(Luang Pee Jazz 4G)」のパート2である「パート888(Pard 888)」です。パート1の記録に近づくのは無理だとは思っていましたが、興行収入は30.02百万バーツと当ブログのヒット・ラインは超えませんでした。興業期間中にプーミポン国王が崩御するという思わぬ影響がありましたが、思っていたよりも低かったですね。
 あと二本は、一週間違いで公開された「サドゥンリートウェンティー(Suddenlytwenty)」とGDH社の「ニュー・イヤーズ・ギフト(New Year’s Gift)」です。この二本は、第一週目の数字はほぼ同じで期待を大きく裏切るものだったのです。しかし、「ニュー・イヤーズ・ギフト」は、第二週目以降信じられないようなすごい展開を見せます。数字がほとんど落ちなかったのです。こんな興業は、タイ映画の興行記録を塗り替えた「愛しのゴースト(ピー・マーク/ピー・マーク プラカノーン/Pee Mak Phra Kanong)」<2013年>以外に記憶にありません。結果、最終的な数字は、「サドゥンリートウェンティー」は23.00百万バーツでしたが「ニュー・イヤーズ・ギフト」は42.88百万バーツとヒットを飛ばしました。M39社の恒例年末映画「アイ・ラブ・ユー・トゥー(I Love You Two)」は大人気女優のアーラヤー・エーハケート(チョムプー)を起用しましたが、17.88百万バーツと同社の年末作品としては惨敗でした。やはり、M39社には、もうヒット作品を生み出す力は残っていませんでした。
外国映画は、たくさんのヒット作が誕生しました。中でも、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(Fantastic Beasts and Where to Find Them)」が186.22百万バーツ、「ドクター・ストレンジ(Doctor Strange)」が133.30百万バーツと気を吐いています。
 さて、日本的に一番注目したいのは、日本映画のアニメーション作品「君の名は。」です。なんと、興行収入は44.07百万バーツとヒット・ラインを超えたのです。果たして、日本映画で当ブログのヒット・ラインである33.34百万バーツ(約1億円)を超えた作品が、過去にあったかどうか。この記録は、タイで公開された日本作品の中では最高記録だそうです。しかも、今現在まだ興行中なのです。上映スクリーン数が少なかったですので、もっと多ければより大きな数字を上げることができたと思います。当初、まさか、ここまでヒットするとは思っていなかったのでしょう。しかし、アニメでこの数字はすご過ぎです。参考までに、今期公開された日本映画の「デスノート Light up the NEW world」は9.29百万バーツでした。

 で、今期の総括ですが、タイ映画界のどん底状態は変わりません。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

「君の名は。」


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

2016年「最もがっかりしたタイ映画」BIG 3

2016年「最もがっかりしたタイ映画」BIG 3


 昨年度2016年に公開されたタイ映画で、「最もがっかりしたタイ映画」の第1~3位を紹介します。「最もがっかりした」というのは、単純にワーストという意味ではありません。観終わった後、つまらない、時間と金を返せ、なんだこりゃ、と思っただけではなく、期待にそむいた度なども加味してあります。


[第三位]
「コーイ・タ・ピー・マー・ウェーーオ(Koey Ther Phee Ma Weaw)」

KoeyTherPheeMaWeawPoster1.jpg


 まるで、自主製作映画のようなホラー・コメディーでした。ラストも、これで終わりだろうと思うとまだ続き、またこれで終わりだろうと思うとまた続くという、締まりのなさはすごかったです。こういう作品を、劇場で公開していいけませんね。




[第二位]
「アマー(Ar ma)」

AmaPoster2.jpg


 凍り付くような内容のホラー・コメディーでした。というのは、ストーリーがまったくおもしろくない、霊が怖くない、中学校の学芸会よりもひどい内容と、観るのが非常につらかった作品です。




[第一位]
「ブッパーありがとう(Buppaarigato)」

BupphaArigatoPoster2.jpg


昨年の第一位は、この作品で決まりです。ストーリーがよく分からないうえに、全然おもしろくありません。最後まで観るのは、とても苦痛でした。そして何よりも、この作品を観て北海道のニセコへ行きたいと思う人はいないだろうということです。ニセコで撮影する必要など、まったくなかった作品です。でも、雪が必要だったのかも。期待の「ブッパー・ラートリー」シリーズの最新作だったのに…。




にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

あけましておめでとうございます/当ブログ的「2016年タイ映画BEST」

あけましておめでとうございます!
当ブログ的「2016年タイ映画BEST」


 あけましておめでとうございます。本年も、よろしくお願いいたします。

 さて、恒例の「当ブログ的タイ映画BEST」です。ここ数年言い続けていることですが、現在、タイ映画界はいろいろな意味で大不振に陥っており、どん底状態です。作品の内容も、その状況に比例してしまっています。
 タイで今年公開された作品の内、個人的に観ることができたのは11本でした(内一本は2015年の東京国際映画祭で観たものですが)。正直、思ったよりも多かったです。というのも、1.今年は、タイに行った際に一本もタイ映画を観ることができませんでした。観る時間がなかなか取れなかったということもあるのですが、訪タイした際に上映しているタイ映画が一本もなかったり、上映回数が少ないために時間が合わなかったことも大きな原因です。2.大手の会社の公開作品が少なくなったのにともない、DVD化される作品が少なくなってしまった感があります。そのため、公開後に観るという機会が少なくなってしまいました。

 どの作品を観たのかを記すと長くなってしまうのでやめておきますが、「ファザーズ(Fathers)」「フェーンデイ(Fanday)」「サドゥンリートウェンティー(Suddenlytwenty)」「ギフト(Gift)」は観ていません。
 で、下記に記したのが、無理やりひねり出したBEST 3作品です。なんと言いましょうか、寂しい限りです。


【第三位】
「クンパン(Khunphan)」

KhunphanPoster2.jpg


 えっ?この作品が第三位なのと思われる方も多いでしょう。それだけ、昨年のBESTを選ぶのが大変だということなのです。ですが、この作品の内容は合格点ですし、出演者たちが脇も含めてすばらしかったです。それだけでも観る価値はあります。

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー




【第二位】
「アンカット(アワサーン・ローク・スアイ/グレイス)」(Uncut(Awasarn Lok Suey/Grace))

UncutPoster4.jpg


 かなり残酷な作品でしたが、その残酷さがおもしろかったです。少年少女の教育上は、あまりいい作品ではありませんが。主演女優のアピンヤー・サクンチャルーンスック(サーイパーン)/(Apinya Sakuljaroensuk(Saiparn))はさすがですね。

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー




【第一位】
「孤島の葬列(The Island Funeral)」

TheIslandfuneralPoster1.jpg


 この作品は万人受けする内容ではありませんが、とても素晴らしかったです。不思議な映像で、ストーリーがあるのだかないのだか分からない内に作品の中に引き込まれていきました。スパンナホン賞では、撮影賞くらい取ってくれるかな?

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー




にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

みなさん、よいお年を! /2016年タイ映画ポスターBEST5

みなさん、よいお年を! /2016年タイ映画ポスターBEST5


 今年一年、当ブログへお越しいただきまして、ありがとうございました。新年が、皆様にとってよりいい年になることをお祈りしております。

 今年の最後に、当ブログの「2016年タイ映画ポスターBEST5」をお届けします。


第1位 「ブッパーありがとう(Buppaarigato)」
BupphaArigatoPoster4.jpg



第2位 「孤島の葬列(The Island Funeral)」
TheIslandfuneralPoster1.jpg



第3位 「ロング・ストーリー・ショーツ ロスト・イン・ブルー(Long Story Shorts Lost in Blue)」
LongStoryShortsLostInLovePoster1.jpg



第4位 「センシズ・フローム・サイアム(Senses from Siam)」
ChiliAndSpicePoster2.jpg



第5位 「ワンダーリング(Wandering)」
WanderingPoster2.jpg


[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

【速報】映画興行に国王様崩御の影響が

【速報】映画興行に国王様崩御の影響が


888Poster1.jpg
パート888


 先日も少し触れましたが、映画興行に国王様崩御の影響がでています。タイの大ヒット作のパート2である「パート888」ですが、13~19日の一週間の興行収入が5.14百万バーツしか上がりませんでした。通常なら、この二倍程度の数字が上がっていたと思います。この作品が、コメディーであったことも影響しているかもしれません。また、考え方によっては、よくこれだけの数字が上がったとも言えなくはないですね。とにかく、この数字を挽回するすべはありません。この作品の関係者には、お気の毒としか言いようがありません。はたしてこの作品が、当ブログのヒット・ラインである33.34百万バーツを超えることができるでしょうか? かなり微妙になってきました。

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイの国王が崩御されました。タイ映画界への影響は?

タイの国王が崩御されました。タイ映画界への影響は?


 さる13日、タイの国王であるプーミポン国王が崩御されました。タイ映画界への影響はあるのでしょうか?
 映画館の営業に関しては、一部の興業チェーンが臨時休業していましたが、最大手のMajor系列では営業していました。政府から娯楽を自粛するようにという通達が出ていますが、経済活動を中止しないようにとも言っています。おそらく、映画館は、すぐに通常営業すると思います。
 ただし、問題は上映プログラムです。タイお得意のコメディー作品は、上映しにくいのではないでしょうか?今わかっている範囲では、コメディー系作品は10月27日公開予定の「アイ・ラブ・マイ・ヘッドマン(I Love My Headman)」、11月3日公開予定の「ホーンテッド・スクール(Haunted School)」です。公開延期の情報はありませんが、どうなるでしょうか?
 さて、最も影響を受けてしまったのは、現在公開中の「パート888(Pard 888)」でしょう。公開は10月6日でした。この作品は、今年の4月6日に公開され大ヒットを飛ばした「ルアン・ピー・チェート 4G(Luang Pee Jazz 4G)」のPart2?です。初日の興行収入は4.43百万バーツでした。しかし、第一週目終了時はペースが落ち23.32百万バーツでした。当ブログが、ヒット作とするラインは33.34百万バーツです。当初はこのラインは超えるだろうと思われたのですが、今回のことでかなり微妙になってきてしまいました。第一週目終了時点の数字から推測すると、最終興行収入は40~46百万バーツ程度です。この作品はコテコテのコメディーですので、観客は入らないかもしれませんね。ヒット・ラインを超えない可能性も、かなり出てきました。

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイ映画界、2016年第3四半期を振り返る

タイ映画界、2016年第3四半期を振り返る


FandayPoster1.jpg
「フェーンデイ」


 最近ずっと言い続けていることですが、いぜんとしてタイ映画界はどん底で出口は全く見えていません。そんな第3四半期ですが、待望のGDH社の初作品、北海道で撮影された「フェーンデイ(Fanday)」が公開されました。興行収入は110.91百万バーツと、タイの作品としては「ルアン・ピー・チェート 4G(Luang Pee Jazz 4G)」の153.76百万バーツに次いで今年二番目の成績です。当ブログの大ヒット・ラインである100百万バーツはなんとか超えたのですが、GDH社側としてはもっと上を期待していたでしょうね。
 そして、もう一本の期待作「クンパン(Khunphan)」も、61.74百万バーツと当ブログのヒット・ラインを超えました。これで、今年に入ってからのタイ映画のヒット作は、やっと三本となりました。
 外国映画は、中には思ったような好成績を上げられなかったものもありますが堅調でした。そんな中で、「スーサイド・スクワッド(Suicide Spuad)」が104.37百万バーツと大ヒットしました。タイでも撮影された「メカニック:ワールドミッション(Mechanic: Resurrection)」は、37.54百万バーツとヒット作にはなりましたが大ヒットとはいきませんでした。
 そして、アジア映画で大健闘したのは、韓国の「Train to Busan」です。最近の韓国映画は全て小さな興業となっていたのですが、おもしろい作品だぞということが口コミで広がったらしく長い興業ができ、73.05百万バーツとすばらしい成績を残しています。その反対に、日本の「シン・ゴジラ(Godzilla Resurgence)」は、日本映画として珍しくかなりの数のスクリーン数で公開されたのですが、12.42百万バーツとコケてしまいました。残念ながら、タイではこの作品はウケませんでした。
 さて、最終四半期には、分かっているだけでタイ映画は三本の有力作が公開されます。「パート888(Pard 888)」は、今年大ヒットした「ルアン・ピー・チェート 4G)」のパート2?です。おそらく、前作が大ヒットしたのでパート2をという安易な考え方で作るのではないでしょうか? 前作の公開から半年しかたっていないのに、もう公開です。まあ、コケはしないと思いますが、前作に匹敵するような数字はまず無理でしょう。中身がどんなだか心配です。
 二番目はダーウィカー・ホーネー(マイ)主演の「サドゥンリートウェンティー(Suddenlytwenty)」です。これは、韓国との合弁会社であるCJ Major Entertainmentの初作品です。
 そして最後は、M39社の恒例である年末作品の「チャムニアン・ウィウィアン・トーモン」です。大ヒットを連発させていた同社の年末作品ですが、昨年は「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」があったせいか年末ではなく12月3日に「シニアー(Senior)」を公開しました。しかし、ヒットさせることはできませんでした。今年は、大人気女優のアーラヤー・エーハケート(チョムプー)を主演に起用しています。彼女は2012年の同社の年末作品「クレイジー・クライイング・レディー(Crazy Crying Lady)」に起用され、大ヒットを飛ばした実績があります。その再現を期待しての彼女の起用だと思いますが、そううまくはいかないでしょう。今のM39社には、その力はないと思います。

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

本日、日本で公開予定のタイでも撮影されたアメリカ映画「メカニック ワールドミッション」

本日、日本で公開予定のタイでも撮影されたアメリカ映画「メカニック ワールドミッション」


MechanicResurrectionPoster2.jpg


 本日、日本で公開予定のタイでも撮影されたアメリカ映画「メカニック ワールドミッション(Mechanic Resurrection)」です。

 アクション作品。「メカニック(The Mechanic)」<2011年/アメリカ>の続編。タイのバンコクやプーケットでも撮影されている。出演しているタイの女優であるラター・ポーガームは、日本映画の「ルパン三世(Lupin the Third)」<2014年>や日本で公開された「トム・ヤム・クン 2(ザ・プロテクター 2/Tom Yum Goong 2/The Protector 2)」<2013年>、「オンリー・ゴッド (オンリー・ゴッド・フォーギブズ/Only God Forgives)」<2013年/フランス、他>にも出演している。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで来月公開予定の北海道で撮影されたタイ映画「フェーンデイ」のO.S.T.

タイで来月公開予定の北海道で撮影されたタイ映画「フェーンデイ」のO.S.T.


FandayPoster1.jpg


 タイで、来月公開予定の北海道で撮影されたタイ映画「フェーンデイ(Fanday)」のO.S.T.で

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村

タイ・ブログランキング

วันหนึ่ง (Cover Version)
Sung by ชาติ สุชาต


続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ