沖縄国際映画祭で、タイ映画「ギフト(ニュー・イヤーズ・ギフト)」が上映

沖縄国際映画祭で、タイ映画「ギフト(ニュー・イヤーズ・ギフト)」が上映


NewYearsGiftPoster4.jpg


 沖縄国際映画祭で、タイ映画「ギフト(ニュー・イヤーズ・ギフト)」が上映されます。会期は、2017年4月20日(木) ~ 23日(日)です。

 プーミポン国王(ラマ9世)が作曲した音楽に基づいて、三つの異なったラブ・ストーリーが展開していく。三話(「ヤーム・イェーン(ยามเย็น)」「スティル・オン・マイ・マインド(Still on My Mind)」「ポーン・ピーマイ(พรปีใหม่)」)構成のオムニバス作品を四人の監督が演出をした。
 GDH559社作品の第二作目。興行収入は42.88百万バーツとヒットした。日本では、第12回大阪アジアン映画祭で上映。
 スパンナホン賞では、「作品」「監督」「編集」「美術」「音楽」「録音」賞にノミネートされ、「音楽」「録音」賞を受賞した。
 チャンタウィット・タナセウィーは、日本の映画祭で上映された「ATMエラー(ATM ウー・ラック・エラー/ATM Er-rak Error)」<2012年>、「アンニョン! 君の名は(Hello Stranger)」<2010年>、「夏休み ハートはドキドキ!(Hormones)」<2008年>などに出演している。
 サンニー・スワンメターノンは、日本の映画祭で上映された「フリーランス(ハート・アタック/Heart Attack/Freelance)」<2015年>、「アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー(I Fine..Thank You..Love You)」<2014年>、「セブン・サムシング(Seven Something)」<2012年>、「バンコク・トラフィック・ラブ・ストーリー(Bangkok Traffic Love Story)」<2009年>、「ディアー・ダーカンダー(親友/ディアー・ダカンダ/Dear Dakanda)」<2005年>などに出演している。
 ウィオレート・ウォーティアは、日本の映画祭で上映された「フリーランス(ハート・アタック/Heart Attack/Freelance)」<2015年>などに出演している。
 ヌンティダー・ソーポンは、日本の映画祭で上映された「アンニョン! 君の名は(ハロー・ストレンジャー/Hello Stranger)」<2010年>などがある。
 ニティワット・タラトーン監督には、日本で公開された「すれ違いのダイアリーズ(先生の日記/ティーチャーズ・ダイアリー/キトゥン・ウィタヤー/Teacher's Diary)」<2014年>、「フェーンチャン ぼくの恋人(Fan Chan)」<2003年/※共同監督>や「ターン・イェーク・ワット・チャイ(Tang Yaek Wat Jai)」<2011年/※共同監督>、「ディアー・ガリレオ(Dear Galileo)」<2009年>、「早春譜(シーズンズ・チェンジ/Seasons Change)」<2006年>などの作品がある。
 チラ・マリクン監督には、日本の映画祭で上映された「セブン・サムシング(Seven Something)」<2012年>の中の「42.195」、「メコン・フル・ムーン・パーティー(Mekhong Full Moon Party)」<2002年>や「ティン・マイン(The Tin Mine)」<2005年>などの作品がある。
 チャヤノップ・ブンプラコープ監督には、日本の映画祭で上映された「サック・シード(Suck Seed !!)」<2011年>や「メー・フー(メー・ナイ ファイ・レーン・フルー/May Who)」<2015年>、「ターン・イェーク・ワット・チャイ(Tang Yaek Wat Jai)」<2011年>などの作品がある。
 クリアンクライ・ワシラタムポン監督には、「オーガスト・フレンズ(August Friends/Old Pals)」<2011年>などの作品がある。原題は、「空(天)からの祝福」という意味。

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング




テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

「高崎映画祭」で、アピチャーポーン監督の「光の墓」を上映

「高崎映画祭」で、アピチャーポーン監督の「光の墓」を上映


31Takasaki.jpg


 「第31回高崎映画祭」で、アピチャーポーン監督の「光の墓(Cemetery of Splendour)」が上映されます。上映予定日は、27日(月)と29日(水)です。

 足の悪いアメリカ人の夫を持つ婦人チェーン(ジェンジラー・ボンパット・ワイドナー)は、ボランティアで病院へ通っていた。その病院は元学校で、王族の墓があった場所だという。そこには、眠り病の兵士たちが…というストーリー。
 他のアピチャーポーン・ウィーラセータクン監督の作品同様に、よく分からない不思議な内容だ。だが、比較的、最後まで飽きずに観ることはできる。所々におもしろいシーンはあるのだが、何せ理解ができない。森の中の排便?のシーン、病人のペニスが立つシーン、ショッピング・モール内のエスカレーターで倒れた人を運ぶシーン、病院の食堂で入院患者が食事中に突然倒れるシーン、そして、空をバックにしたゾウリムシ?のシーンなどは、一体何の意味があるのであろうか? 凡人には分からない内容である気がする。
 撮影は、イサーン(東北部)のコーンケーンで行われている。日本では、ムヴィオラが配給。アピチャーポーン・ウィーラセータクン監督は「ブンミおじさんの森(Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives)」<2010年>でカンヌ国際映画祭で最高賞を受賞した人で、2004年度のカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞している「トロピカル・マラディー(Tropical Malady )」<2004年>、日本で公開された「世紀の光 (シンドロームズ・アンド・ア・センチュリー/Syndromes and a Century)」<2006年>、日本の映画祭で上映された「メコーン・ホテル(Mekong Hotel)」<2012年>、「アドベンチャー・オブ・アイアン・プッシー(The Adventure of Iron Pussy)」<2003年>、「真昼の不思議な物体(Mysterious Object at Noon)」<2000年>や「アッシュズ(Ashes)」<2012年>、「モバイル・メン(Mobile Men)」<2008年>、「アンセム(The Anthem)」<2006年>などの作品がある。タイ題は、「コーンケーンで愛する」という意味?



◆高崎映画祭

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

「大阪アジアン映画祭で」タイ映画が5本も上映!!

「大阪アジアン映画祭で」タイ映画が5本も上映!!


OsakaAsianFilmFestival2017Poster1.jpg


 今年の第12回大阪アジアン映画祭で「日タイ修好130周年 タイ映画プロモーション」と題し、タイ映画が5本も上映されます。会期は2017年3月3~12日です。観たい、行きたい、行くぞ、と思ったら、訪タイ予定ともろにかぶっていました。今月訪タイする予定だったのですが事情で行けなくなり、急きょ3月に飛行機の予約を入れたのでした。まさか、大阪でこんなにたくさんタイ映画を上映するとは思いませんでしたのでね。

 各上映作品の詳しい解説は後日にして、今回は一口コメントにて簡単に解説します。

「一日だけの恋人(ワン・デイ/フェーンデイ/One Day/Fanday)」2016年
 2016年度の大ヒット作です。GDH社作品の第一作目。撮影は札幌の雪まつりを初めとして、北海道各地で撮影されました。
FandayPoster1.jpg





「暗くなるまでには(バイ・ザ・タイム・イット・ゲッツ・ダーク/ダーオ・カノン/By the Time It Gets Dark/DAO KHANONG)」2016年
2016年8月、ロカルノ国際映画祭(Locarno International Film Festival)にてワールド・プレミアが行われました。

ByTheTimeItGetsDarkPoster2.jpg





「ギフト(ニュー・イヤーズ・ギフト/A Gift/New Year's Gift)」2016年
2016年度のヒット作品です。GDH社作品の第二作目となります。
NewYearsGiftPoster4.jpg





「一日だけの恋人(サドゥンリートウェンティー/Suddenlytwenty)」2016年
「愛しのゴースト(ピー・マーク/ピー・マーク プラカノーン/Pee Mak Phra Kanong)」(2013年)でゴースト役を演じたダーウィカー・ホーネー(マイ)主演のロマンティック・コメディーです。

SuddenlytwentyPoster6.jpg





「種(シード/ドゥアイ・クラオ/The Seed/Duay Klao)」1987年
タイ北部地方の農民生活を描いたクラッシック作品です。なんでこの作品が選ばれたのでしょう?たぶん、タイ側の推薦です。

TheSeedPoster1.jpg





[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで、本日から開催する「14th World Film Festival of Bangkok」で上映の「レイルウェイ・スリーパーズ」

タイで、本日から開催する「14th World Film Festival of Bangkok」で上映の「レイルウェイ・スリーパーズ」


RailwaySleepersPoster1.jpg


 タイで、本日から開催する「14th World Film Festival of Bangkok」で上映の「レイルウェイ・スリーパーズ(Railway Sleepers)」です。ドキュメンタリー作品。2016年作品。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで、23日から開催する「14th World Film Festival of Bangkok」で上映の「500,000 イヤーズ」

タイで、23日から開催する「14th World Film Festival of Bangkok」で上映の「500,000 イヤーズ」


500000YearsPoster1.jpg


 タイで、23日から開催する「14th World Film Festival of Bangkok」で上映の「500,000 イヤーズ(500,000 Years)」です。

 ドラマ。15分のショート・フィルム。2016年作品。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで、23日から開催する「14th World Film Festival of Bangkok」で上映の日本、シンガポール、中国、タイの合作「5 トゥー 9」

タイで、23日から開催する「14th World Film Festival of Bangkok」で上映の日本、シンガポール、中国、タイの合作「5 トゥー 9」


5ToNinePoster1.jpg


 タイで、23日から開催する「14th World Film Festival of Bangkok」で上映の日本、シンガポール、中国、タイの合作「5 トゥー 9(5 To 9)」です。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

本日、「イスラーム映画祭 2」で、タイ映画「蝶と花」「改宗」を上映

本日、「イスラーム映画祭 2」で、タイ映画「蝶と花」「改宗」を上映


PeeSuaLaeDokMaiPoster1.jpg   TheConvertPoster1.jpg
左: 「蝶と花」   右: 「改宗」


 本日、「イスラーム映画祭 2」で、タイ映画「蝶と花(Butterfly and Flowers)」<1985年>と「改宗(The Convert)」<2008年>が上映されます。会場は渋谷ユーロスペース(東京)です。この映画祭は、この後、名古屋と神戸でも開催されます。
 特に、当ブログ的には「蝶と花」はおすすめです。クラッシック作品ですが、昔の鉄道シーンがとても印象的なタイ映画史上に残る名作です。日本では映画祭で上映されVHS化されたのですが、絶版になってしまったようです。

[ タイのDVD販売サイト ]



◆イスラーム映画祭 2

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

「蝶と花」


「改宗」


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

「第38回ぎふアジア映画祭」で、アピチャーポーン監督の「光の墓」を上映

「第38回ぎふアジア映画祭」で、アピチャーポーン監督の「光の墓」を上映


GifuAsiaFes2016Poster1.jpg


 「第38回ぎふアジア映画祭」(映画祭会期: 2016年11月5日(土)~12月4日(日))で、アピチャーポーン監督の「光の墓(Cemetery of Splendour)」<2015年>が上映されます。この作品、日本各地で引っ張りだこですね。そうたやすく、理解できない内容の作品だと思うのですが。

◆第38回ぎふアジア映画祭

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

「神戸スポーツ映画祭!2017」で、上映作品投票イベント。対象にタイ映画の「アタック・ナンバーハーフ デラックス」

「神戸スポーツ映画祭!2017」で、上映作品投票イベント。対象にタイ映画の「アタック・ナンバーハーフ デラックス」


TheIronLadies2014Poster1.jpg


 「神戸スポーツ映画祭!2017」(開催: 2017年1月13~20日)で、上映作品投票イベントが行われています。このイベントは、投票により希望が一番多かった作品を映画祭で上映するというものです。その対象に、タイ映画の「アタック・ナンバーハーフ デラックス(アイアン・レディーズ/The Iron Ladies)」<2014年>が入っています。他の対象作品は、「グラス★ホッパー」<日本>、「ジョーのあした」<日本>、「コンカッション」<アメリカ>です。投票で決めるというのは、おもしろい企画ですね。興味のある方は、投票してみたらいかがでしょうか? 投票の締め切りは10月31日です。ですが、「アタック・ナンバーハーフ デラックス」がスポーツ映画といえますかどうか?



◆神戸スポーツ映画祭!2017

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

今年の東京国際映画祭でのタイ映画上映は一本もないぞ?

今年の東京国際映画祭でのタイ映画上映は一本もないぞ?


OperationMekongPoster1.jpg


 昨日、今年の東京国際映画祭での上映作品が発表されましたが、見た限りタイ映画の上映はないようです。タイと関係する作品としては、香港・中国映画の「メコン大作戦(Operation Mekong/湄公河行動)」<2016年>があります。トレーラーを観る限り、タイでも撮影されているようです。
 先日開催された「アジアフォーカス 福岡国際映画祭 2016」でもタイ映画は上映されませんでした(正確には、短編作品が上映されましたが)。そして「東京国際」でもなしとは悲しいですね。それだけ、タイ映画界が不振だととらえてもいいのかもしれません。ただ、「東京国際」は「福岡国際」とは違い、芸術系の作品を上映することが多いです。今のタイ映画界は娯楽系の作品は絶不調のどん底状態ですが、芸術系の作品は至って元気です。なのに、上映作品なしとは…。

◆東京国際映画祭

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村

タイ・ブログランキング

トレーラー「メコン大作戦」

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ