「タイで最もセクシーなムービー・スター」スパクソン・チャイモンコン

「タイで最もセクシーなムービー・スター」
スパクソン・チャイモンコン


FHMSupaksorn Chaimongkol2
「FHM」スパクソン・チヤイモンコン


 「FHM」誌による、「100 Sexiest Women In Thailand 2012」に関する二回目です。「The Sexiest Movie Star in Thailand 2012」(2012年、タイで最もセクシーなムービー・スター)はスパクソン・チャイモンコンです。タイを代表するセクシー女優で、日本でもご存知の方は多いかもしれません。彼女が出演した作品り中で日本でDVD化された作品は多く、「マッハ!ニュー・ジェネレーション(Bangkok Knockout)」<2010年>、「ブレイブ・ファイターズ(Brave)」<2007年>、「マッハ! エンジェル MACH! ANGELS(Dangerous Flowers)」<2006年>、「アート・オブ・デビル(Art of the Devil)」<2004年>、「ラスト・ウォリアー(Kunpan: Legend of the War Lord)」<2002年>、「ZODA ゾーダ(The Trek)」<2002年>があります。また、「手あつく、ハグして(Handle Me with Care)」<2008年>は日本の映画祭で上映されました。
個人的には、「アンダマン・ガール(Andaman Girl)」<2005年>の彼女が忘れられません。胸元が大きく開いた喪服姿が、何とセクシーなことか。彼女はグラビアでは脱ぎますが(胸は見せませんが)、映画では基本的に脱ぎません。裸の背中くらいは見せますが、通常は水着までです。同じくタイを代表するセクシー女優のボンコット・コンマーライとは、そのあたりが違うところです。
演技力もあり、「パーイ・イン・ラブ(Pai in Love)」<2009年>やセクシー・シーンはなかったですが「手あつく、ハグして」の演技はみごとでした。「アート・オブ・デビル」の次々と冷酷な手段で人間を殺していく霊の役も印象深いですね。
この人の魅力は、何といってもあのグラマラスなボディーとその体とは不釣り合いなあどけなくかわいらしい顔立ちです。彼女ももう29歳で、化粧の関係もありますがあどけなさが無くなってきてしまいました。それに、最近では主演というよりも脇のいじめ役に回ることが多くなり、ファンとしては複雑な心境です。それから、彼女はカー・レーサーでもあります。
年を取る前にもっと映画に出演して欲しいのですが、彼女の作品ってくだらない作品も多いので・・・。

「The Sexiest Beauty Pageant in Thailand 2012」(2012年、タイで最もセクシーなミス・ユニバース・タイランド)はフォンティップ・ワットチャラットラクーンでした。なかなかかわいらしい人で、2010年のミス・ユニバース・タイランドです。TVドラマ出演はありますが、映画出演はありません。

「The Sexiest GND in Thailand 2012」(2012年、タイで最もセクシーなGND)はケートスダー・ティットパークです。たぶん、彼女に映画出演歴はありません。

「The Sexiest Asian in Thailand 2012」(2012年、タイで最もセクシーなアジア人)は日本の蒼井そらです。「夏休み ハートはドキドキ!(Hormones)」<2008年>では、セクシー・シーンはありませんが主人公を誘惑する不良?日本人バック・パッカーを演じています。「セブン・サムシング(Seven Something)」<2012年>にも少しだけ出演しているようです。

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

[ タイのDVD販売サイト ]


「アンダマン・ガール」 スパクソン・チャイモンコン


「マッハ! エンジェル MACH! ANGELS」 スパクソン・チャイモンコン


「セブン・サムシング」 蒼井そら


テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

モン族の戦いを描いた「ムーブ・ブラッド・フォー・フリーダム」、本日公開

山岳少数民族モン族の戦いを描いた
「ムーブ・ブラッド・フォー・フリーダム」タイで本日公開


HMOOBPoster1.jpg


 本日公開予定の戦争ものです。タイの山岳少数民族モン族の戦いを描いた内容となっています。セーリー・ポンニティ監督には、「ビフォー・バレンタイン(Before Valentaine)」<2009年>、「ゴースト・イン・ロー(Ghost In-Law)」<2008年>などの作品があります。

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

ドラマ「バージン・アム・アイ」、タイで明日公開予定

ドラマ「バージン・アム・アイ(Virgin Am I)」
タイで明日公開予定


VirginAmIPoster2.jpg


 30日公開予定のドラマ作品です。Anuchit Muanprom監督には、「ラブ・ノット・イェット(Love, Not Yet)」<2011年>の中の「ペーン・メー ペーン・ミア」などの作品があります。原題は「初恋」という意味です。

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

10月4日公開予定の「ヤック ザ・ジャイアント・キング」のMVが公開

10月4日公開予定の
「ヤック ザ・ジャイアント・キング(Yak The Giant King)」
のMVが公開


YakPoster3.jpg


 10月4日公開予定のアニメーション「ヤック ザ・ジャイアント・キング」のMVです。

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで最もセクシーな女性「プライヤー・スアンドークマイ」

タイで最もセクシーな女性
「プライヤー・スアンドークマイ」


FHM20120826S.jpg
「FHM」誌の表紙を飾ったプライヤー・スアンドークマイ

BangkokAdrenalinePoster1.jpg   TheGoldenRidersPoster1.jpg
左: 「バンコク・アドレナリン!!!」   右: 「ゴールデン・ライダース」


 先日、毎年行われているものですが、タイの男性誌「FHM」による 「100 Sexiest Women In Thailand 2012」の発表がありました。この賞にはいろいろな部門があり、今回から複数回(不連続)に渡りその受賞者の出演作品を紹介したいと思います。
 まずそのトップバッターは、この賞の最高賞である「The Sexiest woman in Thailand 2012」、つまり「2012年、タイで最もセクシーな女性」として選ばれたのは、プライヤー・スアンドークマイ(プー/Priya Suandokemai/ไปรยา สวนดอกไม้)でした。昨年は、パチャラパー・チャイチュアでしたね。
 実は、私はこの人のことをほとんど知りません。ですので、最もセクシーといわれてもピンときません。今年23歳ですのでまだ若いですね。2004年からTVドラマにはたくさん出演していますので有名な人だと思いますが、映画出演はまだ二本だけだと思います。
 ですが、その二本の内一本は日本でDVD化されているのです。「バンコク・アドレナリン!!!(Bangkok Adrenaline)」<2009年>というコメディー・アクション作品で、彼女は主演女優を務めています。残念ながら、セクシー・シーンはまったくなかったと思います。でも、こんな女優さんでも、タイ映画お得意の「おしっこを漏らす」というシーンがありました。これは、その手の趣味の人用のシーンではなく、タイ映画では度々あることなのです。念のため。
 もう一本の作品は「ゴールデン・ライダース(The Golden Riders)」<2006年>というコメディー・ドラマです。この作品も主演ですが、彼女のセクシー・シーンはありませんでした。1シーンだけ胸元が縦に大きく開いた服を着ているシーンがありましたが、どうということはありません。といっても、彼女はこの時16か17歳ですからね。映像で見ていると、とてもティーン・エイジャーには見えませんでしたけど。
 はたして、今後どんな活躍を見せてくれるでしょうか?

◆FHM

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



「バンコク・アドレナリン!!!」


「ゴールデン・ライダース」


テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

小象が繰り広げる父親探しの冒険物語

カーン・クルアイ/Khan Kluay(The Blue Elephant)


KhanKluayPoster1.jpg


 アニメーション作品。父親がいないために、みんなからバカにされている小象のカーン・クルアイ。森の中で母親と共に暮らしていたが、ある日、彼は母親ともはぐれてしまった。時はアユタヤー時代、シャム(現、タイ)のナレースアン王がビルマ(現、ミャンマー)のホンサワディーの軍と戦おうとしている時であった。ナレースアン王は、自分が戦闘で乗る象を決めるコンテストを開催する。そこで、カーン・クルアイが選ばれ…というストーリー。、
 タイ初の3Dアニメ、そしてタイ初の劇場用アニメーションとのこと。2006年のスパンナホン賞で、アニメーションながら作品賞、脚本賞、音楽賞、録音賞の4冠獲得という快挙を成し遂げている。日本では、2006年の広島国際アニメーションフェスティバルで上映された。2009年には、続編の「カーン・クルアイ 2」も作られ大ヒットしている。タイのエンターテイメント・サイトSiam Zoneのユーザー評価では、9.09点(満点は10点。投票数78。2012年7月現在)であった。製作会社はカンタナー(Kantana/บริษัท กันตนา กรุ๊ป จำกัด)。
 内容的には、大人の観賞にも耐えうる内容で合格点だ。ただ、ストーリー的には、小象カーン・クルアイの父、母探しの冒険物語であると共に戦争ものなのだ。子供に観せるには、その辺が少々引っかかる。タイでは国王をほめたたえることになるので、子供に観せても何も問題がないのであろうが。あともう一つ気になるのは、象の足が細いことか?
 技術的な面で、当時、日本人がこの作品を観たらどう思うかわからないが、タイの作品としては超一流であったに違いない。その証が、スパンナホン賞の受賞や興行成績に表れている。興行収入はUS$2,269,061をあげ、2006年のタイ映画の中では最高を記録している。この作品の製作には、三年余りを擁したという。また、主題歌をカラバオが歌っている。
 コムピン・ケムカムヌート監督は、ハリウッドで「アイス・エイジ(Ice Age)」<2002年>等の製作にかかわった経験がある。「カーン・クルアイ」とは、「バナナの葉の芯」という意味。また、ナレースアン王が実際に乗っていた象の名前が、「カーン・クルアイ」だったらしい。

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

[ タイのDVD販売サイト ]




テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

先日公開された「サット2マン」のMV第二弾が公開されました

「サット2マン」のMV第二弾が公開


Sat2MonPoster4.jpg


 9日に公開された「サット2マン(Sat2Mon)」のMV第二弾「Breathe」が公開されました。

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

ヤーヤー・インが歌う 、西野翔出演「チャンダラー パトムボット」のMV

ヤーヤー・インが歌う
西野翔出演「チャンダラー パトムボット(ジャンダラ)」
のMV


JanDara2Poster2.jpg


 9月6日公開予定の西野翔出演「チャンダラー パトムボット(Jan Dara)」のMVが公開されました。歌っているのは、主演女優のヤーヤー・インと映画「イターニティー(Eternity)」<2010年>に出演していた(本作にも出演しているようです)男優のサックラート・ルクタムローン。ヤーヤー・インは本来は歌手ですので、こういう形になったのでしょう。

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

アナンダー・エバリンハム主演の「シャムバラー」、タイで本日公開

アナンダー・エバリンハム主演の
「シャムバラー(Shambala)」
タイで本日公開


ShambhalaPoster1.jpg


 アナンダー・エバリンハム主演の「シャムバラー」、タイで本日公開です。

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

不調のタイ映画8月の陣 「Yes or No 2」もコケてしまった!!

不調のタイ映画8月の陣
「Yes or No 2」もコケてしまった!!


YesOrNo2Poster3.jpg   EchoPlanetPoster3.jpg
「イエス・オア・ノー 2」   「エコ・プラネット」


 どうもタイ映画界がいけません。7月26日に鳴り物入りで公開されたGTHの7周年記念作品「セブン・サムシング」はヒットはしたものの思ったより数字が伸びず、ヒット確実と思われた「カーン・クルアイ」のカンタナー・プロダクションが製作したアニメーション「エコ・プラネット」も沈没。そして、期待が大きかった16日に公開された「イエス・オア・ノー 2」の数字も悪く(正直、こんなに悪いとは思いませんでした。タイの人はオカマは好きでもレズビアンは嫌いなのか?)、パート1の記録を超えられそうもありません(この作品は、中国などでは確実にヒットすると思いますが)。一体どうしてしまったのでしょう。外国映画に食われてしまっている感はあるのですが…。このままいくと、今年はタイ映画のヒット作がほとんどありませんでした…という年になりそうな。

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

「イエス・オア・ノー 2」MV


「エコ・プラネット」MV


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ