我こそはスターに、田舎の小さな村にTVドラマの撮影隊が

アート・アイ・ドゥー/Art I Do


ArtIDoPH1.jpg


 DVD用アダルト作品。田舎の小さな村にTVドラマの撮影隊がやって来る。そこには、明日のスターになることを夢見る若い女性達が・・・というストーリー。
 よくある映画のパロディー・アダルトもの。ネタ元は、「アート・アイドル(Art Idol/อยากให้เธอรู้ว่ากูติสท์)」<2012年>という作品。ただし、内容はほとんど関連していないと思われる。
 ストーリーは学芸会並み。ただ、この作品が他のアダルトものとちょっと違うのは、男女が絡むシーンでは全裸の状態の全身を映していることだ(もちろん、局部は見えないようにしている)。普通、裸なのは上半身だけだったりすることが多いのだが。全部で三回の絡みのシーンがあるが、その内二回がそうだ。タイの作品としては、あまりないことである。そして、ぼかしも使用していない。ついでにいうと、全裸の状態でバックでの絡みもやっている。これもあまりないことだ。
 主演ではないが、チュリー・サームコーク(DVDパッケージ画像の左側の人)が出演している。彼女は、タイのアダルトものの中では売れっ子の女優である。年齢制限は「20歳超視聴可」。原題は「スターになったと知らせたい」と訳すのか?

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

[ タイのDVD販売サイト ]



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

いつものメンバーの学園ものコメディー。ただし、今回は美女が・・・

コー・ソー・ノー シット・サー・アーチャーン・プアン
/Kor.Sor.Nor. Sith Sah Arjarn Puan


KorSorNorPH1.jpg


 DVD用のコメディー作品。基本的には学園もの。学園ものといっても、生徒の俳優は年寄りばかりだ。美人教師目当てに同僚も生徒も彼女の家に押しかけて行くと、彼女の父親がおり、なんと父親は刺青師?呪術師?(アーチャーン)であった・・・というストーリー。
 笑いのセンス自体は悪くないのだが、全体的なストーリーはないに等しい。特にラストは、えっ?これで終わり?という感じだ。この手の作品としては珍しく、出演者の中に若くてそれなりの美人女優が教師役で出演しているのだが、出番は少なくないのにセリフがほとんどない。コメディーの常連たちにセリフを取られてしまっている。これではおもしろくないし、人材も育たない。
 この作品のすごいところは、カット割りがとても長いことだ。ひとつひとつのシーンが長く、その中には何人もの登場人物の長台詞がある。台本通りにやっているのだとすると、誰か一人が間違えただけで長いシーンのやり直しとなってしまう。これはかなりきついですよ。
 「18歳超視聴可」の制限が付いているのだが、これははなぜだろう?裸も暴力もないのだが。

[ タイのDVD販売サイト ]


⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントに対して返信ができないので…

 なぜだかわからないのですが、コメントに対して返信しようとすると「不正な投稿です」や「以前の投稿と重複しています」という表示が出てきて送信することができません。ですので、ブログにアップしてみることに。

 「チャンダラー」の興行ですが、少し前の数字でUS$1,128,602とヒットしました。この数字は、今年公開されたマーシャの「407 ダーク・フライト(407 Dark Flight)」とほぼ同じ数字です。同じ監督の前作「イターニティー(Eternity)」<2010年>ともほぼ同じです。まだ興行中ですが、もう数字はほとんど伸びないでしょう。私は、この数字なら健闘したと思いますよ。18禁なのですから。
 ですが、公開してみたら、主演のヤーヤーインが脱いでいないので数字が落ちたとか、観た人たちからのいい作品だとの口コミで数字が上がったということがない数字だと思います。つまり、第一週目の数字がそのまま最後までいったという感じです。タイの興行って不思議なのです。ほぼ第一週目で最終的な数字が分かってしまうのです。公開後に、思ったより数字が伸びたというパターンがほとんどないのですよね。

 マリオはフィリピン映画に出るのですね。現在、タイのMajorの年内の公開予定には入っていませんが、タイで撮影されていることもありタイで公開される可能性はあると思いますよ。



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

10月4日公開予定「ヤック ザ・ジャイアント・キング」の新しい動画が公開

10月4日公開予定
「ヤック ザ・ジャイアント・キング」
の新しい動画が公開


YakTheGiantPost3.jpg


 10月4日公開予定のアニメーション「ヤック ザ・ジャイアント・キング」の新しい動画が公開されました。

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

「サーラネー おせっかい」のMV「ยิ่งรัก ยิ่งแกล้ง」が公開

「サーラネー おせっかい」の
MV「ยิ่งรัก ยิ่งแกล้ง」が公開


SaRaNairOsekaiPoster1.jpg


 「サーラネー おせっかい」のMV「イン・ラック イン・クレーン(ยิ่งรัก ยิ่งแกล้ง)」が公開されました。

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

 


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイ版スパイダーマン 、タイ映画「マーキュリーマン」 GyaO!で放送中

マーキュリーマン/Mercury Man


MercuryManPoster5.jpg


 現在、タイ版スパイダーマンである「マーキュリーマン」がGyaO!で放送中です。期間は10月8日までの予定です。

◆GyaO!

 特撮アクションもの。タイ版の「スパイダーマン」といったところ。不思議な力があるとされる「太陽の護符」と「月の護符」。国際的なテロリストのウサマ・アリ(アーノン・サーイセンチャン)が「月の護符」を手に入れ、タイの港に入港したアメリカの船などを標的にした無差別テロを計画していた。偶然に「太陽の護符」を体内に取り入れた消防士チャーン(ワサン・カンタウー)は正義の味方マーキュリーマンとなり、「月の護符」を取り戻すためにチベットからやって来た女性プニマ(チンウィパー・ケーオカンヤー)と協力してウサマ・アリらとの戦いに挑む・・・というストーリー。
 完全に「スパイダーマン」のパクリだろう。日本公開時のキャッチフレースは、「「スパイダーマン」「バットマン」に続くニュー・ヒーロー誕生! 太陽より授かりし炎で悪を打ち砕く!!」だった。B級アクション作品で、ストーリーも大したことがない。しかも、最後にアメリカの軍艦に向けて発射されたミサイルを阻止したのはマーキュリーマンではなく、高射砲担当のおじさん海兵だ。そして、飛んでくるミサイルを高射砲一発で仕留めてしまうというのは、あまりにもお粗末。また、カンボジアから連れて来られたあの超能力少年は何だったのだろうか?だが、B級ということを踏まえて観れば、それなりに楽しむことができる。
 特撮も大したことがない。というか、特撮シーンはあまりない。だが、肉体を使ったアクション・シーンは、全部ではないがところどころですごいものを見せてくれている。と思ったら、トニー・ジャーの師匠である、パンナー・リットクライがアクション監督を務めていた。さすがだ。オカマのキック・ボクサーとして有名なパリンヤー・ジャルーンポンが、チャーンの姉役で出演しアクション・シーンも披露している。
 タイのエンターテイメント・サイトSiam Zoneのユーザー評価では、6.08点(満点は10点。投票数26。2012年9月現在)であった。興行収入はUS$122,471と惨敗。しかし、こんな作品を小規模とはいえ、よく日本で劇場公開したものだ。バンティット・トーンディー監督には、日本でDVD化されている「ビハインド(the Unborn (The Mother))」<2003年>や「ザ・ムーン(The Moon)」<2011年>、「パーイ・イン・ラブ(Pai in Love)」<2009年>の中の「ピー・サーオ・クラップ」、「モン・プレーン・ルークトゥンFM(Mon Pleng Loog Thoong F.M.)」<2002年>などの作品がある。原題は良く分からないが、「鉄の人間」というような意味か?

⇒タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村





テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

女性監督によるアクション作品「ファイティング・フィッシュ」本日公開

女性監督によるアクション作品
「ファイティング・フィッシュ」
本日公開


FightingFishPoster1.jpg


 本日公開予定の女性監督によるアクション作品「ファイティング・フィッシュ(Fighting Fish)」です。原題は「凶悪 決闘 未熟」という意味か?

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

「サーラネー おせっかい」のビハインド・シーン 1

「サーラネー おせっかい」のビハインド・シーン 1


SaRaNairOsekaiPoster2.jpg


 「「サーラネー おせっかい(SaRaNair Osekai)」のビハインド・シーン 1」が公開されました。今回初めて気付いたのですが、このビハインド・シーンに出ているタイの俳優は「ファビュラス 30(Fabulous 30 )」でパチャラパー・チャーイチュアの相手役をやっていた男優のプーポム・ポンパーヌですね。どうも、真面目そうな彼を…ということのようです。

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

王女様が書かれた原作を、王女様自身が主演した作品

ホエア・ザ・ミラクル・ハプンズ/Where The Miracle Happens


WhereTheMiracleHappensPoster1.jpg


 王女様がお書きになった小説の映画化。母ピムダーオは、大規模な不動産業を営む実業家であった。ある日、娘と一緒に乗っていた車が事故に遭い、娘の心臓を移植されて一命を取りとめる。娘の遺品の中から日記を発見し、北部の小さな山岳少数民族の村へと赴く。そこは、娘がボランティアを行っていた村だ。そして、その村で彼女が見たものは・・・というストーリー。
 原作はウボンラット王女が書かれたもので、王女自身が主演のピムダーオ役を演じている。王女はプミポン国王の長女で、様々なボランティア活動を行っていることでも有名だ。「教育を受けたいがその機会に恵まれない子供達が大勢いる」という問題にも取り組んでいらっしゃる。2004年のスマトラ島沖地震で親族を亡くされた王族とは彼女のことで、、長男を亡くされている。
 さて、王女様の演技についてとやかく言うつもりはないし、原作は知らないので原作についてもコメントはできない。だが、脚本と演出に関しては言わせてもらうが、はっきり言ってバツである。王女様を目立たそうとしているのだろうか、映画になっていないというか学校で見せる教育映画のような感じだ。交通事故や、学校の火事、ラストのピムダーオが壇上で演説をするシーンなどはどうしようもない出来だ。それに、作品の最後で王女が歌を歌うのはいいのだが、歌が終わったそのすぐ後がエンド・ロールで、そこでも同じ歌が連続してかかるというのは良くないでしょう。タイのエンターテイメント・サイトSiam Zoneのユーザー評価では、8.58点(満点は10点。投票数24。2012年8月現在)であった。この得点を素直に信じるわけにはいかないが・・・。
 女性教師役は個性派の女優シラパン・ワタナチンダーが演じているが、ある意味、彼女の演技が良すぎて浮いてしまっている。他の俳優が悪いという意味ではなく、やはり演出が問題だろう。興行収入の記録がないのは、未発表ということか?原題は、「ひとつの同じ心」というような意味か?

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

[ タイのDVD販売サイト ]




テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

公開中のホラー作品「9-9-81」、12人の監督紹介動画 No.2

公開中のホラー作品「9-9-81」
12人の監督紹介動画 No.2


PlanCPanichPoster5.jpg


 公開中のホラー作品「9-9-81」の12人の監督紹介動画(No.2)が公開されました。

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ