重い病にかかった女流作家のボーイ・フレンドが帰って来ると・・・/「クーン・ナン チャン・ミー・ター」

クーン・ナン チャン・ミー・ター/Khun Nan Chan Mi Tha


 DVD用アダルト作品。女流作家のディアは重い病気を患っていた。ある宿で、男性と知り合い恋に落ちる。その男性が数日外出して戻って来ると、彼女は・・・というストーリー。
 「20歳超視聴可」の年齢制限が付いている。終わる直前まではそれなりに楽しめたのだが、DVD用アダルト作品の悲しさでラストは実に簡単に終わってしまった。
 パッケージにも載っている脱いでくれる二人は、共にダイナマイト・ボディーの持ち主だ。ただ、胸は人工物である可能性が高い。主演のディア役は、パッケージの後ろ側に載っている女性だ。なぜ、主演でない方を前に載せているのか?ビジュアル的な問題か?だが、主演の女優は、映像の中ではパッケージよりも美人に見える。
 Mouse Suwanna監督には、「レディー・ムーン(Lady Moon)」<2010年>などの作品がある。原題は「あの夜 私にはあなたがいた」という意味。
⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

本日、カラバオを描いた「ヤング・バオ」タイで公開予定

本日、カラバオを描いた「ヤング・バオ」タイで公開予定


YoungBaoPoster1.jpg


 タイの国民的ロック・バンド=カラバオ(คาราบาว)関係の作品。原題は「ヤング(Young)・バオ・ザ・ムービー」という意味。

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

ゴーゴー・バーを舞台にした、ピー・ポープものホラー・ストーリー/「P(ピー/ポゼスト)」

P(ピー/ポゼスト)/P(The Possessed)


PPoster2.jpg


 ホラー作品。カンボジアとの国境に近いシーサケート県に住んでいた少女Dau(Suangporn Jaturaphut。彼女は祖母との二人暮らしで、周囲からは、得体の知れない胡散臭い家族だと思われいじめられていた。Dauは祖母の薬代欲しさに商店の女主人に相談すると、バンコクでの仕事を紹介される。彼女がバンコクへ行くのは初めてのことで、そこで待っていたのはゴーゴー・バーでのダンサーの仕事であった。彼女は周囲との摩擦もあり、祖母から習った黒魔術を使いうっぷんを晴らしてゆく。しかし、その魔術の使用は次第にエスカレートしていき、彼女は祖母に言われた禁を破ってしまったがために魔術が自分の身へと跳ね返って来ることに・・・というストーリー。
 中身がしっかりと作られていてタイらしくない作品だと思ったら、監督は西洋人。タイ初の西洋人監督によるタイ映画だそうだ。Paul Spurriert監督は、「ワイルド・ギース(The Wild Geese)」<1978年/イギリス、スイス>などに俳優としても出演している。本作のどこかにも、自身が出演しているらしい。
 恐怖感も出ているし楽しめる作品なのだが、残念なのは脚本がちょっと力不足という点だ。?なストーリー展開があり、唐突に主人公のDauが生肉を食べだしたりする。そして、訳の分からないあっけないラストはいただけない。このラストが決まっていれば、結構いい作品になっていたのだが。もったいない。
 ストーリーのメイン舞台は、バンコクにあるゴーゴー・バーだ。作品の中では、店には「P Bar」という名前が付いている。かなりゴーゴー・バーに関するシーンがあり、ここまでゴーゴーのいろいろな内容が描かれている作品は初めて観た。ちなみに、女の子を店に紹介し、その子が一ヵ月間辞めなかったら500バーツもらえるとか、次回ホテルへ行ったら4000バーツと言いなさいなどいろいろな要素が出てくる(実世界の金額と同じかどうかは?)。「日本人はドイツ人よりつまらないので嫌だ」というセリフまで出てくる。
 だが、ゴーゴー・バーが描かれていても、その手のセクシーさはほとんどない。また、ダンスやショーも出てくるが、やはりセクシーさはない。その点に落胆する人もいるかもしれないが、それがかえっていいのかもしれない。その方が、ホラーらしさが強調されるというものだ。
 最初、黒魔術を扱ったホラーなのかと思ったが、有名な内臓を食らうという霊の「ピー・ポープ」を扱ったもののようだ。少々本来のピー・ポープとはスタイルが違うが、Dauはピー・ポープである。
 そのDauを演じたSuangporn Jaturaphutが、ちょっと怖いかわいらしい雰囲気を醸し出していていい。ホラー作品には合っているかもしれない。彼女は撮影当時まだ16か17歳で、少しあどけなさが残っている。作品の年齢設定でも公称18歳となっているので、役柄的にも実年齢と同じということになる。タイで生まれたタイ人とのことだが、ヌードはないもののビキニ姿や肌を出すシーンはあるので、外国育ちかもしれない。普通のタイ人なら、この年齢であの役はやりたくないであろう。幼い時代の彼女を演じた子役も、ホラーっぽくてよかった。
 この作品は、世界各国の数々の映画祭にも出品されている。また、タイでは、一般上映はされていないかもしれない。
 英題の「The Possessed」とは「憑依(ヒョウイ)」という意味で、「P(ピー)」というのはタイ語のタイトルである「ผี(ピー)」の音をアルファペット一文字で表したもの。タイ語の「ピー」とは「霊」という意味だ。

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

来週公開予定のボンコット・コンマーライ監督作品「エンジェルズ(ナーン・ファー)」

来週公開予定のボンコット・コンマーライ監督作品
「エンジェルズ(ナーン・ファー)」


AngelsPoster3.jpg


 6月6日タイで公開予定のボンコット・コンマーライが監督する「エンジェルズ(ナーン・ファー/Angels)」のプロモーション動画です。コンマーライ監督初の長編作品ですが、楽しみです。

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

เปิดตัว 3 นางโชว์จากภาพยนตร์ "นางฟ้า"


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

アジアンクィア映画祭でタイ映画「愛なんていらない」観てきました

アジアンクィア映画祭で
タイ映画「愛なんていらない」観てきました


ItGetsBetterPoster2.jpg


 アジアンクィア映画祭で、「愛なんていらない(イット・ゲッツ・ベター/It Gets Better)」を観てきました。この作品、いいですねえ。とにかく脚本の妙がおもしろいです。
 観客の入りはまばらという感じではありませんが、たぶん50%以下の座席占有率だと思います。この作品はタイではいろいろな映画賞を受賞していますが(スパンナホン賞作品賞は受賞できませんでしたが)、ヒットしたわけではないので知名度は高くないです。それに、どうしても「ニューハーフ」関連の作品という看板は付いて回ります。そのために、鑑賞後の評価が高くてもなかなか興行には結びつかないと思います(タイ本国でもその傾向がありました)。また、この作品をネタバレの関係で詳しく説明することもできず、とにかく一度観ていただかないことには良さが伝わらないというのが正直なところです。
 映画祭期間中にもう一度上映がありますので、興味のある方はぜひご覧になってください。日本語字幕付きで見ることができるチャンスは、これが最後かもしれませんので。ということで、当ブログでは少々書き換えてもう一度紹介させていただきます。

◆アジアンクィア映画祭

 第三の性を扱ったドラマ。自身がトランスジェンダー(Transgender)であることに苦しみながら、自分の生きる道を探すトランスジェンダーたち。また、その両親や子供たちも同じく苦悩する。もう50歳になろうかというニューハーフのサーイターン(ターイ)。彼女は北部の寒村で、若い男性のファイ(パンチャン)と恋仲になる。女っ気のある少年ディン(ニック)は、心配した父親に寺院へ連れて行かれ出家させられてしまう。青年トンマイ(サーリム)は、死んだ父親が所有していたパタヤーのキャバレーの店を処分するためにアメリカから帰国した。そこで美しいニューハーフのドークマイ(ルークパット)や一夜を共にしたトンリウ(ベル)らと出会い・・・というストーリー。
 M Pictures作品。よくありがちな、軽いタッチのオカマさん映画とは全く違う。とにかく、タイ映画らしからぬ脚本が素晴らしい。作品は、三つのストーリー(「サーイターン」「ディン」「トンマイ」のストーリー)が交錯して進行していく。つまり、変形オムニバス作品のような感じだ。この三つのストーリーが混ざって進むので、観客としては最初は何が何だか分からない。しかし、作品が進むにつれ、これが見事なまでに結実していく。ここが、この作品の最大の見どころだ。
 登場人物が多いのだが、全員が見ごたえのある演技を見せてくれている。おそらく、出演者のほとんどはそれほど演技経験はない。その中でベテランが一人いる。主役のサーイターンを演じたペンパック・シリクン(ターイ)がそうだ。この人は、タイの有名な女優で(ちなみに、作品中ではニューハーフの役を演じているが、生まれながらの女性なのでお間違えのなきよう)モデルでもある。若い頃には歌手もやっており(その後も続けているのかもしれないが)、CDも出している。彼女の演技は光っていたが、実はセクシー女優として名が通っている。若かりし頃は、かなり大胆な格好でグラビアを飾っていた。世間からは、相当批判されたに違いない。セクシー女優(正確にはセクシー・モデル)としては50歳を超えてもまだ健在で、その妖艶な肢体を雑誌グラビア等で飾っている。
 トンマイを演じたサーリム、ディンを演じた映画初出演のニックも良かった。サーイターンの若き恋人役を演じたパラマ・イモノータイ(パンチャン)は、2012年度のスパンナホン賞でみごと助演男優賞を獲得している。
 トンマイが心ひかれるニューハーフの役で登場するナンティター・カムピラーノン(ベル)は、TVのタレント発掘番組「Thailand's Got Talent」出身のトランスジェンダー歌手だ。女性と男性の声色を使い分けることができ、歌唱力もある。彼女?は、これが映画初出演(正確には本作と同年のタイ公開作品でに日本でも公開された「ゴースト・フライト407便(407 Dark Flight)」があるので、どちらがデビュー作なのかは分からないが)。サーリムとのかなり濃厚なキス・シーンもある。タイ映画で、ここまですごいキス・シーンは珍しい。彼女は、主題歌「マイ・ダイ・コー・ハイ・マー・ラック(ไม่ได้ขอให้มารัก)」も歌っている。作品中では、クライマックス近く、キャバレーの舞台に登場して歌っているのがこの曲だ。キャバレーでは口パクで歌うのだが、この歌自体は彼女の持ち歌で歌声も彼女のものである。歌の出だしは女性の声で、後半、男性の声色に変わることにご注目あれ。
 実は、もう一人「Thailand's Got Talent」出身者がいる。ドークマイ役のルークパットがそうだ。この人はかなりの美形だ。胸の形が少々作りものっぽいが、なかなかの美人。確認は取れていないが、この方、パタヤーのキャバレーで実際に踊っていたそうな。
 本作は、第22回スパンナホン賞の助演男優賞(パラマ・イモノータイ)、美術賞、衣装デザイン賞を受賞している。作品賞にもノミネートされたが、「ホーム(Home)」に持って行かれてしまった。スパンナホン賞以外でも、数々の賞を受賞している。
 年齢制限は「15歳超視聴可」。タイのエンターテイメント・サイトSiam Zoneのユーザー評価では、9.48点(満点は10点。投票数50。2012年6月現在)であった。この手の作品には熱烈なファンがいて得点を引き上げている可能性があるが、かなりの高得点といえる。興行的には、興行収入US$227,000と沈んでしまった。
 英題でもある「イット・ゲッツ・ベター(It Gets Better)」は、「良いときはきっと来る」というような意味だ。ゲイであることを理由にいじめを受けたり、ゲイではないかと同級生に疑われて自殺をする青少年が続出したために、それを防ぐことを目的にアメリカの作家ダン・サベージ(Dan Savage)が始めたプロジェクト名とかけているようだ。原題は、直訳すると「愛を望むことができない」というような感じになる。
 タンワーリン・スカピシット監督には、「ハック・ナ サーラカーム(Hug Na Sarakham)」<2011年>、「ターイ・ホーン(Tai Hong)」<2010年>、「イン・ザ・ネーム・オブ・シン(In the Name of Sin)」<2006年>などの作品がある。この人は、トランスジェンダーらしい。日本では、第4回アジアンクィア映画祭で上映。

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

[ タイのDVD販売サイト ]


Trailer


MV 「マイ・ダイ・コー・ハイ・マー・ラック(ไม่ได้ขอให้มารัก)」


テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

「ラブ・イン・ザ・レイン」の音楽の数々

「ラブ・イン・ザ・レイン」の音楽の数々


LoveInTheRainPoster4.jpg


 現在、タイで公開中の「ラブ・イン・ザ・レイン(Love in the Rain)」の音楽の数々を紹介する動画です。

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

4人の監督による4つの角度から描いた愛の物語/「4 ロマンス」

4 ロマンス/4 Romance


4RomancePoster3.jpg


 「愛」をテーマにした四話のオムニバス作品。サハモンコン・フィルム社作品。ちょっと変わった角度から愛を描こうとしたようだが、全体的にストーリーが良く分からない。その証拠に、タイのエンターテイメント・サイトSiam Zoneのユーザー評価では、5.14点(満点は10点。投票数154。2013年3月現在)とかなり低い得点であった。興行収入は$740,261。原題は、「夢 甘さ 恥じらい キス」という意味。
【Fhun】   ★★
 ミュージカル風ファンタジー作品。少女(ジェーン)は身近に自分を慕ってくれる男性(ウート)がいるが見向きもせず、ある歌手に憧れていた。そんな彼女が、夢の中で巨大な黒猫のお化けに追われあこがれの君と大冒険を繰り広げる。そして目が覚めると、傍らには・・・というストーリー。
 脚本もサックウィーラクン監督が書いている。アニメーションと合体させたファンタジー作品になっている。アニメーションの描写力がいまひとつなのと、ストーリーが良く分からない。主演の女の子ジェーンが、アニメっぽくてかわいらしくおもしろいのがいい。彼女、同監督の「ルット・シー・ルット」にも出演している。
 チューキアット・サックウィーラクン監督には、日本でDVD化された「レベル・サーティーン(13 Beloved)」<2006年>、「ピサジ 悪霊の棲む家(Pisaj)」<2004年>や「ルット・シー・ルット(Lud See Lud)」<2011年>、「サワッディー・バンコク(Sawasdee Bangkok)」<2009年>の中の「シスターズ(Sisters)」などの作品がある。「ホーム(Home)」<2012年>では、スパンナホン賞・作品賞を受賞している。
【Warn】   ★★
 夫は結婚後も一生懸命仕事にはげむが、妻の気持ちに気付いてやれなかった。そんな時、妻が愛していた飼い犬が死んだために、妻が・・・というストーリー。
 ちょっと不思議なラブ・ストーリー。この作品もストーリーがちょっと分かりにくいが、本作の四つの作品の中では一番おもしろい。若い女優のサーイパーンが老人役もやっているのかと思ったら、老後の役は違う女優だそうだ。何でも、サーイパーンがこの作品に選ばれたのは、この女優に顔を似ていたからだとか。夫役のチャークリット・イェームナームは、日本でもDVD化された「元カノ~憑き纏う女~(マイ・エクス/My Ex)」<2009年>などに出演している。
 プラチャヤー・ピンケーオ監督には、日本で公開された「チョコレート・ファイター(Chocolate)」<2008年>や「チョコレート・バトラー (ザ・キック/The Kick)」<2011年>、「パーイ・イン・ラブ(Pai in Love)」<2009年※共同監督>、「サワッディー・バンコク(Sawasdee Bangkok)」<2009年>の中の「バンコク・ストーリーズ(Bangkok Stories)」などの作品がある。
【Aiy】   ★
 若い男女が2泊3日の孤島のパラダイス滞在中に愛を認識できるか?・・・というストーリー。猿が出てくるのだが、タイ映画に出演している猿にしては珍しくまともな演技をしていた。愉快な猿君だ。人影のない海と絶壁に囲まれた白砂のビーチが、とてもきれいだ。おそらく、クラビー県での撮影だろう。最初に主人公の女性が船で上陸したのは、ピピ・レー島のマヤ・ベイか?ただ、ストーリーが良く分からない。
 バンティット・トーンディー監督には、日本でDVD化さけた「マーキュリーマン(Mercury Man)」<2006年>や「ザ・ムーン(The Moon)」<2011年>、「パーイ・イン・ラブ(Pai in Love)」<2009年※共同監督>、「モン・プレーン・ルークトゥンFM(Mon Pleng Loog Thoong F.M. (Hoedown Showdown))」<2002年>などの作品がある。
【Joob】   ★
 高校三年生の青年(マーリオー・マオラー)の物語。青年は好きな女の子にキスをしたいと思うが・・・というストーリー。
 この作品も良くストーリーが分からない。しかも、このパートの上映時間は約20分しかない。コックキックは映画初出演。ラーセーン・リムトラクーン監督には、日本でDVD化された「チョコレート・ソルジャー RAGING PHOENIX(Raging Phoenix)」<2009年>がある。

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

[ タイのDVD販売サイト ]




テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

さあ大変、大学合格を祈願した霊木が楊枝にされてしまった/「バウ・オブ・デス」

バウ・オブ・デス/Vow of Death


VowOfDeathPoster1.jpg


 ホラー・コメディー作品。大学入試に合格するようにと、榕樹の霊(チャッチャイ・プ-ンパーニット)にお願いした学生たち。めでたく合格しお礼参りに来ると、なんとその木は切り倒されてしまっていた。霊に恨まれないよう、楊枝となってしまったその木を集めにかかるが・・・というストーリー。
 コメディーなのでストーリーのアイデアはこれでいいと思うのだが、中身がほとんどおもしろくない。笑えもしないし、もちろん怖くもない。脚本をもう少しどうにかしないと。
 タイのエンターテイメント・サイトSiam Zoneのユーザー評価では、5.55点(満点は10点。投票数29。2012年10月現在)と低いものであった。興行収入はUS$629,759と合格点。ピヤパン・チュペート監督には「ラブ・フェイス・ミラクル(Love Faith Miracle)」<2011年>の中の「コンシャス(Conscious/ฟื้น)」などの作品がある。原題は「楊枝の霊」という意味。

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

[ タイのDVD販売サイト ]




テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

明日より「第4回アジアンクィア映画祭」開幕

明日より「第4回アジアンクィア映画祭」開幕


4thAQFF.jpg


 明日より「第4回アジアンクィア映画祭」が開幕します。アジアのクィア映画とりわけインデペンデント映画を発掘し、日本ならびに世界へ紹介することを目的として2007年に誕生した映画祭です。アジア作品のみというのは世界的にもこの映画祭だけだそうです。隔年での開催を目指しているとのことです。
 タイ映画は、長編は「愛なんていらない(イット・ゲッツ・ベター/It Gets Better)」<2012年>、「ジェリーフィッシュの恋 2(イエス・オア・ノー 2/Yes or No 2)」<2012年>、「ジェリーフィッシュの恋 (イエス・オア・ノー/Yes or No)」<2011年>の三本が上映されます。特に「愛なんていらない」「ジェリーフィッシュの恋」は評価の高いおすすめの作品です。

⇒タイ映画ライブラリー

◆アジアンクィア映画祭

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

「愛なんていらない」


「ジェリーフィッシュの恋 2」


「ジェリーフィッシュの恋」


テーマ : 映画祭
ジャンル : 映画

サンシルク・タイランドのショート・ムービー2013年版/「2 ルート スート スアイ」

2 ルート スート スアイ/2 Rut Sut Suai


Sunsilk2013-1.jpg


 シャンプーなどヘアケア商品で有名なSunsilkによるショート・ムービー2013年バージョン。モデルのダーオ(アム)とポンキー(トゥッキー)は幼い頃大の仲良しであったが、ちょっとした行き違いから仲たがいしていた。そんな二人が、ある日共演することになり・・・というストーリー。
 2012年バージョンに続き、この作品も良くできている。しかも、アムの共演者はトゥッキーだ。二大人気女優の競演である。容姿の雰囲気がかなり違う二人だが、身長の差もすごくおもしろいコントラストだ。
 そしてもちろん、企業のイメージアップ+商品の宣伝用作品なのだが、内容もよくまとまっていていい。笑えて、ハートウォーミングな感動作である。アムの表情の豊かさも良かった。彼女は2013年の誕生日で35歳になるが、相変わらずの美人である。アムとトゥッキーの組み合わせというのは、宣伝効果も抜群なのではないだろうか。

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ