救急隊員が語る霊の話、自分が扱った死者が目の前に/「プレイ」

プレイ/The Prey


ThePrayPH1.jpg


 DVD用のホラー・オムニバス作品。二つの物語で構成されている。救急隊員のところに、シナリオ作家?志望の男性が近付いてきた。救急隊員は、以前あった夫婦と子供が遭遇した霊に関する事件を語りだした。それが終わると、今度は青年が目の前の建物で起こった自分の体験談を語り始めるが…というストーリー。
 ライト・ビヨンド社作品。どちらの物語も、脚本に力がない。前半の物語に出てきた地獄寺は、スパンブリー県ソーン・ピー・ノーンにあるワット・パイローンウアだ。
 Boonma PoodPro監督には、「アパペンシー・シークレット・エージェント(Appapenthy Secret Agent)」<2011年>などの作品がある。原題は、「願をかける」という意味。

[ タイのDVD販売サイト ]


[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

ちょっと残酷な護符もの特撮アクション「ハヌマン ホワイト・モンキー・ウォリアー」

ハヌマン ホワイト・モンキー・ウォリアー/Hanuman: The White Monkey Warrior


HanumanTheWhitePoster1.jpg


 アクション作品。ヨート(ソーンラーム・テープピタック)は西洋人三人組に襲われ、不死身になるというハヌマーンの護符の刺青をした父を殺される。その時、恋人も殺され、妹も歩けない体となってしまう。そして、ヨートと妹はある施設の人々に助けられるが…というストーリー。
 ジャンル的には、護符の刺青を扱ったクンフー・アクションもの。演出、脚本共にかなりの力不足だ。アクションは普通。特撮も使われているが、これに関しては作品の評価に直接つながるほどのものではない。とにかく、ストーリーにおもしろさ、ドキドキ感がない。
 主人公のヨートは、なぜか強い時もあれば弱い時もある。悪玉の親分と思しき人物は、次々に簡単に殺されていく。主人公は、父親の仇と思しき呪術師みたいな人物をなぜ殺さないのか?また、最後の戦いで西洋人三人組は主人公を叩きのめしたにもかかわらず、なぜ殺さずに去ろうとするのだろうか?そして、あの換気扇のスイッチを入れることに何の意味があったのだろうか?それと、主人公は吊り下げられた包みを取ろうとするが、あれはなんだったのであろう?分からないことだらけである。
 この作品と同時代に作られた多くの作品がそうだったのかもしれないが、コメディー作品ではないにもかかわらず変なところにコメディー的要素が入っているのもどうであろうか?そして、作品が必要以上に残酷なのも気になる。普通、体に施した刺青を取るために皮を剥ぐなどというシーンは作らないであろう。しかも、剥ぐところをスクリーンに映し出している。そして、首が切られてすっ飛び、切られた首が床に転がるシーンも何か所かある。
 そしてそしてである。子供たちが焼き殺されるシーンもあるのだ。焼死体も映し出している。有名俳優もこの中にいるのだが、焦げた死体役も本人が演じているとのこと。真っ黒になってご苦労なことである。死体役をやった子供たち、このことがトラウマにはならないであろうか?また、木造建築物の周囲に火を付けられ逃げ道がなくなるのだが、その時、建築物内にある戸棚のような場所に身をひそめるくだりがある。それはかなり変だ。建物中が燃えているのだから、どう考えてもそんなところに逃げ込んでも助かるはずがない。いくらなんでも、脚本をもっとちゃんとしなくてはいけない。
 興行収入はUS$306,553。タイのエンターテイメント・サイトSiam Zoneのユーザー評価では、6.33点(満点は10点。投票数6。2014年4月現在)であった。原題は、直訳すると「ハヌマーン 粉末を混ぜる」となるのだが。

[ タイのDVD販売サイト ]


[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

日本人モデルが主演のウタイタニー県観光誘致ムービー「デスティニー・ダイアリー」

デスティニー・ダイアリー/Destiny Diary


RayThai93T.jpg
タイ版「Ray」の表紙を飾った紺野ゆり


 ドラマ作品。ウタイタニーへとやって来た日本人女性ライターのマサミ(紺野ゆり)が、(事故で?)直近の記憶をなくしてしまった。手元には絵日記があり、醤油(ショウユ)という女性が記憶の鍵を握っているようであった。その日記をたよりに、記憶を取り戻すためにウタイタニーを巡る旅に出ようとする。ナムプラー(タナー・イアムニヨム)という自分を知っているというタイ人男性と巡り会い、一緒にウタイタニーを巡ることに…というストーリー。
 タイ北部にあるウタイタニー県の観光誘致用ショート・ムービー。上映時間43分。とても美しく描かれており、スロー・トラベル向きなウタイタニーのローカルな様子がよく出ている。作品の言語は、日本語が基本。これは主人公であるマサミが日本語を話しているためで、タイ人のナムプラーと話すときは英語だ。そして、常にタイ語の字幕が付く。この作品を観た時、どこの国の人に観てもらうためのものであろうかと疑問に思った。日本語が主なので日本人?ところが、ウタイタニーの名所の名前はタイ文字でしか出て来ない。基本的に、セリフの中にも名所の名前は登場してこないので、日本人に寺院の名前などは伝わらないのだ。しかし、日本人に向けたものということだ。もちろん、他に流用することもあるであろうが。
 それにしても、ウタイタニーのプロモーション動画というのはすごい。ウタイタニーは、バンコクから北へ219km程の場所に位置する自然豊かな場所だ。だが、日本人でこの地名を知っている人はほとんどいないに違いない。タイ人の間でさえ、観光地としては有名ではない。はっきり言ってしまえば、超マイナーな場所(県)だ。そんな県が、なぜプロモーション動画を作ったのであろうか?不思議だ。
 主演は、日本人モデル兼女優(自身のブログで、今回が初めての演技と語っている)の紺野ゆり。この方、日本の雑誌「Seventeen」「Ray」で活躍していたモデルで、現在(2014年6月現在)ではタイに住みタイ版の「Ray」ではレギュラーを務めているとのこと。同じくタイを拠点として活躍する、日本人男優の大関正義も出演している。彼は、「山田長政(サムーライ・アヨータヤー/Yamada/Yamada The Samurai of Ayothaya)」<2010年>で、主演の山田長政役を演じた人だ。紺野ゆりの相手役を務めたのはタナー・イアムニヨム。この人は、若き日のカーラバーオ(カラバオ)を描いた「ヤング・バオ(Young Bao)」<2013年>の主演男優。あと、日本のAV女優辰巳ゆいが出ていた「ラブ・サマー(Love Summer)」<2011年>でも、メイン・メンバーとして出演していた。
 この作品、出演者の紺野ゆり、ナムプーラー役のタイ人男優、醤油役のタイ人女優がはつらつとしていていい感じになっている。物語は、記憶をなくしているという設定が唐突ではあるものの、おもしろい内容だ。絵日記の絵が、なかなか素敵であったのが印象的。また、役名の「醤油」と「ナムプラー」、気付く人は気付くでしょうね。
 観光プロモーション用とのことだが、あまり観光地を押し付けていないの所が作品的には好感が持てる。しかし、プロモーション的にはもっと観光地を出さなくていいのか?という気もしてしまう。ちょっと笑ってしまったのは、エンド・タイトルの協力先として、町中のロータリー名が出て来た時だ。まあ、確かにこの作品に協力してはいるが。
 とにかく、きれいな作品に仕上がっている。だが、ウタイタニーには空港もなく行くには不便な場所。この動画を見て、果たして何人がウタイタニーへ行くであるうか?10人?それとも・・・。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

本編


テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

Sunsilkのコマーシャル動画2013年バージョン/「レディー」

レディー/Lady


 シャンプーなどヘアケア商品で有名なサンシルク(Sunsilk)によるショート・ムービー。女優パチャラパー・チャイチュアと彼女を狙うパパラッチの物語。髪を洗ってから?25時間のできごと。
 おなじみのSunsilkのコマーシャル動画だが、パチャラパー・チャイチュアを見ているだけで楽しめる。今回は、彼女がちょっとしたダンスも披露している。歌「Lady」を歌っているのは25hours。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

Full Version


テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

あまりの不入りで?上映打ち切り、M39社の「マン・プリーアオ・マーク」

あまりの不入りで?上映打ち切り、M39社の「マン・プリーアオ・マーク」


MunPleawMakPoster2.jpg


 6月12日に公開されたM-Thirtynine社のコメディー作品「マン・プリーアオ・マーク(Mun Pleaw Mak)」が、あまりの不入りのために二週間で上映が打ち切りになったようです。今、タイの映画界を引っ張っているのは、GTH社とこのM-Thirtynine社です。そのM-Thirtynine社の作品が大コケとなると、事はかなり重大です。
 興行収入は、最初の一週間で1.18百万バーツだそうです。M-Thirtynine社は、今まではほとんどの作品でヒット・ラインと言われる30百万バーツ(約1億円)超えを果たしていました。今回は、会社創設以来の大ワースト記録ですね。
 公開当初、いつもの同社の作品より公開スクリーン数が少ないのは気になっていました。同時期に、大作の「キング・ナレースアン 5(King Naresuan 5)」が公開されていたせいもあるかもしれません。そして、公開二週目にはスクリーン数がさらに少なくなっただけでなく、各スクリーンでの上映が一日に付き1~2回だけという無残な形となっていました。
 ということで、既に作品の上映は終わってしまいましたが、プロモーション動画と関連ショート・ムービーの「チャー・チューイ クー・マイ・チューイ (レジェンド・オブ・チャー・チューイ/Ca Chui Ku Mai Chui /The Legend of Ja-Choei)」をお送りします。本編に関連したショートムービーはたくさん作られました。多分、各プロダクションを通して大学生を中心にして作られたのだと思いますが、残念ながらおもしろい作品はほとんどありませんでした。

[参考] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

「チャー・チューイ クー・マイ・チューイ」
[詳細] タイ映画ライブラリー

「SCOOP : จูน...เจออะไรกัน!?」


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

Trueチャンネルで公開中の「360° ビハインド・ザ・ドリーム」ビハインド・シーンとMV

Trueチャンネルで公開中の
「360° ビハインド・ザ・ドリーム」ビハインド・シーンとMV


360BehindTheDreamPoster2.jpg


 現在、タイのTrueチャンネルで公開中の「360° ビハインド・ザ・ドリーム(360°Behind the Dream)」のビハインド・シーンとMVです。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

ビハインド・シーン(รายการเบื้องหลังภาพยนตร์)


MV 「ถึงเวลา」


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

来月公開予定のM39社の新作「クワーム・ラップ・ナーン・マーン・ラーイ」ティーザー

来月公開予定のM39社の新作
「クワーム・ラップ・ナーン・マーン・ラーイ」ティーザー


KhuwamlapPH1.jpg


 来月公開予定のM39社の新作「クワーム・ラップ・ナーン・マーン・ラーイ(Khuwam Lap Nang Man Rai)」のティーザーです。M39社は今月新作を公開したばかりで、また公開するのですね。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

「Teaser ความลับนางมารร้าย​ (1) ฉบับสวยแอ๊บ!!」


「Teaser ความลับนางมารร้าย​ (2) ฉบับสวยแซ่บ!!」


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

「マン・プリーアオ・マーク」に関連したショート・ムービー「ルーク・コーフ ソン・ガーン・プルンニー・ナ」

ルーク・コーフ ソン・ガーン・プルンニー・ナ/Luk Golf Song Ngan Phrungni Na


 ホラー作品。自室にいた青年は何者かの気配を感じ取り、後ろを振り向くと…というストーリー。M-Thirtynine社の劇場公開作品「マン・プリーアオ・マーク(Mun Pleaw Mak)」<2014年>に関連した三分ものショート・ムービー。
 う~ん、結局この作品は何がいいたいのだ?ラストも理解できまい。そもそも、出てくる霊は何者なのだ?尺は4分31秒と長い。原題は、「コ゜ルフ・ボール 明日ゴルフ大会へ送って行って」というような意味。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

本編


テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

「マン・プリーアオ・マーク」に関連したショート・ムービー 「ファクトリー」

ファクトリー/Factory


 ホラー・コメディー作品。工場に住み込み?で働く青年。夜、作業終了後、洗濯をしていると工場内で機械が動く音が…というストーリー。M-Thirtynine社の劇場公開作品「マン・プリーアオ・マーク(Mun Pleaw Mak)」<2014年>に関連した三分ものショート・ムービー。
 プロダクションは、กลุ่มเพื่อนตั๋ง Major Film & Digital media DPU.。映像が暗くて観にくい。最後の落ちが理解できない。原題は、「工場」という意味。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

本編


テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

「マン・プリーアオ・マーク」に関連したショート・ムービー 「クルーアイング」

クルーアイング/Kluaing


 ホラー・コメディー作品。映画の撮影中に…というストーリー。M-Thirtynine社の劇場公開作品「マン・プリーアオ・マーク(Mun Pleaw Mak)」<2014年>に関連した三分ものショート・ムービー。
 最後の落ちがよく分からない。エンド・ロールが長く、本編は2分30秒しかない。原題は、「恐れている」という意味か?

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

本編



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ