GTH7周年記念作品、三つのラブ・ストーリーのオムニバス/「セブン・サムシング」

セブン・サムシング/Seven Something


SevenSomethingPoster1.jpg


 GTH社(GMM Tai Hub Co., Ltd.,)の創立7周年記念作品(この7周年というのは、2004年が基準になっている。GTH社はタイの大手エンターテイメント会社のGrammy系の映画会社で、「ジーエムエムグラミー(GMM GRAMMY)」、「タイ・エンターテインメント(Thai Entertainment)」、「ハブ・ホ・ヒン・フィルム(HUB-HO-HIN FILM)」が合併してできた会社)。三つのラブ・ストーリーのオムニバス作品。韓国のアイドル・グループ2PMのメンバーで、タイ人の父とアメリカ人の母を持つニチクン・バック・ホルベチクル(ニックン)が映画初出演していることでも話題となった。多くのゲスト出演者がいて、見つけるのが楽しい。


【14】   ★★★
 ハイ・ティーンの学生プアン(チラーユ・ラオーンマニー)とミル(スタッター・ウドムシン)の愛とソーシャル・メディアの物語。プアンとミルは恋人同士でうまくいっていたが、プアンはミルと付き合っている様子を写真や動画でソーシャル・ネットワーク(SNS)にアップしたことから二人の間が・・・というストーリー。
 チラーユ・ラオーンマニーは、日本でも劇場公開された「THE KING 序章 ~アユタヤの若き英雄~(King Naresuan Episode1)」<2007年>では準主役ともいえるプララーチャマヌー(พระราชมนู)の子供時代を演じていた。日本の映画祭で上映された「ラスト・サマー(Last Summer)」<2013年>、「サック・シード(Suck Seed !!)」<2011年>では、主演を演じた人だ。
 スタッター・ウドムシンは、若いながら大ヒットホラー「ラッダー・ランド(Ladda Land)」<2011年>でスパンナホン賞・助演女優賞を取った人だ。日本の映画祭で上映された「ラスト・サマー」では、チラーユ・ラオーンマニーと共演している。作中でマンダリンを弾きながら歌を歌うシーンがあるが、本人が歌っているのであろうか?
 ゲスト出演者もすごい。サヤーム・スクエアーで主演の二人が記念撮影しているところに突然現れた芸能人は、ラッチャウィン・ウォンウィリヤとアーラク・アモンパシリだ。その二人が以前は付き合っていたのだが、今では別れているという設定もおもしろい。そして、コーンポープ・チャンチャルーンも、天使のアーティスト役で出てくる。それから、回転寿司店内でスマートフォンで動画を観ているのは蒼井そらだ。BTSの車内で動画を観ていたのは、有名になる前のアッタルット・コンラーシーか?また、声は吹替えられているが、日本で公開された「フェーンチャン ぼくの恋人(Fan Chan /My Girl)」<2003年>のシーンも使われている。
 全体的に若々しい感じが出ているのは、いかにもGTH作品らしい。安易にSNSを利用する問題(危険性)を描いた作品でもある。ただ、オムニバスであるとはいえ、あの終わり方はちょっとなという感じになっている。このカップルがどうなるかは観客の判断に任せるということなのであろうが、尻切れトンボのような気がする。
 パウィーン・プーリチットパンヤー監督には「フォウビア 2(Phobia 2)」<2009年>の中の「Novice(見習い僧)」、「フォウビア(Phobia)」<2008年>の中の「Deadly Charm」、「ボディー(Body)」<2007年>などの作品がある。タイトルの「14」というのは、おそらく14歳という意味。

【21/28】   ★★
 水族館に勤めるダイバーのチョーン(サンニー・スワンメターノン)と女優メーム(クリット・ホーワン)の21歳の時と28歳時に再会した際の物語。
 全体的には、ちょっと物足りないかなという感じだ。7年前と現在の場面が激しく入れ替わるので、少し観づらい気もする。おそらく、それゆえクリス・ホーワンの現在の時は、髪の毛の色を目立つように染めていたのであろう。ラストも盛り上がりに欠ける気がする。
 物語のメイン舞台となった水族館は、バンコクのショッピング・モール「サヤーム・パラゴン(サイアム・パラゴン)」内にある「サヤーム・オーシャン・ワールド(サイアム・オーシャン・ワールド/Siam Ocean World)」。サメのいる水槽の中で、ダイビングなどをすることもできる場所だ。
 サンニー・スワンメターノンは作品中でだぶついた体を見せているが、あれは本当に彼が役作りのために太ったのだとか。彼のファンにとってはショックであろうが、あの体は一見の価値がある?また、彼は泳げなかったのだが、この作品のために練習したらしい。彼は、日本の映画祭で上映された「ディアー・ダーカンダー(親友/ディアー・ダカンダ/Dear Dakanda)」<2005年>などに出演している。
 髪の毛の色を何回も変えて登場してくる主演女優のクリット・ホーワンは、日本の映画祭で上映された「ヘッドショット(Headshot)」<2011年>、「バンコク・トラフィック・ラブ・ストーリー(Bangkok Traffic Love Story)」<2009年>などに出演しているので知っている人もいるであろう。タイでは大人気の女優である。
 ゲスト出演は、映画のオーディション会場に来たのがヌンティダー・ソーポンとパッタラサヤー・クルーアスワンシリ、プリーチャヤ・ポンタナーニコン。映画賞の授賞式の会場にいたのは、チャンタウィット・タナセウィーとポンサトーン・チョンウィラート。そして、その時司会をしていたのがチャルームポン・ティカマポーンティラウォン。ヌンティダー・ソーポンのスクリーン登場は、デビュー作の「アンニョン! 君の名は(Hello Stranger)」<2010年>以来だ。
 アディソン・トリーシリカセーム監督には、日本で劇場公開された「フェーンチャン ぼくの恋人(Fan Chan)」<2003年/※共同監督>、日本の映画祭で上映された「バンコク・トラフィック・ラブ・ストーリー(Bangkok Traffic Love Story)」<2009年>や「ビター・スイート ボイド・ポッド ザ・ショート・フィルム(BitterSweet BoydPod The Short Film)」<2008年>の中の「ノーン・ウーイ」などの作品がある。
 原題の「21/28」とは、「21歳と28歳」を意味している。

【42.195】   ★★★
 愛する夫に先立たれた中年女性(スークワン・ブーンクン)と青年(ニチクン・バック・ホルベチクル)のマラソンを通してのラブ・ストーリー。
 主演の映画初出演コンビがなかなかいい。スークワン・ブーンクンはつらい人生を送って来たという感じがよく出ているし、ニチクン・バック・ホルベチクルはちょっと不思議な風貌だが(整形しまくり説がある)、青年の気持ちの暖かさが出ている。スークワン・ブーンクンは、本物のニュース・キャスターなのだそうだ。この作品への出演がきっかけかどうかは分からないが、化粧品のコマーシャルにも出演している。作品的にもまとまっていて、本オムニバス三作の中では一番いいのではないだろうか。
 物語の舞台となっているマラソンの練習コースは、バンコクのルムピニー公園。原題の「42.195」とは、マラソン・レースの走行距離(km)のことである。
 日本では、第8回大阪アジアン映画祭で上映された。チラ・マリクン監督には、日本の映画祭で上映された「メコン・フル・ムーン・パーティー(Mekhong Full Moon Party)」<2002年>や「ティン・マイン(The Tin Mine)」<2005年>などの作品がある。


 GTH社の作品にはいい作品が多いのだが、この作品全体としてはいまひとつという感がある。タイのエンターテイメント・サイトSiam Zoneのユーザー評価でも7.88点(満点は10点。投票数107。2012年12月15日現在)とあまり高くないので、タイの人たちの評価もそうなのだろう。
 興行成績はUS$2,194,362と数字だけ見ればいい数字だが、ヒット・メーカーのGTH社が大宣伝をかけた結果としては納得がいかない数字であろう。作品のエンド・ロールにも使われているが、女性歌手ダー・エンドーフィン(ดา เอ็นโดรฟิน)の歌う豪華出演者によるMV(作中とは若干内容が違う)がいい。日本版DVDの発売は、竹書房。



[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

来週公開予定の猫映画「キャット・ア・ウェープ」のプロモーション動画

来週公開予定の猫映画
「キャット・ア・ウェープ」のプロモーション動画


CatAWabbPoster3.jpg


 タイで、3月4日公開予定の猫映画「キャット・ア・ウェープ(CAT A WABB)」のプロモーション動画です。この作品観たいです。ですが、どうでしょうかね?タイ映画って、動物使うの下手なのでね。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

เป้-เฟิร์น จิ้นกลางกอง "แคทอ่ะแว้บ" แบบว่าสนิ๊ท สนิท อ่ะ
(ペーとバイフーン編)



อุปสรรครักคุด งานเขาทำกันดีๆพอมีเธอมา มันก็แมวหล่ะเซ่


เฮร้ย!!! นี่ไม่ใช่หนังแมว แต่มีแววจะเป็นหนังรักนะ #แคทอ่ะแว้บ !


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

スパンナホン賞、「最優秀作品賞」ノミネート作品

スパンナホン賞、「最優秀作品賞」ノミネート作品


TeachersDiaryPoster2.jpg   TookaeRukPangMakPoster11.jpg
左: 「先生の日記」   右: 「チェン・カーン・ストーリー」


 今回のスパンナホン賞・最優秀作品賞にノミネートされたのは、「チェン・カーン・ストーリー(トゥッケー・ラック・ペーン・マーク/Chiang Khan Story)」、「コンクリートの雲(コンクリート・クラウズ/Concrete Clouds)」、「アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー(I Fine..Thank You..Love You)」、「プレー・カオ(Plae Kao)」、「先生の日記 (ティーチャーズ・ダイアリー/キトゥン・ウィタヤー/Teacher's Diary)」です。
 いやあ、今年は何とバランスが取れたノミネート作品なのでしょう。「チェン・カーン・ストーリー」は、新興の映画会社の作品です。小規模公開だったのですが、いい作品だと口コミが広がり悪くない興行収入を上げました。
 「コンクリートの雲」は、東京国際映画祭でも上映されたインディーズ作品です。いい作品でしたが、評論家受けするタイプの作品ですね。
 「アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー」は超大ヒットしたコメディーで、タイ映画史上、タイ映画としては二番目?の興行収入を上げました。
 「プレー・カオ」は、有名な小説を映画化した文芸大作です。実に、同作五度目の映画化です。
 「先生の日記」は、東京国際映画祭でも上映されました。山間の湖上にある学校を舞台にした、感動のストーリーです。
 一年間で三本しか公開していないGTH社の作品が二本もノミネートされているのは、今のタイ映画界の状況を示しているのでしょうかね? 繰り返しになりますが、「アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー」はまだ観ていません。今年のノミネート作の内容からすると、どの作品を選ぶかはその人の好みの問題だと思います。昨年は高評価の超大ヒット作「愛しのゴースト(ピー・マーク/ピー・マーク プラカノーン/Pee Mak Phra Kanong)」<2013年>を押しのけ、インディーズ作品の「タン・ウォン ~願掛けのダンス~(タン・ウォ/Tang Wong)」が受賞しました。
 ほとんど当たらない予想をすると、◎「チェン・カーン・ストーリー」、○「先生の日記」です。個人的には、「先生の日記」がダントツの一押しなのですが。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

本日公開予定の「クルーア・トー」

本日公開予定の「クルーア・トー」


KhuruaToPoster2.jpg


 タイで、本日公開予定の「クルーア・トー(Khurua To)」です。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

第七回沖縄国際映画祭で、タイ映画「タイムライン」上映

第七回沖縄国際映画祭で
タイ映画「タイムライン」上映


OkimawaFes2015Poster2.jpg   TimelineChotmaiPoster3.jpg


 第七回沖縄国際映画祭で、タイ映画「タイムライン(タイムライン チョットマーイ・クワームソンチャム/Timeline Chotmai Khwamsongcham)」<2014年>が、特別招待作として上映されます。この作品は、「アジアフォーカス 福岡国際映画祭 2014」、「第27回東京国際映画祭」に次いで日本の映画祭では三回目の上映になります。
 この作品のセレクトはかなり意外な気がします。「島」つながりで選んだのでしょうか?同じ島つながりなら、長崎県の軍艦島で撮影された「Hプロジェクト(ハシマ・プロジェクト/H Project/Hashima Project)」<2013年>などよかった気がするのですがね。日本の西野翔も出ていましたし。

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー

◆第七回 沖縄国際映画祭

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

来週公開予定の猫映画「キャット・ア・ウェープ」のプロモ動画「ノーンチャチャチャー編」

来週公開予定の猫映画「キャット・ア・ウェープ」の
プロモ動画「ノーンチャチャチャー編」


CatAWabbPoster4.jpg


 タイで、3月4日公開予定の猫映画「キャット・ア・ウェープ(CAT A WABB )」のプロモ動画「チューサック・イーアムスック(ノーンチャチャチャー)編」です。気付かなかったのですが、上のポスターはノーンチャチャチャーだったのですね。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

スパンナホン賞、「最優秀主演女優賞」ノミネート作品

スパンナホン賞、「最優秀主演女優賞」ノミネート作品


TeachersDiaryPoster1.jpg   IFineThankYouLoveYouPoster1.jpg
左: 「先生の日記」   右: 「アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー」


 今回のスパンナホン賞・最優秀主演女優賞にノミネートされたのは、「コンクリートの雲(コンクリート・クラウズ/Concrete Clouds)」のチェーンスダー・パーントー、「タイムライン(タイムライン チョットマーイ・クワームソンチャム/Timeline Chotmai Khwamsongcham)」のチャリンポーン・チュンキアット、「プレー・カオ(Plae Kao)」のダーウィカー・ホーネー、「アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー(I Fine..Thank You..Love You>)」のプリーチャヤ・ポンタナーニコン、「先生の日記 (ティーチャーズ・ダイアリー /キトゥン・ウィタヤー/Teacher's Diary)」のチューマーン・ブンヤサックです。
 「コンクリートの雲」のチェーンスダー・パーントーは、日本の映画祭で上映された「手あつく、ハグして(ハンドル・ミー・ウィズ・ケアー/Handle Me with Care)」<2008年>にも出演しています。この人は大人の魅力を出していてよかったのですが、同作で助演女優賞にノミネートされているアピンヤー・サクンチャルーンスックとどっちが主演であろうかと考えてしまいます。
 「タイムライン」のチャリンポーン・チュンキアットは、人気者の若手女優です。ノンシー・ニミブット監督いわく、「彼女はこの作品にはなくてはならないキャラクターでした。いくら男性を誘っても、いやらしさが感じられないのでね」。その通りで、彼女のさわやかさがとても良かったです。
 「プレー・カオ」のダーウィカー・ホーネーは、まだ出演作品は多くありません。しかし、昨年の「愛しのゴースト(ピー・マーク/ピー・マーク プラカノーン/Pee Mak Phra Kanong)」<2013年>に続いてのノミネートです。
 「アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー」のプリーチャヤ・ポンタナーニコンは、GTH社系の作品で活躍している人です。日本の映画祭で上映された「ATMエラー(ATM ウー・ラック・エラー/ATM Er-rak Error)」<2012年>に出演しています。私は今回の作品をまだ観ていないのですが、トレーラーを観る限り体を張ったものすごい演技をしています。彼女の評価もいいようです。
 「先生の日記」のチューマーン・ブンヤサックは、5本の指に入る?タイの人気女優です。日本で公開された「ミウの歌(ラブ・オブ・サイアム/サイアム・スクエア/The Love of Siam)」<2007年>、「地球で最後のふたり(Last Life in the Universe)」<2003年>、日本の映画祭で上映された「ウモーン・パー・ムアン - 羅生門(アウトレイジ/The Outrage)」<2011年>、日本でDVD化された「609 (ロクマルキュウ/Buppha Ratree)」<2003年>、「ザ・パーク(The Park)」<2003年/香港>などに出演しています。30歳代になってしまいましたが、とても美人ですよ。
 この主演女優賞は、毎年大混戦で予想が付きません。そして、たいてい予想が外れます。プリーチャヤ・ポンタナーニコンの評価が高いようですが、どうでしょうか? スパンナホン賞はインディーズ作品から選出することも多いので、チェーンスダー・パーントーもあり得ます。ですが、この人は主演か?という疑問が残ります。チャリンポーン・チュンキアットも十分に可能性があるとみています。個人的には、チューマーン・ブンヤサックにあげたいですね。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

先日公開された「プアン・キート・セーン・タイ」のプロモーション動画

先日公開された「プアン・キート・セーン・タイ」のプロモーション動画


PhuanChitSenTaiPoster1.jpg


 タイで、先日公開された「プアン・キート・セーン・タイ(Phuan Khit Sen Tai)」のプロモーション動画です。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

「情報を研究する(ค้นคว้าข้อมูล)」


「กว่าจะได้ถ่าย」


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

スパンナホン賞、「最優秀主演男優賞」ノミネート作品

スパンナホン賞、「最優秀主演男優賞」ノミネート作品


ConcreteCloudsPoster21.jpg   Plaekao2014Poster1.jpg
左: 「コンクリートの雲」   右: 「プレー・カオ」


 今回のスパンナホン賞・最優秀主演男優賞にノミネートされたのは、「先生の日記 (ティーチャーズ・ダイアリー /キトゥン・ウィタヤー/Teacher's Diary)」のスクリット・ウィセートケーオ、「チェン・カーン・ストーリー (トゥッケー・ラック・ペーン・マーク/Chiang Khan Story)」のチラーユ・ラオーンマニー、「プレー・カオ(Plae Kao)」のチャイヤポーン・チューリアン、「アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー(I Fine..Thank You..Love You>)」のサンニー・スワンメターノン、「コンクリートの雲(コンクリート・クラウズ/Concrete Clouds)」のアナンダー・エバリンハムです。
 「先生の日記」のスクリット・ウィセートケーオは事実上の映画初出演ですが、演技経験はTVや舞台など十分にあります。タイでトップ・クラスの人気を誇る歌手&男優です。愉快な人情味あるキャラクターを好演していました。
 「チェン・カーン・ストーリー」のチラーユ・ラオーンマニーは、日本の映画祭で上映された「セブン・サムシング(Seven Something)」<2012年>の中の「14」、「サック・シード(Suck Seed !!)」<2011年>の主演男優です。日本で公開された「THE KING ~アユタヤの勝利と栄光~(King Naresuan Episode 2)」<2008年>、「THE KING 序章 ~アユタヤの若き英雄~(King Naresuan Episode 1)」<2007年>にもメイン・メンバーとして出演していました。静的な役だったのですが、いいムードを出していました。二年連続のノミネートです。
 「プレー・カオ」のチャイヤポーン・チューリアンは、人気上昇中の男優です。彼は、これで三年連続のノミネートです。日本の映画祭で上映された「ウモーン・パー・ムアン - 羅生門(アウトレイジ/The Outrage)」<2011年>にも出演していました。
 「アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー」のサンニー・スワンメターノンも人気男優です。二年前にもスパンナホン賞にノミネートされました。
 「コンクリートの雲」のアナンダー・エバリンハムは、日本でもおなじみですね。日本で劇場公開された「心霊写真(Shutter)」<2004年>、日本の映画祭で上映された「ウモーン・パー・ムアン - 羅生門(アウトレイジ/The Outrage)」<2011年>、「ランカスカ海戦 パイレーツ・ウォー(Queens of Langkasuka)」<2008年>や日本でDVD化された「レッド・イーグル(Red Eagle)」<2010年>、「ミー・マイセルフ 私の彼の秘密(Me...Myself)」<2007年>などに主演し、「元カノ Death (フェーン・マイ/Fan Mai/My Ex 2 Haunted Lover)」にも少し出演していました。男の色気があふれる男優です。ほれぼれするような、とてもいい味出していました。
 この賞も混戦模様で、だれが受賞するかは全く分かりません。個人的には、◎アナンダー・エバリンハム、○チラーユ・ラオーンマニーです。私は、「アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー」は観ていません。アナンダー・エバリンハムは受賞経験があるので、嫌われるかもしれません。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

来月公開予定「モー 6/5 パーク・マー・ター・ピー 3」のビハインド・シーン

来月公開予定のシリーズ第三作目「モー 6/5 パーク・マー・ター・ピー 3」


Mo653Poster1.jpg


 タイで、来月公開予定のシリーズ第三作目「モー 6/5 パーク・マー・ター・ピー 3(Mo 6/5 Pak Ma Tha Phi 3)」のビハインド・シーンです。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

ビハインド・シーン
「เบื้องหลัง มอ6/5 ปากหมาท้าผี 3」


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ