タイでは珍しいゾンビを扱ったホラー史劇「ブラック・デス」のプロモーション動画

タイでは珍しいゾンビを扱ったホラー史劇
「ブラック・デス」のプロモーション動画


TheBlackDeathPoster2.jpg


 タイでは珍しいゾンビを扱ったホラー史劇「ブラック・デス(The Black Death)」のプロモーション動画です。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

การกลับฟื้นชีวิตขึ้นใหม่อีกครั้งในคราบของอสูรร้าย


ฝูงผีห่า บุกงาน Comic Con


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイ北部地方を舞台に、さわやかに同性婚問題を描く/「1448 ラブ・アマング・アス」

1448 ラブ・アマング・アス/1448 Love among us


LoveamongusPoster1.jpg


 レズビアンものドラマ。女子大生のピム(アピンヤー・サクンチャルーンスック)は、恋人のナム(プーディット・クンチャナソンクラーム)との間がぎくしゃくしだしていた。そんな時、偶然に写真を撮っていた女性ペート(イザベラ・レーテー)と知り合う。そして、ピムとペートは愛し合うようになるが、周囲の社会がそれを認めない…というストーリー。
 FilmWorks BG、FilmCO-OP作品。物語は、タイ北部のパーイやチェンマイを中心に展開する。レズビアンの結婚が認められない苦悩を描いているようだったので、もっと重い感じの作品かと思ったらそうではなかった。かなりあっさりとしている。それだけに、物語を深く掘り下げているとは言えないが、とてもさわやかできれいに仕上がっている。いい作品だ。本作は、二人の女性の結婚式シーンから始まる。結婚式が物語のゴールかと思ったら、そうではなかった。また、ペートがあまりにも突然に車で○○してしまったのは、唐突過ぎるような気がする。
 ちょっと驚いたのは、監督のアルンサック・オーンラオーが男性だということだ。作品の雰囲気的には、女性監督ではないかと思っていたのだが。初監督作品のようだ。アピンヤー・サクンチャルーンスック、イザベラ・レーテーと女性ボーカル役の女優(名前不詳)のファッションも楽しめる。
 ピム役のアピンヤー・サクンチャルーンスックがとてもかわいらしくていい。ウェディング・ドレスや喪服姿を披露している。葬式用ドレスは普通であったが、純白のウェディング・ドレスとてもすてきだった。彼女のレズビアン・シーンもある。彼女は、日本の映画祭で上映された「コンクリートの雲(コンクリート・クラウズ/Concrete Clouds)」<2014年>、「すご〜い快感 (フィン・スゴイ/フィン・プロジェクト/Fin Sugoi/Fin Project)」<2014年>、「帰り道(アイ・キャリード・ユー・ホーム/パーダン・ベサー/I carried you home/Padang Besar)」<2011年>、「風の音、愛のうた(Loving You, Loving Me)」<2011年>や長崎県の軍艦島で撮影された「Hプロジェクト(ハシマ・プロジェクト/H Project/Hashima Project)」<2013年>などに出演している。二度もスパンナホン賞を受賞している(2015年現在)実力派だ。
 ペート役のイザベラ・レーテーも不思議な魅力があった。彼女は年齢不詳のような気がするが、映画公開年で28歳。思ったより若かった。映画は初出演。胸が大きそうで気になっていたが、他の作品ではヌードも披露している。
 ペートの弟役を演じていたさわやかな感じの青年パンタドン・チャングーンは、「クリアン・フィクションズ(Grean Fictions)」<2013年>に主演していた。
 原題はどうやって訳すのか?そのまま訳すと、「1448 私たちを愛する..だれのもの」となる。タイトルの「1448」とは、結婚を規定している(同性婚を禁止している?)法律の条文の1448条を表している。

[ タイのDVD販売サイト ]


[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

ゾンビ・ホラー「ブラック・デス」のMV

ゾンビ・ホラー「ブラック・デス」のMV


TheBlackDeathPoster2.jpg


 タイで今月公開された、ゾンビ・ホラー「ブラック・デス(The Black Death)」のMV等です。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

MV「Eternity(ไม่ว่าเมื่อไหร่)」
Sung by จีน กษิดิศ


O.S.T.
ไม่ว่าเมื่อไหร่ Eternity - เพลงประกอบภาพยนตร์ ผีห่าอโยธยา [Official Lyric Video]


จีน กษิดิศ รอบเพรส ผีห่าอโยธยา


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

本日公開予定の「イエス・オア・ノー 2.5 クラップ・マー..プア・ラック・ター」

本日公開予定の
「イエス・オア・ノー 2.5 クラップ・マー..プア・ラック・ター」


YesOrNo2_5Poster1.jpg


 タイで、本日公開予定の「イエス・オア・ノー 2.5 クラップ・マー..プア・ラック・ター(Yes or No 2.5)」です。

 ドラマ。日本の映画祭でも上映された「ジェリーフィッシュの恋(Yes or No/イエス・オア・ノー)」シリーズの傍系?作品。監督は、サラサワディー・ウォンソムペット(Sarasawadee Wongsompetch)からキラティ・ナークインタノンに変わっている。また、シリーズの主演二人の内片方のスチャー・マーナイン(スチャーラット・マーナイン/Sucharat Manaying)は、出演していないらしい。もう一方のスパナート・チットリラーは出演しているが、役名が前作までのキム(คิม)からワイ(ไวน์)に変わっている。
 相手役の三人の女性ピムパカーン・バーンチャウォン、スナンター・ユーンニヨム、チャンサコーン・キットティワタナコーンは、いずれも映画初出演。
 キラティ・ナークインタノン監督には、日本でDVD化された「ファースト・キス(First Kiss)」<2012年>、「シークレットルームNO.7(Secret Room NO.7)」<2006年>や「3 AM パート 2 (ティー・サーム クーン・サーム 3D/3 AM Part 2)」<2014年>の中の「コーンウェーン」、「スリー・エー・エム(3 A.M.)」<2012年>の中の「ルアン・ホー・コン・ターイ」などの作品がある。原題は、「イエス・オア・ノー 2.5 あなたを愛するために帰って来た」という意味。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

明日、タイで公開予定の高僧の実伝「クルーア・トー」

明日、タイで公開予定の高僧の実伝「クルーア・トー」


KhuruaToPoster2.jpg


 明日、タイで公開予定の高僧の実伝「クルーア・トー(Kruato)」です。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで現在公開中のホラー「ブラック・デス」/タイでは珍しいゾンビを扱ったホラー史劇

ブラック・デス/The Black Death


TheBlackDeathPoster1.jpg


 ホラー作品。アユタヤー時代、ある村の周辺で変死体が次々に発見される。一見コレラのようでもあったが、そうではなかった。やがて、死霊の群れが村人に襲いかかり…というストーリー。
 サハモンコン・フィルム配給。原作はコミックか?この作品は、基本的にタイでは珍しいゾンビものだ。あまり怖くないことが常のタイのホラーとしては、結構怖い内容となっている。コメディー色は一切なく、ゾンビの襲撃がそれなりに本当に怖いのだ。普通のタイホラーよりも、映像がかなり怖い。
 ただし、もう一つのタイ映画の常でコンセプトがしっかりしていない。要素としては、ゾンビ、コレラ、アクション、お色気、女性の父に許してもらえない愛等、詰め込め過ぎている。これだけの要素があるのに、上映時間は85分と比較的短い。
 そして、最大の問題はラストだ。このラストの内容のために、本作に低評価を与える観客は多いに違いない(※この作品を一緒に観ていたタイ人女性は、作中は怖がっていた。しかし、このラストで笑い出してしまったのだ)。ラストが尻切れトンボなのだ。これでは物語が終わっていない。これからまだまだ続きますよという感じの内容なのだ。これはダメであろう。
 本作には、「18歳超視聴可」の年齢制限が付いている。セクシー的要素もあるにはあるのだが、これはゾンビの残酷性によるものであろう。セクシー的要素を入れるのなら、もっとはっきり入れてもいいような気がする。だが、そうしてしまうと、アダルト作品になってしまうかもしれないが。
 ヒロインは三人登場してくるが、主人公の青年の恋人役よりもグラマーな女剣士(女性鍛冶師)の方が役的に魅力的だ。しかし、この役は、中途半端にしか描かれていない。この女剣士が強いのだか強くないのだかはっきりとしないのは、よくない。やはり、一番魅力的であったのは、言葉がしゃべれない遊女プローイ役のアーパー・パーウィライだ。最近、数多くの作品に出演しているが、出演者の中では一番気になる存在だ。
 悪人であるナーイチャン(นายจัน)役のチャラット・ナ・ソンクラーは、日本の映画祭で上映された「ガルーダ(Garuda)」<2004年>や日本でDVD化された「ラスト・アナコンダ(Vengeance)」<2006年>などに出演している。
 チャルームチャートリー・ユコン監督には、「インスペクター・マッド・ドッグ(ザ・コップ/Inspector Mad Dog/The Cop)」<2013年>などの作品がある。「インスペクター・マッド・ドッグ」は刑事ものハードボイルドなミステリー・アクションであったが、この作品も狂気を描きかなり怖い内容だった。原題は、「アユタヤーのコレラの霊」というような意味か?

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

現在公開中のアクション作品「ザ・ヴェンジェンス」のDVDが日本で8月5日リリース

現在公開中のアクション作品「ザ・ヴェンジェンス」のDVDが
日本で8月5日リリース


VengeanceOfAnAssassinPoster11.jpg


 現在、日本で公開中のパンナー・リットクライ監督の遺作アクション作品「ザ・ヴェンジェンス(ベンジェンス・オブ・アン・アサシン/Vengeance of an Assassin)」<2014年>のDVDが、日本で8月5日リリース予定となっています。何だかものすごい早い発売ですね。しかも、単館とはいえ、まだ上映中にDVD発売の発表がされるというのはどうなのでしょう?



[ 詳 細 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

「インシー・デーン」シリーズの女性版ではないです/「インシー・サーオ」

インシー・サーオ/Intri Sao


IntriSaoPH1.jpg


 格闘技&銃アクションもの。女性柔道家?と組織との戦いを描く。
 「インシー・デーン」シリーズの亜流女性版かと思ったら、仮面は全く付けていない。アクションは派手に見せてくれるのだが、ストーリーがいまひとつ成立していない。
 スッバシット監督には、「ナック・カー・ナー・ヨック(Nuk Kah Nah Yhok)<1987年>、「プート・サネハー(Phut Saneha)」<1987年>などの作品がある。原題は、「女鷲」という意味。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

結婚式場で次々に起こる怪現象と事件?の行方は/O.T. ピー オーバータイム

O.T. ピー オーバータイム/O.T. Phi Overtime


OvertimePoster15.jpg


 ホラー作品?町から離れたホテル?で、友人の結婚式の披露宴を行うことになった。しかし、そのホテル内で次々に不思議な現象が…というストーリー。
 ファイブ・スター・プロダクション作品。冒頭のシーンは、「スリー・エー・エム(ティー・サーム/3 A.M.)」<2012年>の中の「オーバータイム(O.T. /Overtime)」のものであろう。だれもいなくなったオフィースの中に、巨大なマグロのような魚が泳ぐ?姿はとても不気味であった。このシーンは、「スリー・エー・エム」にはあったであろうか?
 本作は、ホラーなのかドラマなのかコメディーなのか?ストーリー的にはホラー風のたちの悪い悪ふざけのオンパレードなのだが、笑えるようなコメディーではない。そして、霊も出て来たが、あれは本物だったのであろうか?本物でないとすると、ホラーではないことになる。ということは、スリラーなのか?
 とにかく、本作は悪ふざけの連続なのだ。物語は、6転7転8転9転、いや、それ以上だ。そのため、観客は「またかよ。どうせ、また・・・」と思ってしまうに違いない。いくら何でも、やり過ぎなのではないであろうか?ここまで悪ふざけが続くとラストはどうまとめるのであろうと思ったら、普通に終わってしまった。と思ったら、まだ続きがあり、そして最後はちょっと意味不明。
 どうでもいいことではあるが、ストーリー設定で不思議な点がある。披露宴には、たくさんの客が招待されていた。にもかかわらず、その披露宴のシーン以外では、ホテル内で大騒ぎが起きているのに中心人物の男女以外はだれも出て来ない(霊?は出て来るが)。これは、ちょっと不自然な気がする。
 。チャークリット・イェームナームは、日本でDVD化された「元カノ~憑き纏う女~(マイ・エクス/My Ex)」<2009年>、「Deadman デッドマン(Opa Patika)」<2007年>などに出演している。
 アナンダー・エバリンハムは、日本で公開された「心霊写真(Shutter)」<2004年>、日本の映画祭で上映された「コンクリートの雲 (コンクリート・クラウズ/Concrete Clouds)」<2014年>、「ウモーン・パー・ムアン - 羅生門(アウトレイジ/The Outrage)」<2011年>、「ランカスカ海戦 パイレーツ・ウォー(Queens of Langkasuka)」<2008年>や日本でDVD化された「レッド・イーグル(Red Eagle)」<2010年>、「メモリー(Memory)」<2008年>、「ミー・マイセルフ 私の彼の秘密(Me...Myself)」<2007年>などに主演し、「元カノ Death (フェーン・マイ/Fan Mai/My Ex 2 Haunted Lover)」にも少し出演している。
 チャークリット・イェームナームは、日本でDVD化された「元カノ~憑き纏う女~(マイ・エクス)」<2009年>、「Deadman デッドマン(Opa Patika)」<2007年>などに出演している。レー・メークドーナンは、日本でDVD化された「Deadman デッドマン」などに出演している。
 イサラー・ナディー監督には、日本で公開された迷作「ゴースト・フライト407便(407 Dark Flight)」<2012年>や「3 AM パート 2 (ティー・サーム クーン・サーム 3D/3 AM Part 2)」<2014年>の中の「コンテック」、「スリー・エー・エム」の中の「オーバータイム」、「アート・オブ・ザ・デビル 2(Art of the Devil 2)」<2005年/※共同監督>などの作品がある。

[ タイのDVD販売サイト ]


[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

幼い少女から見た家族、アカ族の社会/「ミージュー(ミーチュー)」

ミージュー(ミーチュー)/Mheejou


MheejouPoster1.jpg


 ドラマ。山岳少数民族であるアカ族の村に、NGOのTV撮影スタッフがやって来た。彼らは、村に地域TV局を設置しアカ族の人たちに番組を作ってもらおうとしたのだ。しかし、そのことに興味を持ったのは、少女のミーチュー(フーアナー・ヒローヤマー)だけであった…というストーリー。
 DVDのパッケージには「コメディー」と書かれているが、ジャンル的にはコメディーではない。しかし、ハート・ウォーミングなドラマを狙って作ったのであろうが、ストーリー内容がちょっと平坦過ぎだ。セミ・ドキュメンタリーのような感じで、残念ながらストーリーに盛り上がりが欠けてしまっている。
 アカ族独特の風俗習慣(民族衣装、コマ、ブランコ、観覧車、楽器、村の入り口にある門等)もちりばめられているが、それぞれ一瞬しか出てこないのでもったいない。そして、アカ族の社会では重要な役割を担う、シャーマン(呪術師)が出てこないのはどうしてか(それらしき人がいなかったわけではないが)?このシャーマンの協力なくして村内にTV局を作ることはできないはず(村が、キリスト教に改宗されてしまっていれば別だが)。それともうひとつ、当時、アカ族の中には写真を撮られると魂を取られると思い嫌う人たちがいたはずなのだが…。まあ、映画だからと言われてしまえばそれまでということになる。
 物語の多くの舞台は、アカ族の村と観光地ゴールデン・トライアングル(チェンセーン)。登場人物がアカ語で会話するシーンも多い。このアカ語の響きが独特で、とてもおもしろい。
 本作で一番の見どころは、主人公のアカ族少女役のフーアナー・ヒローヤマーが明るく笑顔がとてもかわいらしいことだ。笑い顔を見ているだけで心が洗われる気がする。彼女、アカ族ぽくない顔立ちだと思ったら、名前からも想像できるように日本とタイのハーフだそうだ(父親が日本人。つまり、アカ族ではない)。本作が映画デビュー作で、映画公開年で14歳になる(撮影当時、8歳だったそう)。映画が製作されたのは、公開された4~5年前らしい。
 スカンヤー・ウォンサターパット監督は女性。プロデューサーのプラチャヤー・ピンケーオは、日本で公開された「マッハ!無限大 (トム・ヤム・クン 2/ザ・プロテクター 2/Mach! Infinite/Tom Yum Goong 2/The Protector 2)」<2013年>、「チョコレート・ファイター(Chocolate)」<2008年>、日本でDVD化された「チョコレート・バトラー (ザ・キック/The Kick)」<2011年>などの監督を務めた人。
 興行収入は、US$15,559。日本では、2007年に「第17回アジアフォーカス福岡国際映画祭」で上映された。原題は、「アカ族 かわいい人」という意味。

[ タイのDVD販売サイト ]


[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ