古い大きな映画館を舞台に人間模様や愛が錯綜/「ポーンラーン・アメイジング・シアター」

ポーンラーン・アメイジング・シアター/Ponglang Amazing Theater


PonglangAmazingTheaterPoster1.jpg


 ホラー・コメディー。トー(ソムポン・クナープラトム)は、おじさんから古い巨大な映画館を引き継いだ。しかし、映画館は経営危機に瀕していた。トーは、この映画館をショー・シアターに生まれ変えようとして…というストーリー。
 タイトルから見て音楽映画かと思ったら、そういうわけではない。タイ映画には、よくありがちなパターンのコメディー作品だ。作品全体のストーリー展開をそっちのけで、その時その時に笑いを取ることを考えている。本作の場合、出演者が多いせいもあり、その関係で場面場面がつながりなく唐突に変わっていく。
 また、タイ人好み?の下ネタ系ギャグも満載している。お尻を出してオナラをしたり、トイレ内で○○したりと、ちょっと閉口してしまう。そして、男優が全裸で(観客には背中しか見えていないが)複数の出演者の前に登場してくるシーンには、何をか言わんやである。ちなみに、その時の男優はコーム・チュアンチューンが演じている役の人だったのだが、顔は見せていないので多分本人ではないであろう。だが、その裸を見せられた出演者の中には、女性出演者も複数いた。日本なら、ここまではやれない。
 作り手が、どこまでホラーを意識しているかは分からない。だが、霊たちは突然、中盤以降出てこなくなる。しかし、ラストにちょっと意外な落ちがあった。
 この作品、中心になるストーリーがないので最後はどうまとめるのかと思っていたら、ちょっとサプライズな設定でラストに霊を登場させ、意外にもハート・ウォーミングな最後になっていた。この辺は、評価してもいいだろう。
 作品の前半はどうなることかと思ったが、全体としてはそれなりに観ることができる作品に仕上がっている。
 主役のトーを演じたソムポン・クナープラトムとDuangrudee Boonbumroong、Khwannapa Reuangsriは、イサーン・コミック・バンド「ポーンラーン・サオーン(Pong Lang Sa On/(โปงลางสะออน)」のメンバー。彼らは、日本で劇場公開された「メモリー 君といた場所(The Memory/Ruk Jung)」<2006年>にも出演している。
 タイのエンターテイメント・サイトSiam Zoneのユーザー評価では、5.49点(満点は10点。投票数45。2015年4月現在)と低いものであった。しかし、興行収入は、US$2,406,323とヒットを飛ばしている。
 ルクチャイ・プアンペート監督には、「ファット・チャン・ト(Fud Jung To)」<2013年>、「クレイジー・クライイング・レディー (クン・ナーイ・ホー)(Crazy Crying Lady/Khun Nai Ho)」<2012年>、「バレンタイン・スウィーティー(Valentine Sweety)」<2012年>、「バンコク・スウィーティー(Bangkok Sweety)」<2011年>、「ルーザー・ラバー(Loser Lover)」<2010年>、「32 デッセンバー・ラブ・エラー(32 December Love Error)」<2009年>、「ホート・ナー・ヒアオ966(Hoht Naa Hieow 966)」<2009年>、「ヌードル・ボクサー(Noodle Boxer)」<2006年>などの作品がある。原題を直訳すると、「ポンラーン気取る サーイナーのラムシン」となるのだが。「ポンラーン」とは、ソムポン・クナープラトムらのバンドの名前で「タイ式の大きな木琴」を意味している。「サーイナー」とは、「ギャング・サーイナー」というバンド?のこと。「ラムシン」とは、タイの伝統音楽モーラム(หมอลำ)のテンポの速いもののこと。

[ タイのDVD販売サイト ]


[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

バーンとタカテーンのMV「バンコク・アレルギー」/「プーム・ペー・クルンテープ」

プーム・ペー・クルンテープ/Phum Phe Krungthep


 パーン(นครินทร์ กิ่งศักดิ์(ป้าง))とタカテーン(Takkatan Chonlada/ตั๊กแตน ชลดา)のMV「Phum Phe Krungthep(ภูมิแพ้กรุงเทพ)」。青年(チャイヤポーン・チューリアン)はバンコクで暮らしていたが、アレルギーでくしゃみが止まらなかった。しかし、そんな彼が、しばらく田舎で暮らすとくしゃみは消えてなくなってしまった。そして、そこで出会った女性と慕い合うようになるが…というストーリー。
 単純なストーリーなのだが、分かりやすくていい。原題は、「バンコク・アレルギー」という意味。普通のバーンの静かな歌声とタカテーンのこぶしの効いたパンチのある声の対比がおもしろい。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

ภูมิแพ้กรุงเทพ


テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

札幌を舞台にしたヌーナーのラブ・ストーリーMV/「ヌアイ・コー・パック マイ・ラック・コー・ポー」

ヌアイ・コー・パック マイ・ラック・コー・ポー/Nhuey Gaw Puk Mai Ruk Gaw Paw


 日本の札幌を舞台にしたラブ・ストーリー。ヌーナー(ヌンティダー・ソーポン)には好きな男性がいた。しかし、その男性は、そのことに気付かないばかりか別の女性を慕っていたのだ。しかも、その女性にふられてしまい、それを知ったヌーナーは…というストーリー。
 ヌンティダー・ソーポンのストーリー性のあるMV(ミュージック・ビデオ)。上映時間は13分弱。短い時間の中でよく表現できている。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

เหนื่อยก็พัก ไม่รักก็พอ - หนูนา หนึ่งธิดา


テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

輸血でエイズに感染してしまった少女の苦悩を描く/「ドーター 2」

ドーター 2/Daughter 2


Daughter2Poster1.jpg


 ドラマ。13歳の少女ロット(マリサー・ニーンニター)は、以前に輸血したことが原因でHIV(エイズ)に感染していることが判明する。そして、その感染をTVで訴えたことにより、彼女は家族も含めた周囲から特別な目で見られるようになった。しかも、唯一の心のよりどころであった女性は・・・というストーリー。
 シリーズ第二作目。前作「ドーター(Daughter)」<1994年>は麻薬問題であったが、本作はエイズ問題が中心。父親役は、前作同様ソラポン・チャートリー。
 さすがにチャートリー・チャルーム・ユコーン監督の作品だけあり、映像には迫力がある。しかし、脚本はいまひとつという気がする。ラストの締めくくりの仕方もちょっと甘い。
 主演のマリサー・ニーンニダーは、本作が映画デビュー作。彼女はセクシー系のモデル&女優で、タイの男性誌「FHM」の「The Sexiest Model in Thailand 2013」などの賞に輝いている。エンド・ロールには、出演者の名前として日本人らしきものが複数あった。
 チャートリー・チャルーム・ユコーン監督には、日本で劇場公開された「THE KING ~アユタヤの勝利と栄光~(King Naresuan Episode2)」<2007年>、「THE KING 序章 ~アユタヤの若き英雄~(King Naresuan Episode1)」<2007年>、日本でVHS化された永瀬正敏が主演した「パウダー・ロード(ヘロイン/Powder Road/Heroin)」<1991年>や「キング・ナレースアン・エピソード 5(King Naresuan Episode 5 Elephant Battle)」<2014年>、「キング・ナレースアン・エピソード 4(King Naresuan Episode 4 The Nanda Bayin War)」<2011年>、「キング・ナレースアン・エピソード 3(King Naresuan Episode 3)」<2011年>、「レジェンド・オブ・スリヨータイ(The Legend of Suriyothai)」<2001年>、「ドーター(Daughter)」<1994年>、「ソング・オブ・チャオパヤー(Song of Chaophaya)」<1991年>、「アウト・オブ・ザ・ダークネス(Out of the Darkness)」<1971年>などの作品がある。原題は、「残念に思う 2」という意味。

[ タイのDVD販売サイト ]


[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

本日公開予定の「367ワン」

本日公開予定の「367ワン」


367WanHimAndHerPoster1.jpg


 タイで、本日公開予定の「367ワン(367 Won)」です。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

9月17日公開予定のエロティック文芸大作「メー・ビア」のMV

9月17日公開予定のエロティック文芸大作「メー・ビア」のMV


MaeBia2015Poster3.jpg


 タイで、9月17日公開予定のエロティック文芸大作「メー・ビア(Mae Bia)」のMVです。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

MV「ลาวคำหอม」
Sung by ฮัท จิรวิชญ์ พงษ์ไพจิตร หรือ ฮัท เดอะสตาร์ 8


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

サランヤーが歌う「ヤーク・ユット・ウェラー」という曲に聞き覚えが

サランヤーが歌う「ヤーク・ユット・ウェラー」という曲に聞き覚えが


PhiMarkPhrakhanongPoster1.jpg
「愛しのゴースト」


 たまたま、サランヤー・ソンサルームサワット(Saranya Songsermsawad/ศรัณย่า ส่งเสริมสวัสดิ์)が歌う「ヤーク・ユット・ウェラー(อยากหยุดเวลา)」という曲を聞いたのですが、なんだか聞き覚えがありました。そう、これ、日本でも公開された「愛しのゴースト(ピー・マーク/ピー・マーク プラカノーン/Pee Mak Phra Kanong)」<2013年>でパーミー(Palmy/ปาล์มมี่)が歌っていた曲ですね。どうぞ、聞き比べを。

[ タイのDVD販売サイト ]


[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

「ヤーク・ユット・ウェラー(อยากหยุดเวลา)」
Sung by サランヤー・ソンサルームサワット


「ヤーク・ユット・ウェラー(อยากหยุดเวลา)」
Sung by パーミー


テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

ラオスで展開する男女四組の素朴な愛情物語/「オールウェイズ・オン・マイ・マインド」

オールウェイズ・オン・マイ・マインド/Always on My Mind


AlwaysOnMyMindPoster1.jpg


 ラブ・ストーリー。様々な目的でラオスのビエンチャンへやって来たタイ人男性とラオス人女性の恋の物語。主人公である四人の男優陣は、おそらく役柄通りタイ人が務めている。女優陣はラオス人であろう。
 バンコクのエスプラナード・シネプレックス劇場でのみ、一日一回上映された。形の上では、交わらずに同時進行するオムニバス作品だ。男女のカップルが四組も登場した時にはどうなってしまうかと思ったが、意外にも?見事にさばいている。しかも、四組全てが悲恋物語?だということが分かった時には驚きで、ラストはどうやって収めるのだろうと不安になった。ラストはパワリット・モンコンピシットの組だけ少々物足りものがあるが、あとは「へえ~」という感じになっている。
 もちろん、監督の作風もあるのであろうが、とにかくラオスの素朴さが伝わってきてそれがいい味を出している。女優陣の一部の演技が素人っぽく、何だかそれもこの作品の魅力になっているような気がする。全体的に、とてもさわやかな感じに仕上がっている。
 ひとつ気になったのは、旅行雑誌のライターであるパワリット・モンコンピシットがカメラで写真を撮る時、立ち止まらずに歩きながらシャッターを切ることだ。プロなら、それは絶対にあり得ないことだ。あれは演出なのであろうか?
 主演男優のパワリット・モンコンピシットは、日本で公開された「ワン・テイク・オンリー(One Take Only)」<2001年>、「レイン(Bangkok Dangerous)」<2000年>や日本でもDVD化された「パラサイト・デビル(Body Jumper)」<2001年>、「バレット・ブレイク 死のカード(Bite Till Die: Card of Deth)」<2006年>、「バレット・ブレイク 謎のボックス(Bite Till Die: Killing Box)」<2006年>などに出演している。
 サックチャーイ・ディナーン監督には、ラオス三部作の「ラオ・ウェディング(Lao Wedding)」<2011年>、「フロム・パクセー・ウィズ・ラブ(From Pakse with Love)」<2010年>、「グッド・モーニング・ルアン・プラバン(Good Morning Luang Prabang)」<2008年>や「レッド・スカーフ(Red Scarf)」<2012年>、「パーイ・イン・ラブ(Pai in Love)」<2009年>などの作品がある。タイ題は「毎晩(あなたのことを)思っている」という意味。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

9月3日公開予定のGTH社作品「ハート・アタック」のMV

9月3日公開予定のGTH社作品「ハート・アタック」のMV


HeartAttackPoster3.jpg


 タイで、9月3日公開予定のGTH社作品「ハート・アタック(Heart Attack)」のMVです。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

MV Vacation Time


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

お酒お酒お酒、二人の愛の行方は如何に/「ラブ・オン・ザ・ロックス」

ラブ・オン・ザ・ロックス/Love On The Rocks


LoveOnTheRockPoster11.jpg


 ラブ・ストーリー。バクチョー(ナパラット・ラッタナニット)とファイリアオ(ピライポン・スピンチョムプー)はお互いに愛し合っていたが、関係があまりうまくいっていなかった。そして、ついにファイリアオが爆発してしまい…というストーリー。
 M-Thirtynine社作品。不振にあえぐ同社恒例の年末作品。年末作品は五年連続でヒットを飛ばしていたのだが、本作はヒット・ラインを超えることができず平凡な数字に終わってしまった。そして、三年以上に渡り11作品連続でヒット作を生み出していた同社は、これで三作連続でヒット作を生み出すことができなかったことになる。
 今回は、ヒット・メーカーであるスーパー・スターの女優マーチャー・ワタナパーニットを主演ではないものの起用した。にもかかわらず、敗れてしまったのは大きい。お酒がたくさん出て来る関係で、作品が「18歳超視聴可」という年齢制限が付いてしまったことも敗因の一つではある。しかし、M-Thirtynine社は、いつトンネルを抜け出すことができるであろうか?という感じになってしまった。
 さて、作品の内容だが、かなりいただけない内容だ。前半は、お酒を飲むシーンのオン・パレードで物語があまりない。後半は、物語が進んでいくもののかなりのいま一つ感がある。そして、ラストもあれでは物足りない。
 それからもう一つ。全体が、ストーリー的に暗過ぎないであろうか?ピー・ウ(マーチャー・ワタナパーニット)の部分もそうだが、主人公の二人の恋愛の部分も暗い。個人的な好みもあるだろうが、これでは作品を観終わった後、「ああ、楽しかった」というようにはならない。
 歌「チャイ・ナックレーン」「チャイ・クワーム・サムカン」「ラオ・チャー」はよかったのだが、作中ではあまり効果的には使われていなかった。主演のナパラット・ラッタナニットとピライポン・スピンチョムプーは、映画初出演。新人のようだ。マーチャー・ワタナパーニットは、日本で劇場公開された「ゴースト・フライト407便 (407 ダーク・フライト/407 Dark Flight)」<2012年>に出演したタイのスーパー・スター(女優&歌手)。
 第24回スパンナホン賞では、「助演女優賞」(マーチャー・ワタナパーニット)、「主題歌賞」にノミネートされた。
 サランユー・チラーラック監督には、日本の映画祭で上映された「ラスト・サマー(Last Summer)」<2013年/※共同監督>や「シークレット・サンデー(9 ワット/Secret Sunday/9 Wat)」<2010年>などの作品がある。原題を直訳すると、「乾杯を愛する」となるのだが。

[ タイのDVD販売サイト ]


[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ