「はしっこでも世界。ムヴィオラ15周年特集上映」でカンヌ受賞作品「ブンミおじさんの森」上映/ลุงบุญมีระลึกชาติ

「はしっこでも世界。ムヴィオラ15周年特集上映」で
カンヌ受賞作品「ブンミおじさんの森」上映
/ลุงบุญมีระลึกชาติ


HassikkoPoster1.jpg

UncleBoonmeePosterUSA1.jpg
「ブンミおじさんの森」


 「はしっこでも世界。ムヴィオラ15周年特集上映」で、カンヌ映画祭においてタイ初のパルムドール(最高賞)獲得作品「ブンミおじさんの森(Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives)」が上映されます。11月14日(土)、新宿K's cinemaで上映予定となっています。

 2010年の第63回カンヌ国際映画祭で、タイ映画として初めてパルムドール(最高賞)に輝いて話題を博した作品。重い病にかかった主人公の中年男性が、亡くなった妻の幽霊や行方不明になり猿人となって戻ってきた息子と人生最後の時を過ごすという不思議なストーリー。この作品を監督したアピチャーポン・ウィーラセータクンは分かりにくい作品を撮ることでも有名だが、この作品も例にもれずほとんど理解できない内容となっている。
 前半は変なストーリー展開であるもののなんとなくおもしろかったのだが、後半は展開が理解不能となり、ああ、いつものアピチャーポン監督の作品だという感じになってしまった。ラストの意味もまったく分からない。
 行方不明であった息子は猿人になっていたのだが、説明がなければオオカミ男だと思うであろう容姿だ。僧侶が僧衣を脱ぐシーンがあるのだが、僧衣って中はああいう風になってるんだと分かっておもしろい。また、タイ人は誰でも知っているものだが、電池式のラケット型蚊取り器も登場する。もちろん場面説明はないので、あれって普通の日本人には何だかわからないであろう。なんでも僧侶が出てくるシーンが問題で、タイ国内ではカットするしないでもめたとか(結局、ノーカットで上映されたのだが)。原題は「ブンミーおじさん、人生を回想する」と訳すのか?
 アピチャーポン監督の作品としては、他に山形国際ドキュメンタリー映画祭2001で優秀賞をとった「真昼の不思議な物体(Mysterious Object at Noon)」<2000年>、2003年の東京国際映画祭に出品された「アドベンチャー・オブ・アイアン・プッシー(The Adventure of Iron Pussy)」<2003年>、2004年度のカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞している「トロピカル・マラディー(Tropical Malady )」<2004年>、「シンドロームズ・アンド・ア・センチュリー(Syndromes and a Century)」<2007年>などがある。



[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー

◆はしっこでも世界。ムヴィオラ15周年特集上映

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

東京国際映画祭で本日上映のタイ映画「孤島の葬列」

東京国際映画祭で本日上映のタイ映画「孤島の葬列(The Island Funeral)」
/มหาสมุทรและสุสาน


m_THE_ISLAND_FUNERAL.jpg
(c)Extra Virgin


 東京国際映画祭で、本日上映のタイ映画「孤島の葬列」です。TOHOシネマズ 六本木ヒルズで、10:50からの上映予定です。好みで評価が割れそうな作品ですが、個人的にはこういう映像好きです。

 ドラマ作品。姉ライラー(サシトーン・パーニッチャノック)と弟、そしてその友人は、タイ深南部のバッタニー県まで叔母に会いに車で行くことになった。ライラーがハンドルを握ったのだが、方向音痴で道をたびたび間違えなかなか目的地に着くことができなかった。現地の人を道案内に雇い、やっと叔母の住む村の入り口までたどり着くが、彼女たちの目の前には海と島が現れ…というストーリー。
 Extra Virgin Co, Ltd製作。日本では、第28回東京国際映画祭で上映された。
 ロード・ムービーの形式をとった作品で、あまり大きなエピソードはなく物語は淡々と進んでいく。作品のバックには、異教徒?であるイスラム教やタイ深南部でのイスラム教徒との対立が描かれている。
 映像には力があり、全編神秘的なムードが漂っており魅力的だ。しかも、へたなタイ・ホラーよりも、怖さを感じるものになっている。そんな中、作品にコメディー的な要素はないのだが、弟の友人が道化役となっていておもしろく作品のアクセントになっている。このキャラクターがなければ、本作は退屈な作品になってしまっていたかもしれない。そして、作品の最後をどのようにまとめ上げるのか心配したが、無難に最後を締めくくっている。
 ライラーを演じた主演女優のサシトーン・パーニッチャノックは、日本で劇場公開された「ジャンダラ 背徳の情事(Jan Dara)」<2001年>、日本の映画祭で上映された「迫り来る嵐(Taloompuk)」<2002年>や日本でDVD化された「メテオ・クラッシュ(Meteor)」<2004年>などに出演している。また、シネマート六本木で行われた「マレーシア映画ウィーク」で上映された「盗人の第二の人生(Second Life of Thieves)」<2014年/マレーシア、オランダ、スイス>にも出演している。
 女流監督のピムパカー・トーウィラは、本作が日本の映画祭で上映された「ワン・ナイト・ハズバンド(One Night Husband)」<2003年>に次ぐ長編作品で、これが長編としては第二作目となる。その他、「マラリア・アンド・モスキートズ(Malaria and Mosquitoes)」<2014年?>、「ハート・ステーション(Heart Station)」<2013年>、「ザ・トルゥース・ビー・トールド ザ・ケース・アゲインスト・スピンヤー・クラーンナンロン(The Truth Be Told The Cases Against Supinya Klangnarong)」<2007年>などの作品がある。彼女はプロデューサーとしても有名で、日本の映画祭で上映された「稲の歌(ソングズ・オブ・ライス/The Songs of Rice/Pleng Khong Kao)」<2014年>、「アグラリアン・ユートピア(Agrarian Utopia)」<2009年>などではプロデューサーを務めている。

◆第28回東京国際映画祭

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

本日公開予定のホラー「ゴースト・シップ」/มอญซ่อนผี

本日公開予定のホラー「ゴースト・シップ」/มอญซ่อนผี


GhostShipPoster1.jpg


 タイで、本日公開予定のホラー「ゴースト・シップ(Ghost Ship)」です。ファイブ・スター・プロダクション作品。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村





テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

明日公開予定のコメディー「ラブ・アルーミライ」/เลิฟ อะรูมิไร้... รักอะไรไม่รู้

明日公開予定のコメディー「ラブ・アルーミライ」
/เลิฟ อะรูมิไร้... รักอะไรไม่รู้


LoveArumiraiPoster1.jpg


 タイで、明日公開予定のコメディー「ラブ・アルーミライ(Love Arumirai)」です。コメディー。Mun WorkProduction作品。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

Trailer 1


Trailer 2


M V


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

明日、東京国際映画祭で上映予定の「孤島の葬列」/มหาสมุทรและสุสาน

明日、東京国際映画祭で上映予定の「孤島の葬列」
/มหาสมุทรและสุสาน


m_THE_ISLAND_FUNERAL.jpg
(c)Extra Virgin


 明日、東京国際映画祭で上映予定の「孤島の葬列(The Island Funeral)」<2014年>です。

 サスペンス作品。ワールド・プレミア。Extra Virgin Co, Ltd製作。主演女優のヒーン・サシトーンは、シネマート六本木で行われた「マレーシア映画ウィーク」で上映された「盗人の第二の人生(Second Life of Thieves)」<2014年/マレーシア、オランダ、スイス>にも出演している。
 女流監督のピムパカー・トーウィラは、日本の映画祭で上映された「ワン・ナイト・ハズバンド(One Night Husband)」<2003年>に次ぐ長編作品で、これが長編としては第二作目となる。その他、「マラリア・アンド・モスキートズ(Malaria and Mosquitoes)」<2014年?>、「ハート・ステーション(Heart Station)」<2013年>、「ザ・トルゥース・ビー・トールド ザ・ケース・アゲインスト・スピンヤー・クラーンナンロン(The Truth Be Told The Cases Against Supinya Klangnarong)」<2007年>などの作品がある。彼女はプロデュースも行っており、日本の映画祭で上映された「稲の歌(ソングズ・オブ・ライス/The Songs of Rice/Pleng Khong Kao)」<2014年>、「アグラリアン・ユートピア(Agrarian Utopia)」<2009年>などではプロデューサーを務めている。

[ストーリー] ※東京国際映画祭HPより
 タイ南部のイスラム地域を旅するライラー。やがて彼女は眼前に姿をあらわした離島へと渡り、不思議な体験をする…。原題は、「大洋(大きな海)と墓」という意味。

◆東京国際映画祭

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

東京国際映画祭で上映のタイ映画「スナップ」、チケットはほぼ売り切れ状態

東京国際映画祭で上映のタイ映画「スナップ」
チケットはほぼ売り切れ状態


D52015-N51-024.jpg
左: チャートゥランラサミー監督 右: ワラントーン・パオニンさん

D52015-N51-019T.jpg
左: ワラントーン・パオニンさん 右: ティシャー・ウォンティプカノンさん


 東京国際映画祭で上映のタイ映画「スナップ(Snap)」<2015年>を観てきました。タイ本国では、まだ公開されていない作品です。24日の上映時は満席で、27日分は売り切れ、29日分は残席わずかとなっています(25日の深夜時点)。タイ映画で、三日間ほぼ満席状態というのはかなりすごいですね。コンペティション作品だからでしょうかね?

 プン(ワラントーン・パオニン)は、チャンタブリーの高校を卒業して8年が経った。彼女はバンコクに住み、まだプロポーズはされていないが結婚を考えているボーイ・フレンドがいた。そんな時、高校時代の友人が、結婚式をチャンタブリーで挙げることになった。そこには、高校時代の恋人で、転校したために別れ別れになっていたボーイ(トニー・ラークケーン)もカメラマンとして参加していた。プンは、昔通った学校などに思いを馳せ、当時の記憶が蘇り…というストーリー。
 製作は、True Visions Group、Song Sound Production、North Star Production。ラブ・ストーリーというよりも青春ものだ。スナップ写真のシーンを多用しているのが斬新な手法だとは思わないが、悪くない。また、映像的には、ノスタルジックな感じが出ていて観客の心を和ませてくれる。
 本作は、途中に大きなエピソードがなく、比較的淡々とラストまで描かれている。そのため、観客としてはストーリーがどこへ向かっているのかが分からず、どうしても少し長過ぎると感じてしまう。そしてラストだが、これもどこで終わるのかがよく分からないので、少々困ってしまう。着地は、もっときちっと決めないといけないであろう。
 作中のセリフ中に、日本でも劇場公開された大ヒット青春映画の「フェーンチャン ぼくの恋人(マイ・ガール/Fan Chan/My Girl)」<2003年>の名前が出てくる。もしかすると、本作はこの作品へのオマージュを込めているのかもしれない。ちょっと気になったのは、作中の(東京国際映画祭上映時の)日本語字幕に出てくるのは、「フェーン・チャン」という名前ではなく英題をかな表記した「マイ・ガール」というものなのだ。日本での公開時には「マイ・ガール」ではなく「フェーン・チャン」だったのだから、ここは字幕には当然「フェーン・チャン」とするべきであろう。そうしなければ、日本人には何のことだか分からないはずである。
 この作品の魅力の一つに、俳優陣の良さが挙げられる。主役の女性プンを演じたワラントーン・パオニンは、今回が映画初出演。何だか、韓国のポップ・アイドルを思い起こさせる顔つきだ。ちょこっとかわいらしく、初々しいが堂々とした演技を披露してくれた。彼女は現役の大学生とのことだが、全くの素人ではなくMV等への出演経験がある。カミカゼ(KamiKaze/กามิกาเซ่)創設時のメンバーだったようだ。ということは、歌も歌えるのか?相手役の男優トニー・ラークケーンは、主役級の人気者俳優だ。
 本作は、日本では第28回東京国際映画祭で上映された。コンデート・チャートゥランラサミー監督は日本でDVD化されている「レター 僕を忘れないで(The Letter)」<2004年>の脚本家で、日本の映画祭で上映された「タン・ウォン ~願掛けのダンス~(タン・ウォン)」<2013年>、「P-047 (ピー・ゼロ・フォー・セブン/P-047)」<2011年>、「手あつく、ハグして (ハンドル・ミー・ウィズ・ケアー/Handle Me with Care)」<2008年>や「サワッディー・バンコク(Sawasdee Bangkok)」<2009年>の中の「タマリンド・ゴースト」、「サイウ(Sayew)」<2003年>などを手がけている。また、「タン・ウォン ~願掛けのダンス~」では、第23回スパンナホン賞で、インディーズ作品でありながら作品賞、監督賞、助演男優賞、脚本賞を受賞している。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

◆第28回東京国際映画祭

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

「Snap First Look」


チャートゥランラサミー監督インタビュー
「คงเดช จาตุรันต์รัศมี เล่าถึงหนัง "สแน็ป" (Snap) ใต้กฎอัยการศึกมีรักโรแมนติกได้?」


テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

現在公開中のGTH作品「メー・フー (メー・ナイ ファイ・レーン・フルー)」/เมย์ไหน..ไฟแรงเฟร่อ

現在公開中のGTH作品「メー・フー (メー・ナイ ファイ・レーン・フルー)」
Special EP.2
/เมย์ไหน..ไฟแรงเฟร่อ


MayWhoPoster2.jpg


 現在、タイで公開中のGTH作品「メー・フー (メー・ナイ ファイ・レーン・フルー/May Who)」のSpecial EP.2動画です。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

1/5


2/5


3/5


4/5


5/5



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

アピチャーポーン監督の「世紀の光」が特別先行上映(「はしっこでも世界。ムヴィオラ15周年特集上映」)/แสงศตวรรษ

アピチャーポーン監督の「世紀の光」が特別先行上映
(「はしっこでも世界。ムヴィオラ15周年特集上映」)
/แสงศตวรรษ


HassikkoPoster1.jpg

SyndromesAndACenturyPoster3.jpg
「世紀の光」


 アピチャーポーン・ウィーラセータクン監督の「世紀の光(Syndromes and a Century)」<2006年>が、「はしっこでも世界。ムヴィオラ15周年特集上映」で上映されます(2016年公開作 特別先行上映)。新宿K's cinemaeで、11月7日(土)上映予定です。この作品、日本で劇場公開されるとはすごいですね。

 各国の映画祭では、タイの監督として常連のアピチャポン・ウィーラセータクン監督の作品。本作は、「9th Deauville Asian Film Festival, France, 2007」Best Film Award、「Asian Film Award, Hong Kong, 2007」Best Editor Award、「Fribourg International Film Festival, Switzerland, 2007」Special Mention、「Adelaide Film Festival, Australia, 2007」Honourable Mentionと、数々の賞を受賞している。
 作品は二部構成となっている。前半はは田舎の小さな病院が舞台となっており、後半は都会の近代的な病院である。作品全体のストーリー展開は理解不能。ただ、前半の田舎の病院で起きたこととほぼ同じことが、後半の同じ病院で起こる。メンバーもほとんど同じだが、セリフもほとんど変わらない。前半と後半の大きな違いは、人物を撮影する向きが前半では主人物の正面から撮影したものが後半は主人物の後ろから撮影したものとなっていることだ。
 確かに映像にはおもしろいものがあるが、ここまでストーリーが分からない(正確にはない?)と作品は楽しめない。しかし、数々の映画賞で評価を得ているのだから、楽しめる人がいるということなのだろうが。
 この作品の監督であるアピチャーポーン・ウィーラセータクンは、「ブンミおじさんの森(Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives)」<2010年>でカンヌ国際映画祭で最高賞を受賞した人で、2004年度のカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞している「トロピカル・マラディー(Tropical Malady )」<2004年>、2003 Tokyo International Film Festivalに出品されている「アドベンチャー・オブ・アイアン・プッシー(The Adventure of Iron Pussy)」<2003年>などの作品がある。
 英題は「症候群と世紀」、原題は「世紀の光」。

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー

◆はしっこでも世界。ムヴィオラ15周年特集上映

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

昨日公開された東京フィルメックスでも上映される「消失点(バニシング・ボイント)」/วานิชชิ่ง พอยท์

昨日公開された東京フィルメックスでも上映される「消失点(バニシング・ボイント)」
/วานิชชิ่ง พอยท์


VanishingPointPoster1.jpg


 タイで、昨日公開された東京フィルメックスでも上映される「消失点(バニシング・ボイント/Vanishing Point)」です。

 SF系で公開。作品のジャンルは、フィルム・ノワール(Film Noir)だそうだ。タイとオランダの合作。2015年のInternational Film Festival Rotterdamで、HivosTiger Awardを受賞した。日本では、第16回東京フィルメックスで上映。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

昨日公開された人気コメディー=ホラー・シリーズ第五弾「ホー・テーオ・テーク ヘーク・ナ・カ」/หอแต๋วแตก แหกนะคะ

昨日公開された人気コメディー=ホラー・シリーズ第五弾
「ホー・テーオ・テーク ヘーク・ナ・カ」
/หอแต๋วแตก แหกนะคะ


HorTaewTak5Poster1.jpg


 タイで、昨日公開された人気コメディー=ホラー・シリーズ第五弾「ホー・テーオ・テーク ヘーク・ナ・カ(Hor Taew Tak 5)」です。

 ホラー・コメディー作品。プラナコーン・フィルム作品。人気シリーズの第5作目?第1~3作目まではヒットを飛ばしたのだが、第4作目に数字の陰りが見えたために?製作が止まっていた。しかし、三年振りのシリーズ復活となる。少々意地の悪い想像をすると、大不振のタイ映画界にあって企画がなく、少しでもお客を呼べる可能性があるものを苦し紛れに持ってきたのかもしれない。
 ポット・アピルット監督には、日本でもDVD化された「マッハ! エンジェル MACH! ANGELS(Dangerous Flowers)」<2006年>や「モー6/5 パーク・マー ター・メー・ナーク(Mo 6/5 Pak Ma Tha Mae Nak)」<2014年>、「モー6/5 パーク・マー ター・ピー(Mo 6/5 Pak Ma Tha Phi(Make Me Shudder)」<2013年>、「スパイシー・ビューティー・クイーン ・イン・バンコク 2(Spicy Beautyqueen In Bangkok 2)」<2012年>、「ホー・テーオ・テーク 4 ヘーク・ムワークムワーク・コック(Hor-Taew-Tak 4 Haek Mak Mak Kok)」<2012年>、「ホー・テーオ・テーク 3(Hor Taew Tak 3)」<2011年>、「アンボーン・チャイルド(The Unborn Child)」<2011年>、「ソーリー・サーランヘヨー(Sorry Saranghaeyo)」<2010年>、「ターイ・ホーン (ダイ・ア・バイオレント・デス/Tai Hong/Die a Violent Death)」<2010年>の中の「ソップ・ナイ・テーン・ナム(Haunting Motel)」、「オー・マイ・ゴースツ(Oh My Ghosts!)」<2009年>、「サシー・プレイヤー(Sassy Player)」<2009年>、「イン・ペー・レー・セーマクーテ(スリー・クリップルズ/Yen Pe Le Semakute/Three Cripples)」<2007年>、「バンコク・ラブ・ストーリー(Bangkok Love Story)」<2007年>、「ホー・テーオ・テーク(Hor Taew Tak)」<2007年>、スパイシー・ビューティークイーン・イン・バンコク(Spicy Beautyqueen in Bangkok)」<2004年>などの作品がある。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ