本日をもって解散するGTH社のホラー「スイマーズ」/ฝากไว้ในกายเธอ

スイマーズ/The Swimmers


TheSwimmerPoster4.jpg


 今年も今日で最後です。本年のトリは、本日をもって解散するGTH社のホラー「スイマーズ」を紹介します。この作品、ようやく観ることができました。

 来年も、よろしくお願いいたします。

 ホラー。学生のプート(チュターウット・パタラカムポーン)とテーン(タナポップ・リーラットタカチョーン)は水泳の選手で、二人とも女学生のアイ(スパットサラー・タナチャート)に想いを寄せていた。しかし、ある日、アイはなぜか自殺してしまったのだ…というストーリー。
 GTH社作品。ホラーではあるのだが、ホラーぽくないというか何というか。「18歳超視聴可」という年齢制限が付いている。確かにティーン・エイジャーのキス・シーンなどは出てくるのだが、作品の前半はどうしてここまで厳しい制限が付いているのか不思議であった。だが、後半に、いやというほど妊娠問題と胎児が登場してくるので納得。
 観客は、作品冒頭のアイの唐突な自殺シーンを引きずりながら作品を観ることになる。そして、ラストの種明かし。確かに、アッと言わせてはくれるのだが、それは自殺についてであって作品の結末としてではない。ストーリーの結末にひねりはあるものの、あっけなさ過ぎる終わり方だ。
 それと、アイが簡単に死にすぎる。そして、入院中の歩けない病人を、簡単には拉致して院外に連れ出すことはできないはず。それにだ、歩くことさえままならない病人が、なぜ急に元気になって泳ぐことができるのだ。最後の詰めのシーンは、ホラーなのにちょっと笑えてしまう。
 観終わった後、この作品は何であったのだろうと考えてしまう。娯楽ホラー?それとも、ティーン・エイジャー向けの妊娠問題を扱った作品なのだろうかと。全体的に、ストーリーの弱さが目立っている気がする。
 MVなどのプールでの水中シーンの撮影は見事だ。実際に、水中で撮影している。俳優たちも大変であったろう。だが、本編では、あまり効果的な水中シーンが出てこないのは残念。
 主題歌は、ミン役で出演しているワイオレート・ウォーティアが歌っている。怪しげな澄んだ歌声で、いい感じを出している。
 タナポップ・リーラットタカチョーンは、日本の映画祭で上映された「マリー・イズ・ハッピー(Mary Is Happy, Mary Is Happy)」<2013年>に出演していたらしい。チュターウット・パタラカムポーンも、日本の映画祭で上映された「セブン・サムシング(Seven Something)」<2012年>に出演しているらしい。スパットサラー・タナチャートは、映画初出演。タナポップ・リーラットタカチョーン、チュターウット・パタラカムポーン、スパットサラー・タナチャートの三人は、いずれもGTH系の若手。全員演技経験がある。第24回スパンナホン賞では、「メーキャップ賞」「特殊効果賞」にノミネートされた。興行収入は、68.4百万バーツとヒットした。
 ソーポン・サックダーピシット監督には、「ラッダー・ランド(Ladda Land)」<2011年>、「ターン・イェーク・ワット・チャイ(Tang Yaek Wat Jai)」<2011年>などの作品がある。「ラッダーランド」では、スパンナホン賞の作品賞を受賞している。原題は「あなたの体の中に預けておく」と訳すのか?

[ タイのDVD販売サイト ]


[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

本日公開予定の実話史劇「パンターイ・ノラシン」/พันท้ายนรสิงห์

本日公開予定の実話の史劇「パンターイ・ノラシン」


PantainorasinghaPoster1.jpg


 タイで、本日公開予定の実話史劇「パンターイ・ノラシン(Pantainorasingha)」です。

 チャートリー・チャルーム・ユコーン監督には、日本で劇場公開された「THE KING ~アユタヤの勝利と栄光~(King Naresuan Episode2)」<2007年>、「THE KING 序章 ~アユタヤの若き英雄~(King Naresuan Episode1)」<2007年>、日本でVHS化された永瀬正敏が主演した「パウダー・ロード(ヘロイン/Powder Road/Heroin)」<1991年>や「キング・ナレースアン・エピソード 5(King Naresuan Episode 5 Elephant Battle)」<2014年>、「キング・ナレースアン・エピソード 4(King Naresuan Episode 4 The Nanda Bayin War)」<2011年>、「キング・ナレースアン・エピソード 3(King Naresuan Episode 3)」<2011年>、「レジェンド・オブ・スリヨータイ(The Legend of Suriyothai)」<2001年>、「ドーター(Daughter)」<1994年>、「ソング・オブ・チャオパヤー(Song of Chaophaya)」<1991年>、「アウト・オブ・ザ・ダークネス(Out of the Darkness)」<1971年>などの作品がある。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

「アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016」で公開される「トロピカル・マラディー」

「アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016」で公開される「トロピカル・マラディー」


TropicalMaladyPoster4.jpg


 1月9日~2月5日、日本で開催される「アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016」の中で上映される「トロピカル・マラディー(Tropical Malady)」<2004年/タイ、フランス>です。

 2010年度の第63回カンヌ国際映画祭で、最高賞であるパルムドール賞にタイ映画史上初めて輝き話題となった「ブンミおじさんの森(Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives)」<2010年>を監督したアピチャッポン・ウィーラセタクンの作品。はっきり言って何がなんだかさっぱり分からない内容だ。この作品を高評価する人がいるのだから見る人が見ればすごいと感じる作品なのかもしれないが、まったく理解できない。作品は、森林警備隊(軍隊?)が何かを仕留めて獲物を前に記念撮影しているシーンから始まる。本部へ無線で連絡する時のセリフで、男性の死体を前に撮影していることが分かる。すでに、この段階で???である。
 前半はゲイのカップル(兵隊のケンと青年トン)である二人の行動を追いかけているだけで、ストーリーはない(と思う)。後半は突然ゲイの片割れの軍人が何か獲物(トラかなと思ったのだが)を仕留めようと、ジャングルの中に分け入りランボーのように身を潜めている。しかし、その獲物はトラではなかった。全裸の人間だったのだ。そして人間と格闘の末負け、さらに追跡を続けるが・・・で作品は終わる。某サイトの解説によると、この作品は「人間がトラに変わる」という伝承(中国の「人虎伝」)が下敷きになっているらしいということだ。ということは、追っていたのはケンで追われていた全裸の人間はトンだったのか?
 この作品は、2004年度のカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞している。また、2004年度の東京フィルメックスでは最優秀作品賞を、その他、「Cine'de'couvertes, Belgium, 2004」Age d'or Prize、「The xx International Gay & Lesbian Film Festival in Turin, Italy, 2005」Best Film、「The xx International Gay & Lesbian Film Festival in Turin, Italy, 2005」Special Jury Prize、「Singapore International Film Festival, Singapore, 2005」Special Jury Prizeを受賞している。
 英題は「熱帯病」、原題は「異常な動物」と訳すのか?アピチャーポーンには、他に「2003 Tokyo International Film Festival」に出品されている「アドベンチャー・オブ・アイアン・プッシー(The Adventure of Iron Pussy)」<2003年>などの作品がある。

[ タイのDVD販売サイト ]


◆ムヴィオラ

[ 詳 細 ] タイランド・ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

31日公開予定の東京国際映画祭で上映された「スナップ」/สแน็ป(แค่...ได้คิดถึง)

東京国際映画祭で上映された「スナップ」のビハインド・シーン


SnapPoster1.jpg


 タイで、31日公開予定の東京国際映画祭で上映された「スナップ(Snap)」です。11月上映予定であったものが、ここまでずれ込んだようです。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村

Trailer


ビハインド・シーン


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイでは、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が大不調/สตาร์ วอร์ส อุบัติการณ์แห่งพลัง

タイでは、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が大不調


StarWars7Poster1.jpg


 先日もご紹介しましたが、世界中で超大ヒットしているらしい「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(Star Wars: The Force Awakens/Star Wars 7)<2015年/アメリカ>が、タイでは大苦戦をしています。公開後第一週目終了時点での興行収入が、77.77百万バーツ(先行ロードショー分を含めると78.94百万バーツ)しかいきませんでした。初日の数字から予想した一週間後の数字は102百万バーツでしたので、初日後に予想以上に大きく落ち込みをしたことになります。
 年末年始の興行ですので今後普段より上積みが期待できないわけではありませんが、正直、絶望的な数字です。何しろ、今までの興行記録を塗り替えるのではと思われていた作品ですからね。このペースでいくと、最終的には158百万バーツ程度になります。数字的には大ヒットと言えますが、超大ヒットの数字ではありません。
 過去の参考作品の第一週目の数字を挙げると、タイ映画界(国内外の作品合わせて)の最高興行収入記録を持っている「愛しのゴースト(ピー・マーク/ピー・マーク プラカノーン)」(Pee Mak Phra Kanong)」<2013年>が168.1百万バーツで、タイで公開された外国映画の記録を持っている「ワイルド・スピード SKY MISSION」(Furious Seven)<2015年/アメリカ>は220.01百万バーツでした。また、タイで今年公開された「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(Avengers: Age of Ultron)は189.12百万バーツ(先行ロードショーを含めて204.46百万バーツ)、「ジュラシック・ワールド」(Jurassic World)<2015年/アメリカ>が163.78百万バーツでした。
 「スター・ウォーズ」はかなりすごい数のスクリーン数で公開されていますので、それでこの数字というのはどうしてなのでしょうか?どうも、「スター・ウォーズ」はタイ人の好みには合わないようで???


にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

ニワトリ君が活躍?ミュージカル・コメディー「モン・ルーフ・シップ・ムーン」/มนต์เลิฟสิบหมื่น

モン・ルーフ・シップ・ムーン/LoveU100k


MonLufSipNungPoster1.jpg


 ミュージカル・コメディー作品。村の青年クラーオ(チャイヤポーン・チューリアン)とトーンクワーオ(チューマウィー・スワンパームチョーク)は好意を寄せあっていたが、トーンクワーオの父親がそれを許さなかった…というストーリー。
 サハモンコン・フィルム配給。ミュージカル・コメディー作品とのことで宣伝でもダンス等を前面に出していたが、歌がたくさん登場してくるわけではない。ミュージカルとしては、物足りない感じだ。
 根幹となっているストーリーは、よくある女性側の父親が相手の男性と付き合うのを許さないので本人たちが苦悩するというもの。だが、本作ではストーリーは重要視されていないので、ラブ・ストーリー風の作品ではなくコメディー性が前面に出ている。その証拠に、ヒロインのチューマウィー・スワンパームチョークよりも、道化役のチェト・チュアンチューンの方が出番がはるかに多い。チャイヤポーン・チューリアンとチェト・チュアンチューンのダブル主演といってもおかしくないほどだ。
 それから、登場してくるニワトリ君だが、これがおもしろさにかけている。そもそも、ニワトリに演技をさせるのは難しいであろう。なら特撮でとも思うのだが、それもままならずという感じだ。全体的にはストーリーが弱い上にミュージカル性も物足りなく、かなり残念かな内容の作品に仕上がっている。
 チャイヤポーン・チューリアンのアクション・シーンもあるが、吹き替えだろう。チューマウィー・スワンパームチョークは、映画初出演。笑顔のかわいい人だ。興行収入は、28.79百万バーツ。
 パリパン・ワッチャラーノン監督には、「ラック・スット・ティーン(Rak Sud Teen)」<2012年>などの作品がある。

[ タイのDVD販売サイト ]


[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

猫もたくさん出て来る、ある女の子の淡いラブ・ストーリー「キャット・ア・ウェープ」/แคท อ่ะ แว๊บ!

キャット・ア・ウェープ/CAT A WABB


CatAWabbPoster4.jpg


 ラブ・ストーリー。モー(アーラク・アモンパシリ)が働くコマーシャル製作会社にメーヨー(ピムチャノック・ルーウィセートパイブーン)が勤めることになるが、メーヨーはモーに一目惚れ。モーの会社は、日本人経営の会社のコマーシャルを猫を使って撮影することになったが…。
 サハモンコン・フィルム配給。「なめ猫」のような猫も登場し、日本人としては懐かしい感じを受ける。猫に演技をさせるのは大変で、なかなか思うようにはいかなかったであろう。結果として、猫は演技をしていない。
 全体的には、ほのぼのとした感じの中で淡いラブ・ストーリーが進むのがとても心地いい。観ていておもしろいのだが、大きなエピソードがストーリーに入っていないのだ。そのため、最初から最後まで、なんとなくメーヨーのラブ・ストーリーが面白おかしく展開する形になっている。ストーリーの盛り上がりに欠けてしまっているのだ。ラストも、着地が決まったとは言い難い。
 日本人コバヤシ社長役の男優(おそらく日本人。Tetsuo Tankawa?エンド・ロールの文字がよく読めないので、綴りが違うかもしれない)のタイ語の話し方がおもしろい。日本人らしき女優も出演している。興行収入は19.37百万バーツ。
 主演女優のピムチャノック・ルーウィセートパイブーンは、日本の映画祭で上映された「ア・クレージー・リトル・シング・コールド・ラブ (ファースト・ラブ/A Crazy Little Thing Called Love/First Love)」<2010年>や日本でDVD化された「コメディ学園(ハサート/Ha-Zard)」<2011年>、「マッハ!ニュー・ジェネレーション(Bangkok Knockout)」<2010年>などに出演している。
 主演男優のアーラク・アモンパシリはミュージシャンでもあり、日本の映画祭で上映された「ベスト・オブ・タイムズ(Best of Times)」<2009年>やDVD化された「裁断分裂キラー スライス(スライス/Slice)」<2009年>に出演している人気のある人だ。作中で、彼が歌うシーンもいくつかある。
 監督のポンサック・ポンスアンは本作に出演もしているが、人気のコメディアン。日本で公開された「アルティメット・エージェント(ボディーガード2/The Bodyguard 2)」<2007年>も監督している。
 ナルバディー・ウェートチャカム監督には、「スープ・クー クー・ローク(Sup Khu Ku Lok)」<2012年>、「サーラネー・ヘーン・ピー(SaRaNair Hen Pee)」<2010年>、「サーラネー シップロー(SaRaNair Siblor)」<2010年>などの作品がある。

[ タイのDVD販売サイト ]


[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

本日公開予定の九州で撮影されたタイ映画「九州 ザ・ムービー」/คิวชู แล้วพรุ่งนี้เราคงจะรู้กัน

本日公開予定の九州で撮影されたタイ映画「九州 ザ・ムービー」


KyusyuTheMoviePoste1.jpg


 タイで、本日公開予定の九州で撮影されたタイ映画「九州 ザ・ムービー(Kyushu The Movie)」です。

 SF系で公開。ドキュメンタリー?D2Bのウォラウェート・ダーヌウォンとラオーンフォーン(ละอองฟอง)のポンチャック・ピサターンポーンの二人で結成されたSanQ Band が、所持金999円で30日間、日本の九州各地を巡る旅をする。
 ウォラウェート・ダーヌウォンは歌手として有名な人で、監督業も手掛けている。俳優としての映画デビュー作は、日本でDVD化された「オーメン -予兆-(Sung Horn)」<2003年>。ポンチャック・ピサターンポーンは、日本で撮影された「ファット・チャン・ト(Fud Jung To)」<2013年>に出演していた。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村

Trailer


Traser


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

映像美が見事なクライム・スリラー「オンリー・ゴッド」がGyaO!で無料配信中/รับคำท้าจากพระเจ้า

映像美が見事なクライム・スリラー「オンリー・ゴッド」が、GyaO!で無料配信中


OnlyGodForgivesPoster31.jpg


 タイでも撮影された「オンリー・ゴッド(オンリー・ゴッド・フォーギブズ/Only God Forgives)」<2013年/フランス、デンマーク、タイ、アメリカ、スウェーデン>が、GyaO!!で無料配信中です。この作品、GyaO!ではずいぶん評価が低いのですね。私は、おもしろかったですが。

 クライム・スリラー。バンコク在住のアメリカ人ジュリアン(ライアン・ゴズリング)は、表向きはボクシング・ジムを経営していた。しかし、裏では、本国にいる母クリスタル(クリスティン・スコット・トーマス)をボスとする麻薬組織もやっていた。そんな時、冷酷な刑事チャン(ウィタヤー・パーンシーガーム)により弟が殺される。ジュリアンは、母の命により弟の復讐へと乗り出すが…というストーリー。
 第66回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映された作品。いやあすごい。この冷酷な映像感覚はすごい。直視できない人もいるであろう。また、評価も分かれるに違いない。いや、実際に分かれているようだ。
 ストーリーそのものは単純なのだが、ディテールは少々分かりにくい。作品のラスト近く、主人公ジュリアンと母との葛藤は理解できる。しかし、ラストの終わり方は全く分からない。結末はどうなったのか?それがこの作品の最大のマイナスポイントだ。
 母親役をやったクリスティン・スコット・トーマスの演技の評価が高いようだが、なんといってもよかったのは刑事役をやったタイ人男優ウィタヤー・パーンシーガームだ。冒頭からのあの冷酷振りはすごいとしか言いようがない。この方、タイ映画というよりタイで撮影される外国映画を中心に活動されているようで、気が付かなかったのだが 、「マインドフルネス・アンド・マーダー(Mindfulness and Murder)」<2011年>で主演の僧侶刑事を演じていた人だ。タイ剣道クラブの代表で黒帯五段だそうだ。彼は、タイで撮影された「スニー・エ・レレファン(Sunny Et L'éléphant)」<2007年/フランス>や「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える(The Hangover Part II)」<2011年/アメリカ>にも出演している。
 歌手から女優に転向してしまった感もあるタイ人女優のヤーヤー・インは、それほど大きな役ではなかったがとても妖艶な魅力を出していた。美人である。この人は、日本のAV女優西野翔が出演したことでも話題となった「チャンダラー(Jan Dara)」<2012、2013年>の主演女優でもある。監督のニコラス・ウィンディング・レフンはデンマーク人。脚本も担当している。
 撮影は、バンコクなどで行われている。バンコクのエムポリアム・スイーツ(ホテル)でも行われたとか。舞台がチャイナ・タウンのようなので、撮影もチャイナ・タウンのような気がする。作品中に小さなマッサージ・パーラーの雛壇や、安ホテルにいる街娼が登場するが、あれは実際にあるマッサージ・パーラーとホテルかもしれない。
 日本でもDVD化されているタイ映画「わすれな歌(Transistor Love Story)」<2002年>で印象的に使われていた歌、スラポーン(สุรพล สมบัติเจริญ)の「ルーム・マイ・ロン(ลืมไม่ลง)」がとても効果的に使われている。ウィタヤー・パーンシーガームが作中で歌うのだが(ご本人に確認したのですが、あれはご自分で歌っているのだそうです)、彼の冷酷な性格とそのスローなテンポがとても合っていておもしろい。
 タイでの興行収入はUS$66,799。タイのエンターテイメント・サイトSiam Zoneのユーザー評価では、8.0点(満点は10点。投票数8。2013年11月現在)であった。「18歳超視聴可」の年齢制限が付いている。
 原題(英題)は「神のみぞ許す」という意味だが、邦題は「オンリー・ゴッド」になった。原題から「フォーギブズ」を取ってしまったのだが、「オンリー・ゴッド」だと意味は「神のみ」である。これだと、微妙に?意味合いが変わってしまう。それほど長いタイトルでもないのに、なぜ原題を変えてしまうのであろうか?タイ題は、「神から挑戦の言葉を受け取る」という意味。



[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

アピチャーポーン・ウィーラセータクン監督の新作「光の墓」が、3月に日本公開/Cemetery of Splendour

アピチャーポーン・ウィーラセータクン監督の新作「光の墓」が、3月に日本公開


CemeteryOfSplendourPoster1.jpg


 アピチャーポーン・ウィーラセータクン監督の新作「光の墓(Cemetery of Splendour)」<2015年>が、3月に日本公開予定です。日本配給はムヴィオラです。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

◆ムヴィオラ


にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ