本日、日本で公開予定のタイ映画「アタック・ナンバーハーフ デラックス」

本日、日本で公開予定のタイ映画「アタック・ナンバーハーフ デラックス」


TheIronLadies2014Poster3.jpg


 本日、日本で公開予定のタイ映画「アタック・ナンバーハーフ デラックス(The Iron Ladies)」<2014年>です。しかし、よくこの作品を日本で公開にこぎつけたものだと思います。2001年に日本で「アタック・ナンバーハーフ (アイアン・レディース/サトリーレック/The Iron Ladies/Satree-Lex)」<2000年>が公開された時には、かなり話題になったらしいです(私は、当時のことは記憶にありません)。しかし、その時に観た人たちは、もうすでに劇場に足を運ぶ年齢ではなくなっています。つまり、過去の栄光は通用しないということですね。この作品、果たしてどれくらいの数の人たちが劇場に足を運んでくれますかどうか?

 コメディー作品。オカマさんとゲイさんのメンバーが、バレーボールの国際試合「タイ対Japen」の試合を観戦しかつての感動が蘇る。そして、再びタイ国内での優勝を目指すために、ラムパーン県チームとして結集した。しかし、メンバーのそれぞれには様々な問題が…というストーリー。
 プラナコーン・フィルム作品。この題材は、過去に「アタック・ナンバーハーフ(The Iron Ladies/Satree-Lex)」<2000年/監督:ヨンユット・トーンコーントゥン>、「アタック・ナンバーハーフ 2 全員集合!(Iron Ladies 2)」<2002年/監督:ヨンユット・トーンコーントゥン>の二回映画化されている。日本でも劇場公開されタイで大ヒットした、実際にあったオカマのバレー・ボール・チームを描いた迷作「アタック・ナンバーハーフ(The Iron Ladies/Satree-Lex)」<2000年>のリメイクかと思ったら、その後日談であった。
 本作が前二作と最も違うのは、120%コメディー作品として作られていることだ。意外であったのは、バレーボールのことがあまり出てこないということである。前半には少し出てくるのだが、中盤以降は全くといっていいほど出て来ない。その後、やっと出て来たのは、ラストの優勝決定戦だった。
 前二作はただのスポーツ・コメディーではなく、人間ドラマが描かれていたことが最大の魅力であった。しかし、本作にはそれがない。と思ったら、中盤以降はバレーそっちのけで人間ドラマだけというか、オカマさんとゲイさんたちの愛情物語になってしまっている。そして、その愛情物語も薄っぺら過ぎるきらいがある。あまりにも軽過ぎる内容となっている気がする。
 また、コメディー・センスのバカバカしさがかなりすごい。日本人がついて行くのは難しいかもしれない。それから、どぎついものではないが、キス・シーンや絡みのシーン(はっきり言ってしまえば、裸にはなっていないがSexシーン)がたくさんあるのもちょっと考え物だ。
 前作(「パート 2」)もバレーボールの試合の面白さという点では力不足であったが、本作はそれ以上に力が足りない。ただただ、ラリーをやっているだけという感じになっている。それに、最後の決勝戦では、オカマさんチームがめちゃくちゃやられていたにもかかわらず、なぜか突然マッチ・ポイントのシーンになってしまう。いつ、オカマさんチームは得点を挙げたのであろうか?ちなみに、今回の最大のライバル・チームは、いままでのチェンマイ県ではなくスパンブリー県であった。
 出演者の中で一番有名な俳優は、オカマさんらのチームの監督役を演じたトゥッキー・チンローイ。タイでは超人気者のコメディエンヌだ。主演ではないが、数多くの日本で公開された作品やDVD化された作品に出演している。
 全体的には、かなりのパワー不足を感じる。有名作のリメイク(正確には本作はリメイクではないが)を作るのは難しい。それにあえて挑戦するのはいいのだが、これでは・・・。タイ公開版の上映時間は125分だが、日本公開版は111分と14分短い。タイ本国での興行収入は、21.29百万バーツとまあまあの数字であった。。
 ポット・アーノン監督は、非常に多作な人だ。「バンコク・ラブ・ストーリー」のような硬派な作品もあるが、ほとんどの作品がおふざけコメディーである。そして、その多くの作品に、オカマさんたちが大勢登場してくる。そのため、日本の観客には、あまり作風が合わないかもしれない。
 この監督の最高傑作は、日本でもDVD化されている「マッハ! エンジェル」であろう。かなりふざけたお色気アクションであったが、バカバカしくて楽しめる作品であった。だが、同監督の作品は、かなりくだらない作品が多いのも確かである。
 ポット・アーノン監督には、日本でDVD化された「マッハ! エンジェル MACH! ANGELS(Dangerous Flowers)」<2006年>、「チアリーダークイーン(I'm Lady/Cheerleader Queens)」<2004年>や「ゼアズ・サムシング・アバウト・トット(There's something about Tott)」<2015年>、「モー 6/5 パーク・マー・ター・ピー 3(メイク・ミー・シャダー 3/Mo 6/5 Pak Ma Tha Phi 3/Make Me Shudder 3)」<2015年>、「ターイ・ホーン ターイ・ヒアン(Taihong Taihien)」<2014年>の中の「15」、「デンジャラス・ボーイズ(Dangerous Boys)」<2014年>、「モー6/5 パーク・マー ター・メー・ナーク(Mo 6/5 Pak Ma Tha Mae Nak)」<2014年>、「モー6/5 パーク・マー ター・ピー(Mo 6/5 Pak Ma Tha Phi(Make Me Shudder)」<2013年>、「スパイシー・ビューティー・クイーン ・イン・バンコク 2(Spicy Beautyqueen In Bangkok 2)」<2012年>、「ホー・テーオ・テーク 4 ヘーク・ムワークムワーク・コック(Hor-Taew-Tak 4 Haek Mak Mak Kok)」<2012年>、「ホー・テーオ・テーク 3(Hor Taew Tak 3)」<2011年>、「アンボーン・チャイルド(The Unborn Child)」<2011年>、「ターイ・ホーン (ダイ・ア・バイオレント・デス/Tai Hong/Die a Violent Death)」<2010年>の中の「ソップ・ナイ・テーン・ナム(Haunting Motel)」、「ソーリー・サーランヘヨー(Sorry Saranghaeyo)」<2010年>、「オー・マイ・ゴースツ(Oh My Ghosts!)」<2009年>、「サシー・プレイヤー(Sassy Player)」<2009年>、「イン・ペー・レー・セーマクーテ(スリー・クリップルズ/Yen Pe Le Semakute/Three Cripples)」<2007年>、「バンコク・ラブ・ストーリー(Bangkok Love Story)」<2007年>、「ホー・テーオ・テーク(Hor Taew Tak)」<2007年>、スパイシー・ビューティークイーン・イン・バンコク(Spicy Beautyqueen in Bangkok)」<2004年>、「サティ・テーク スット・クア・ローク(Sati Tek Sut Kua Lok)」<1995年>などがある。原題は、「鉄の女 世界をはたいて割る」と訳すのか?

[ タイのDVD販売サイト ]


[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

タイで、今年初のヒット作が誕生「ルアン・ピー・チェート 4G」

タイで、今年初のヒット作が誕生
「ルアン・ピー・チェート 4G」


LuangPhiChet4GPoster3.jpg


 もう、4月も終わろうとしています。そんな今、今年初めてタイ映画のヒット作が誕生しました。正直、かなり意外な作品で、コメディーの「ルアン・ピー・チェート 4G(Luang Pee Jazz 4G)」がそれです。興業を三週間終えた時点で、146.45百万バーツという大ヒットです。
 この作品はまだ観ていないのですが、主演はコメディアンのチェト・チュアンチューン(パドゥン・ソンセーン/JazzP Chuanchun/Padung Songsang/Jazz)/แจ๊ส ชวนชื่น/ผดุง ทรงแสง/แจ๊ส)です。しかも、たぶん初主演作です。脇には若い層に人気のあるクナーティップ・ピンプラダップや人気コメディアン&コメディエンヌのチャルーンポン・オーンラマーイ(コティー・アラームボーイ)とトゥッキー・チンローイ(スダーラット・ブットプロム)も出演していますが、有名美人女優は誰も出ていないのです。しかも、配給会社はGTH社ではありません。GTH社作品と王室関連以外で大ヒット作が出るのは、いつ以来なのでしょうか?思い出せません。この作品まだ勢いがありますので、あと二週間以上興業が続くと思います。

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

5月5日公開予定の北海道で撮影されたコメディー・ホラー「ブッパーありがとう」のMV

5月5日公開予定の北海道で撮影されたコメディー・ホラー「ブッパーありがとう」のMV


BupphaArigatoPoster2.jpg


 タイで、5月5日公開予定の北海道で撮影されたコメディー・ホラー「ブッパーありがとう(ブッパー・アーリカート/Buppaarigato)」のMVです。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村

MV「เจ็บแต่ดี」 Sung by Doubletap


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

5月日本公開予定のタイ映画「すれ違いのダイアリーズ」日本語版予告編

5月日本公開予定のタイ映画「すれ違いのダイアリーズ」
日本語版予告編


TeachersDiaryPoster3.jpg


 5月に日本公開予定のタイ映画「すれ違いのダイアリーズ(先生の日記/ティーチャーズ・ダイアリー/キトゥン・ウィタヤー/Teacher's Diary)」の日本語版予告編です。個人的には、タイ映画史上に残る名作だと思います。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

◆すれ違いのダイアリーズ


にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

プーケットを舞台にした映画「パトン・ガール」のプレミア動画

プーケットを舞台にした映画「パトン・ガール」のプレミア動画


PatongGirlPoster11.jpg


 プーケットを舞台にした映画の「パトン・ガール(Patong Girl)」のプレミア動画です。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村

'Patong Girl' Premiere by The Phuket News


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

北海道ニセコで撮影されたタイ映画「ブッパーありがとう」/シリーズ第四作目「ラートリー・リベンジ」

北海道ニセコで撮影されたタイ映画「ブッパーありがとう」
シリーズ第四作目「ラートリー・リベンジ」


RahtreeRevengePoster22.jpg


 北海道ニセコで撮影されたタイ映画「ブッパーありがとう(ブッパー・アーリカート/Buppaarigato)」が、タイで5月5日に公開予定です。それを祝して、「ブッパー・ラートリー」シリーズを第一作目から紹介します。
 第四作目ともなると、内容は末期的症状を呈していました。それに、主役もブッパーではなくなっているような感じで。シリーズも、このあたりが限界でした。

 コメディー・ホラーの「ブッパー・ラートリー(ブップパー・ラートリー)」シリーズ第四作目。シリーズ最終作。ホラー漫画家のラン(マーリオー・マオラー)は、ブッパー(チューマーン・ブンヤサック)との再会の喜びに浸る。しかし、なぜか彼女はつれない。そして、アパート内では少女プラー(ナットタワン・サックシリ)の幽霊がたびたび出現し、残酷な殺人事件が・・・というストーリー。
 サハモンコン・フィルム作品。ストーリーは第三作目の続き。前作と同じ流れなのだが、今作の方がはるかにおもしろい。全体的に、こちらの方がテンポがいい。ただ、ブッパーとプラーの関係、ブッパーとランの関係が理解できないわけではないが、正直少々?だ。このあたりがもっとクリアになっていれば、より感動を呼んだと思うのだが。
 本作では、ブッパーの秘密?が明らかにされる。ブッパーとプラーの関係が良く分かったとはいいがたいのだが、監督によるとブッパーとプラーは体ではなく心を共有しているとのことだ。だが、なぜブッパーが復活したのかは語られていない。より分からないのは、ブッパーとランの関係である。ブッパーが、なぜ子供であるランに恋心を抱くのか?これは理解できない。
 劇場公開時は不明だが、DVDには「18歳超視聴可」の年齢制限がかかっている。今作も暴力描写があるので、これは当然であろう。
 「3.1」では登場しなかったお巡りさんコンビ゛が復活している。監督によると、前作ではたまたま出番がなかったとのこと。偉くなった呪術師役のソムチャーイ・サックディクンは、本作では背中に剣が刺さった状態では出てこなかった。シリーズを通じて使用されている哀愁を帯びた音楽が、作品に合っていていい感じだ。実際にはどこでロケを行っているのかわからないが、作品の舞台となっている609号室のあるオスカー・アパートメントは、物語の設定ではバンコクのペッチャブリー(ペッブリー)ということになっている。
 新しいキャラクターの中では、愉快な僧侶役をやったラッパーのチョーイ・ボーイがおもしろい。闇カジノの客役であるンエーンナー・チュアンチューンとトゥアレ・チューンイムに関しては、もうコメディアはお腹一杯という感じだ。
 タイのエンターテイメント・サイトSiam Zoneのユーザー評価では、5.35点(満点は10点。投票数43。2014年8月現在)であった。興行収入はUS$518,044と伸びなかった。「3.1」の出来が良くなかったので、それが影響したのではないだろうか?監督のことばを聞いていると当初は次作の予定もあったようだが、作られてはいない。
 ユッタルート・シッパパーク監督には、本シリーズ全作の他に日本でもDVD化されている「キラータトゥー(Kiiler Tatoo)」<2001年>や「ウォンチョーンピット(Wogchonpit/Heaven and Hell)」<2012年>の中の「第三話/ナロック・チャン 8」、「バンコク・カン・フー(Bangkok Kung Fu)」<2011年>、「フライデー・キラー(Friday Killer)」<2011年>、「サタデー・キラー(Saturday Killer)」<2010年>、「サーム・ヤーン(Sarm Yan)」<2010年>、「ラスト・モーメント(The Last Moment)」<2008年>、「イーティム ターイ・ネー(E-Tim Tai Nae)」<2008年>、「テンズ・エンジェル(Tengs Angel)」<2008年>、「ゴースト・ステーション(Ghost Station)」<2007年>、「ゴースト・オブ・バレンタイン(Ghost of Valentine)」<2006年>、「パタヤー・マニアック(Pattaya Maniac/Sai Lor Fah)」<2004年>などの作品がある。この監督、いい作品と悪い作品が見事に混ざっているのが特徴だ。
 原題の「ブップパー・ラートリー」とは、主人公の名前。原題が「4」ではなく「3.2」となっているのは、「3」が長くなり二本に分けて上映することになったので「3.1」と「3.2」になったのだそうだ。

[ タイのDVD販売サイト ]


[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

現在公開中のホラー「テイク・ミー・ホーム」のMV

現在公開中のホラー「テイク・ミー・ホーム」のMV


TakeMeHomePoster1.jpg


 タイで、現在公開中のホラー「テイク・ミー・ホーム(Take Me Home)」のMVです。

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村

MV「สุดใจ」
Sung by พงษ์สิทธิ์ คำภีร์


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

「島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭」で、タイ映画「メイ・フー?」を上映

「島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭」で、タイ映画「メイ・フー?」を上映


MayWhoPoster3.jpg


 「島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭」で、タイ映画の学園コメディー作品「メイ・フー?(メー・フー/メー・ナイ ファイ・レーン・フルー/May Nai Fai Rang Frer/May Who)」が上映されます。なかなか楽しい作品ですよ。

[ タイのDVD販売サイト ]



◆島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村

トレーラー(アニメーション・バージョン)


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

5月5日公開予定の北海道で撮影されたコメディー・ホラー「ブッパーありがとう」の18禁トレーラー

5月5日公開予定の北海道で撮影されたコメディー・ホラー
「ブッパーありがとう」の18禁トレーラー


BupphaArigatoPoster1.jpg


 タイで、5月5日公開予定の北海道で撮影されたコメディー・ホラー「ブッパーありがとう(ブッパー・アーリカート/Buppaarigato)」の18禁トレーラーです。本作は、人気シリーズの最新作です。このトレーラーを観る限り、初代ブッパーのチューマーン・ブンヤサック(ライラー・ブンヤサック/プローイ)がゲスト出演?しているようですね。この人は、来月から日本で公開予定の「すれ違いのダイアリーズ(先生の日記/ティーチャーズ・ダイアリー/キットゥン・ウィタヤー/Teacher's Diary)」の主演女優ですね。また、メンバーを一新した今作ですが、警察官役でアディレーク・ワッタリラー(アンクーン)も出演しています。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

本日公開予定のドイツ、タイ合作作品「パトン・ガール」

本日公開予定のドイツ、タイ合作作品「パトン・ガール」


PatongGirlPoster11.jpg


 タイで、本日公開予定のドイツ、タイ合作作品「パトン・ガール(Patong Girl)」です。

 SF系でのみ公開。2014年、ドイツ、タイ作品。主演女優のAisawanya Areyawattanaは、占い師&女優としてバンコクに住んでいる。ウィタヤー・パーンシーガームの出演作としては、日本で公開された「ルパン三世(Lupin the Third)」<2014年/日本>、「オンリー・ゴッド (オンリー・ゴッド・フォーギブズ/Only God Forgives)」<2013年/フランス、デンマーク、タイ、アメリカ、スウェーデン>、「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える(The Hangover Part Ⅱ)」<2011年/アメリカ>や「ニンジャII シャドウ・オブ・ア・ティアー(Ninja II Shadow of a Tear)」<2013年/アメリカ、タイ>、「ザ・マーク リデムプション(The Mark Redemption)」<2013年/アメリカ>、「チョイス(Choice)」<2012年>、「プリンス・アンド・ミー 4 エレファント・アドベンチャー(The Prince and Me 4 The Elephant Adventure)」<2010年/アメリカ>、「スニー・エ・レレファン(Sunny Et L'éléphant)」<2007年/フランス>などがある。原題は「パトーンの女」という意味。「パトーン」とは、プーケットにある有名なビーチ。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ