「すれ違いのダイアリーズ」主演女優プローイ出演作品(4)/「オー・ラッキー・マン」

「すれ違いのダイアリーズ」主演女優プローイ出演作品(4)/「オー・ラッキー・マン」


OLuckyManPoster2.jpg


 現在、日本で劇場公開中の「すれ違いのダイアリーズ(先生の日記/ティーチャーズ・ダイアリー/キトゥン・ウィタヤー/Teacher's Diary)」の主演女優チューマーン・ブンヤサック(ライラー・ブンヤサック/プローイ)の出演作品紹介です。 第四回目は、「オー・ラッキー・マン(O' Lucky Man)」<2003年>です。本当の主演は男優の方ですが、形の上では彼女の映画初主演作となります。結構面白かったです。

 コメディー・ドラマ。IT会社に勤める、セックス大好き人間のイケメン・プレイ・ボーイのEm(セーム・チョートバン)。ある日、女性とベッドを共にしていると神?が現れ、「本当に愛する人とのみセックスをしないと、お前は大変なことになる」と告げられる。神の予言通り、彼はあそこが立たなくなったり、女性の前でおならが出るようになったりと散々な目に。そんな彼を常にサポートしようとしていたのが、同僚のブスでさえない女性のミン(チューマン・ブンヤサック)であった。しかし…というストーリー。
 ファイブ・スター・プロダクション作品。くだらない内容のいつものタイ式コメディーと思うかもしれないが、結構楽しむことができる。全体的に、ハート・ウォーミングな感じがいい。ただ、ラストはちょっと弱かったような気がする。盛り上げて盛り上げて終わり、ということにして欲しかった。セックス・シーンがたくさん出てくる割には、いやらしさもセクシーさもほとんどない。どうも、年齢制限も付いていないようだ。
 セクシー女優として有名なチューマーン・ブンヤサックが主演女優だが、彼女のセクシー・シーンは全くない。それどころか、ブスの眼鏡をかけて大きなほくろがあり、歯も矯正しているにきびだらけの顔をしたブス女を演じている。なかなかのコメディエンヌ振りで、好感が持てる。それにしても、若くて美人だ。彼女の存在というかコメディエンヌ振りが、この作品を支えているように思える。彼女は、日本で公開された「ミウの歌(ラブ・オブ・サイアム/サイアム・スクエア/The Love of Siam)」<2007年>、「地球で最後のふたり(Last Life in the Universe)」<2003年>、日本の映画祭で上映された「ウモーン・パー・ムアン - 羅生門(アウトレイジ/The Outrage)」<2011年>、日本でDVD化された「609 (ロクマルキュウ/Buppha Ratree)」<2003年>などに出演している。セクシー女優といえば、スパクソン・チャイモンコンもゲスト出演している。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー(「すれ違いのダイアリーズ」)


にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

「すれ違いのダイアリーズ」主演女優プローイ出演作品(3)/「サターン」

「すれ違いのダイアリーズ」主演女優プローイ出演作品(3)/「サターン」


SatangPoster2.jpg


 現在、日本で劇場公開中の「すれ違いのダイアリーズ(先生の日記/ティーチャーズ・ダイアリー/キトゥン・ウィタヤー/Teacher's Diary)」の主演女優チューマーン・ブンヤサック(ライラー・ブンヤサック/プローイ)出演作品の紹介です。第三回目は、「サターン(Satang)」<20000年>です。この作品は、彼女の主演ではありませんでした。

 人間ドラマ&サスペンス。太平洋戦争中、日本軍が列車で大金を輸送中に襲われ強奪されてしまう。しかし、仲間割れが起き?、逃走中に家屋用のいかだ船に現金を隠すが船の行方が分からなくなってしまう。戦後、その話を知ったある町の住人たちが、そのいかだ船を求めてチャオプラヤー川?を北上して行くが・・・というストーリー。
 この作品が製作されたのは2000年。タイ映画界がどん底の時代で、一年間にたった9本しか映画が製作されなかった年である。そんな中、この作品は製作された。コメディー的要素はまったくないドラマだ。サスペンス調ではあるものの娯楽作品ではなく、人間関係や人間の欲などを描いた意欲作となっている。おまけに、たった一シーンではあるが、ぼかしなしの女性のヌードまで披露してくれている。
 少しストーリーの詰めが甘い気がするが、悪くない内容だ。出演者は豪華で、夫を愛しているが仲がうまくいっていない夫人役にチンタラー・スッカパット、金持ち風の若い女性役にチューマン・ブンヤサック、そして頭のおかしい男の役をソラポン・チャートリーが演じている。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー(「すれ違いのダイアリーズ」)


にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

タイで6月公開予定のM39社のホラー「マハーライ・ティアン・クーン」のMV

タイで6月公開予定のM39社のホラー「マハーライ・ティアン・クーン」のMV


 タイで、6月公開予定のM39社のホラー「マハーライ・ティアン・クーン(Mahalai Tiang Kuen)」のMVです。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村

MV「จุดสุดยอด」
Sung by DOUBLETAP


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

「すれ違いのダイアリーズ」主演女優プローイ出演作品(2)/「グッバイ・サマー」

「すれ違いのダイアリーズ」主演女優プローイ出演作品(2)
「グッバイ・サマー」


GoodbyeSummerPoster1.jpg


 現在、日本で劇場公開中の「すれ違いのダイアリーズ(先生の日記/ティーチャーズ・ダイアリー/キトゥン・ウィタヤー/Teacher's Diary)」の主演女優チューマーン・ブンヤサック(ライラー・ブンヤサック/プローイ)
 第二回目は、「グッバイ・サマー(Goodbye Summer)」<1995年>です。トレーラーはありません。

 青春ものドラマ。ダーオ(チューマーン・ブンヤサック)らの高校生?たちは、ひと夏?の留学をするためにイギリスへと向かう。そこでは、恋にまつわる騒動が待ち構えていた…というストーリー。
 ファイブ・スター・プロダクション作品。変なタイ式コメディー的要素はほとんどなく、しっかりとした作りとなっているので好感が持てる。授業シーンがあまりないためになんだか勉強ではなく遊びに来ているような感じを受けるが、その辺は我慢だ。もう少し、イギリスの情緒を描いてもよかったかもしれない。とにかく、1990年代の作品としてはよくできている。
 この作品は、セクシー女優チューマーン・ブンヤサックの記念すべき事実上の映画デビュー作だ(正確には、この作品の前にその他大勢役?で一本出演している)。彼女がまだ13か14歳の時である。大人になった彼女は結構美人だと思うが、この当時の彼女はごく普通の女の子という感じだ。本作では、眼鏡をかけて登場し、あまり美人ではない奥手の女の子を演じている。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー(「すれ違いのダイアリーズ」)


にほんブログ村

テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

「すれ違いのダイアリーズ」主演女優プローイ出演作品(1)/「サティ・テーク スット・クア・ローク」

「すれ違いのダイアリーズ」主演女優プローイ出演作品(1)
「サティ・テーク スット・クア・ローク」


SatiteksutkualokPoster111.jpg


 現在、日本で劇場公開中の「すれ違いのダイアリーズ(先生の日記/ティーチャーズ・ダイアリー/キトゥン・ウィタヤー/Teacher's Diary)」の主演女優チューマーン・ブンヤサック(ライラー・ブンヤサック/プローイ)
 第一回目は、デビュー作だと思われる「サティ・テーク スット・クア・ローク(Sati Tek Sut Kua Lok)」<1995年>です。トレーラーはありません。

 コメディー作品。中国史劇の世界から、継承争いをしていた三人が突然タイム・スリップ。と思ったら、映画の世界から登場人物が現代に現れる。三人は、現代世界のやくざがらみのCD争奪戦に巻き込まれ…というストーリー。
 ファイブ・スター・プロダクション作品。1995年の作品なので、粗製乱造型の出来になっている。途中で場面は飛ぶし、ストーリー展開も適当だ。最初、中国史劇をタイで作ったのかと思ったら、突然現代社会にタイム・スリップしたのには驚いた。しかし、その後、タイム・スリップではなく、なんと映画の中から飛び出てきたことが分かる。物語の設定はこれでもいいのだが、脚本がいい加減過ぎだ。
 ポット・アピルット監督はこれがデビュー作。そして、もう一人この作品でデビューを飾ったらしい人がいる。それは、セクシー女優として有名なチューマーン・ブンヤサックだ。ただし、どこに出演しているのか確認できない。エンド・ロールには、「Guest: Chermal Boonyasak」と出てくる。この時、彼女は12か13歳である。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー(すれ違いのダイアリーズ)


にほんブログ村

テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

タイで、本日公開予定の「ザ・プロミス」/日タイのハーフ女優が主演

タイで、本日公開予定の「ザ・プロミス」/日タイのハーフ女優が主演


ThePromisePoster4.jpg


 タイで、本日公開予定の「ザ・プロミス(The Promise)」です。

 ドラマ。Woramit Production作品。主演女優のオゼキ・アキコは、日本とタイのハーフらしい。数多くのコマーシャルに起用されている。映画出演は、「フォウビア 2(Phobia 2)」<2009年>の中の「バックパッカーズ(Backpackers)」以来二作目。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

船内の箱から若い女性の死体が「ゴースト・シップ」

ゴースト・シップ/Ghost Ship


GhostShipPoster2.jpg


 ホラー作品。船が出港して間もなく、船員たちは室内の箱の中に女性の死体があることに気付く。しかし、その死体は忽然と消えてしまう。その後、霊が出現し出し、船内はパニックに…というストーリー。
 ファイブ・スター・プロダクション作品。とにかく、おかまさん役のポンサトーン・シーピンターが作品をひっかきまわしている。彼が、騒いで叫びまくっていたことだけが強く印象に残る作品だ。前半は、ストーリーがはっきりとしない。特に、作品の冒頭のシーンには何の意味があるのだかまったくの不明だ。
 中盤あたりで、なぜこの船に霊が現れるのか謎解きがあるのだが、それならなぜ、乗員全員が霊に追いかけられるのか?そしてそして、ラストが大問題。最後はめでたしめでたしで終わっている。このラストは、かなりズッコケてしまう。それだったら、最初から…。
 タイ映画で、本作のようにほとんど船の中だけで作品が展開する作品というのは珍しい。外観はあまり大きな船には見えないのだが、船内シーンではいろいろな場所が出てくるのでそれなりの大きな船のように感じる(実際の撮影は、セットかどうかは不明)。
 残念ながら、脚本力不足。霊の怖さは、タイ映画としては標準レベル。興行収入は11.51百万バーツと振るわなかった。

[ タイのDVD販売サイト ]



[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

タイで、6月公開予定のM39社によるホラー「マハーライ・ティアン・クーン」のMV

タイで、6月公開予定のM39社によるホラー「マハーライ・ティアン・クーン」のMV


 タイで、6月公開予定のM39社によるホラー「マハーライ・ティアン・クーン(Mahalai Tiang Kuen)」のMVです。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村

「Teaser MV จุดสุดยอด」

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

村は大騒ぎ、クラスーが大量発生「クラスー」

クラスー/Krasue


Krasue2016Poster1.jpg


 ホラー・コメディー。村人たちが森の中で見つけたものを食べたところ、クラスー(お化け)と化してしまった。そのため、村人たちは大騒ぎ…というストーリー。
 サハモンコン・フィルム配給。出演者の大部分が小人症の人たち。タイの映画にはよく登場してくるが、よくもここまで人数を集めたものだと思う。これらの人たちが素人かプロかは定かでないが、演技力は悪くない。
 問題なのは脚本だ。作品の柱となるメイン・ストーリーが、あってないようなもの。昔たくさん作られた追っかけホラー・コメディー(メイン・ストーリーがなく、ただただ霊と人間が追いかけっこをするという内容のもの)の様相を呈している。コメディー部分はそれなりに楽しめるのだが、物語のラストは、「えっ、これで終わりなの?」という感じになっている。これでは、観客は満足しない。興行収入は2.19百万バーツ。
 監督は、俳優出身のビン・バンルーリット。「カンクライ カイ パー・マイ(Kankrai Khai Pha Mai)」<2014年>、「パンヤー・レヌー 3 ルプー・ルピー(Panya Raenu 3)」<2013年>、「パンヤー・レヌー 2(Panya Raenu 2)」<2012年>、「パンヤー・レヌー(Panya Raenu)」<2011年>、「ザ・トループ・オブ・ゴースト(クローン/The Troop of Ghost/The Groan)」<2004年>などの作品がある。原題は、「半分クラスー、半分人間」という意味か?

[ タイのDVD販売サイト ]



[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

タイで26日公開予定の日本人女優出演作品「ザ・プロミス」のMV

タイで26日公開予定の日本人女優出演作品「ザ・プロミス」のMV


ThePromisePoster2.jpg


 タイで、26日公開予定の日本人女優出演作品「ザ・プロミス(The Promise)」のMVです。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村

MV「กลับมาได้ไหม」
Sung by ไอซ์ ณัฐพัชร์ (เจ้างูเห่าน้อย)


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ