タイのアカデミー賞である映画賞「スパンナホン賞」の最優秀女優賞はどの作品?

タイのアカデミー賞である映画賞「スパンナホン賞」の最優秀女優賞はどの作品?


SuddenlytwentyPoster6.jpg
「突然20歳 タイの怪しい彼女」


 今回は、主演女優賞と助演女優賞の予想です。女優賞関係の作品で観たのは、「孤島の葬列」「アンカット」のたったの二本です。ノミネート作品及び女優は以下の通りです。

[主演女優賞]
「突然20歳 タイの怪しい彼女(サドゥンリートウェンティー)」/ダーウィカー・ホーネー
「ガス・ステーション」/アーパー・パーウィライ
「一日だけの恋人(ワン・デイ/フェーン・デイ)」/ニットター・チラヤンユーン
「孤島の葬列」/サシトーン・パーニッチャノック
「アンカット(アワサーン・ローク・スアイ/グレイス)」/アピンヤー・サクンチャルーンスック

[助演女優賞]
「突然20歳 タイの怪しい彼女(サドゥンリートウェンティー)」/ニーラヌット・パタマスート
「テイク・ミー・ホーム」/ドゥアンチャイ・ヒランシー
「暗くなるまでには(バイ・ザ・タイム・イット・ゲッツ・ダーク /ダーオ・カノン)」/アピンヤー・サクンチャルーンスック
「暗くなるまでには(バイ・ザ・タイム・イット・ゲッツ・ダーク /ダーオ・カノン)」/アットチャラー・スアンナ
「ガス・ステーション
」/ペンパック・シリクン

 まずは、主演女優賞の予想です。「孤島の葬列」のサシトーン・パーニッチャノックはよかったですが、抑えた演技の役柄ですので受賞は難しいかと。「アンカット」のアピンヤー・サクンチャルーンスックはさすがでした。あんなかわいい顔をして、あれほど残酷な役柄を演じ切るとはすごいです。彼女の演技力の広さを改めて証明してくれました。ですがです、今回彼女は助演女優賞とダブル・ノミネートなのですが、過去にスパンナホン賞の主演女優賞と助演女優賞を獲得したことがあります。もしも今回受賞すると三度目となり、俳優部門ではスパンナホン賞史上最多ということになると思います(調べていないので定かではありません)。ですので、受賞させてくれますかどうか。まだ若いですしねえ。「突然20歳 タイの怪しい彼女」のダーウィカー・ホーネーですが、トレーラーを観る限り「今年の主演女優賞は彼女で決まり」という演技をしています。またしても「ですが」なのですが、彼女は昨年主演女優賞を取ってしまっています。二年連続は過去にも例がないのではないでしょうか?では誰が取るかというと、「一日だけの恋人」のニットター・チラヤンユーンかなあ?
 助演女優賞に関しては、まったく分かりません。アピンヤー・サクンチャルーンスックは、主演女優賞同様にそう簡単には受賞できないと思います。個人的には、「ガス・ステーション」のペンパック・シリクンに受賞してもらいたいです。好きなのでね。

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで、来月公開予定の「イン・マイ・ホームタウン」のプロモーション動画

タイで、来月公開予定の「イン・マイ・ホームタウン」のプロモーション動画


InMyHometownPoster1.jpg


 タイで、来月公開予定の「イン・マイ・ホームタウン(In My Hometown)」のプロモーション動画です。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

「Teaser1」


「เบื้องหลังหนัง」


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

すごいです!25日公開のタニヤ嬢を描いた「バンコクナイツ」が大入り満員。立ち見も大勢

すごいです!
25日公開のタニヤ嬢を描いた「バンコクナイツ」が大入り満員
立ち見も大勢


BangkokNitesPoster1.jpg


 この作品をテアトル新宿の公開の初日に観に行ったのですが、満席でした。しかも、立ち見の人もたくさんいたのです。これって、すごいことですよね。それに、立ち見のある上映を観たのは何年振りだったしょうか? 映画が、大入り満員というのはうれしいものです。

 イサーン(タイ東北部)のノーンカーイ県からバンコクへ働きに来ているタニヤ嬢ラック(スベンジャ・ポンコン)の愛や家族との葛藤、生活環境、スケベで間抜けな日本人や彼女を取り巻く人々の出身などを織り交ぜて描いたドラマ。
 配給は空族(クゾク)。クラウドファンディングによって製作された。目標1千万円に対して、集まった金額は11,302,862円であった。18禁になっていないことからも分かるように、裸は出てこない。第69回ロカルノ国際映画祭インターナショナル・コンペティション部門に出品された。
 上映時間は182分に及ぶ。長尺であるにもかかわらず、作品の幹となるメインのストーリー性が薄いのはつらい。確かに、ラックとその周囲の人々の生き様を描く一つ一つのシーンは魅力的な部分もあるし笑えるシーンもある。だが、そのシーンとシーンとが、物語としてつながっていかないのだ。こういう展開だと、3時間もの長きにわたり観客を飽きさせないのは難しいであろう。
 また、ラストもよく分からない。というか、これで終わりなの?という感じである。結末を、はっきりとは描いていないのだ。登場人物がどうなっていくかは、観客の想像にお任せしますということなのであろうか? 同監督の「同じ星の下、それぞれの夜」<2012年/日本>の中の「チェンライの娘」でも同じような終わり方であったので、これがこの監督の作風なのであろう。
 ラスト直前に、ラックの恋人であるオザワ(監督自身が演じている)が銃を購入するシーンがある。これは、一体どうしてなのであろうか?ここでクイズを一つ。
問: オザワはどうして銃を購入したのでしょう?
1.趣味で買った。
2.自殺するため。
3.好きだった女性ラックを殺すため。
4.好きだった女性ラックと仲のいい男性を殺すため。
5.護身用。
6.ヒット・マンに職替えをしたから。
申し訳ないが、答えは分からない。こういうはっきりしないところが多いのが、本作の弱点であろう。
 また、本作にはとても多くの要素が入れられている。これは、ちょっと詰め込み過ぎのような気がする。「娼婦」「楽園」や「タイで女性と遊ぶ日本人」「エイズ」「薬」「幽霊」「ベトナム戦争」「自衛隊」「PKO」「植民地」などなど。だが、それらの中には、どれくらいの観客が理解できるのであろうか?と思えるものも多い。たとえば、「(ベトナム戦争後)アメリカに見捨てられたモン族」「エア・アメリカ(ベトナム戦争時代の航空会社)」「ディエンビエンフー(フランス軍がベトナム軍に大敗したベトナムの地)」などは、説明なしでどれほどの観客が理解できるのであろうか? 作中に、ラオスのバンビエンにある大きなクレーターが出てくる。しかし、それが、ベトナム戦争時の爆撃の跡であるという説明はない。
 また、ちょっと不思議な部分も多い。たとえば、本作に登場するようなひな壇がある店が、タニヤにあるのであろうか? それに、ラックが、気に入らない客だと断るシーンがある。これは、通常はできないはずである。もし、タニヤで働く女の子が指名を断ったら、店の顔に泥を塗ったことになりその店を首になってしまうはずである。
 そして、ラックの弟が得度する(仏門に入る)ことを嫌がり軍隊に入りたがるエピソードがあるが、一般的には、これは全くの逆である。軍隊は厳しい訓練を受けなければならず、しかも紛争エリアの南部へ派遣されると命の危険にもさらされる。そのため、通常は軍隊に入りたがらないタイ人はとても多い。まあ、映画はフィクションなので、事実通りでなくてはならないということはないのだが。
 ラックの母が小さな娘インに冷たく当たるのに(その理由もわからない。薬でもやっているのか?)、インと息子のジミーは姉のラックの誘いを断り母親と共に暮らすことを選ぶ。どうしてなのであろうか? そもそも、ラックと母親の仲が悪くなった理由も分からない。
 随所で音楽(歌)のシーンもあるのだが、もっと攻めて来るかと思ったがそれほどでもなかった。幽霊役で出てくる男性はスラチャイ・ジャンティマトンという名のミュージシャンで、プア・チーウィットの開祖だそうだ。
 出演した女の子たちは、本物のタニヤ嬢らしい。監督が現地へ3~4年通い、信頼関係を築き出演にこぎつけたのだとか。これは、かなり大変であっただろう。
 本作は、一部で高評価されている。だが、分かりにくい点が多く、残念ながら万人受けする作品とは言い難い。
 富田克也監督には、「同じ星の下、それぞれの夜」<2012年>の中の「チェンライの娘」などの作品がある。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

本日、日本でアピチャーポーン監督の「光の墓」のDVDが発売予定

本日、日本でアピチャーポーン監督の「光の墓」のDVDが発売予定


CemeteryOfSplendourPoster1.jpg


 本日、日本でアピチャーポーン監督の「光の墓(Cemetery of Splendour)」<2015年>のDVDが発売予定です。



[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

明日、日本で空族の「バンコクナイツ」が劇場公開

明日、日本で空族の「バンコクナイツ」が劇場公開


BangkokNitesPoster1.jpg


 明日から、日本で空族の「バンコクナイツ(Bangkok Nites)」が劇場公開予定です。東京では、テアトル新宿で上映されます。

 配給は空族(クゾク)。クラウドファンディングによって製作された。目標1千万円に対して、集まった金額は11,302,862円であった。富田克也監督には、「同じ星の下、それぞれの夜」<2012年>の中の「チェンライの娘」などの作品がある。

[ストーリー] ※「バンコクナイツ」公式ホームページより
 タイの首都、バンコク。日本人専門の歓楽街タニヤ通りの人気店、「人魚」でNO.1のラックは、イサーン(タイ東北地方)からバンコクへ出稼ぎに出て5年が経った。日本人のヒモ、ビンを連れまわし高級マンションで暮らす一方、ラックの支える大家族は、遥かラオスとの国境を流れる雄大なメコン川のほとり、ノンカーイ県に暮らしていた。確執が絶えない実母ポーンと今は亡きアメリカ軍人だった2番目の父との息子、ジミー。ラックは種違いの弟ジミーを溺愛している。
 ある晩、謎の裏パーティーで、ラックは昔の恋人オザワと5年ぶりに再会する。ノンカーイから出て来たてだったラックの初めての恋人がオザワだった。元自衛隊員のオザワは、今では日本を捨てバンコクで根無し草のようにネットゲームで小銭を稼ぐしかない沈没組。オザワがラックに会うには金がいる。戸惑うふたり…。そんな折、オザワはかつての上官で、現在はバンコクで店を営む富岡にラオスでの不動産調査を依頼される。
 かくして、いくつもの想いを胸に秘めたラックとオザワは、バンコクを逃れるように国境の街ノンカーイへと向かうことになったが…
 古来、国境紛争に翻弄され続けたイサーン。物語はその雄大な“イサーンの森”の闇の奥へ、舞台はやがてラオスへと、かつてインドシナを深く抉ったベトナム戦争の癒えぬ傷を映しはじめる―。

◆テアトル新宿

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

明日、日本でアピチャーポーン監督の「世紀の光」DVDが発売予定

明日、日本でアピチャーポーン監督の「世紀の光」DVDが発売予定


SyndromesAndACenturyPoster21.jpg


 明日、日本でアピチャーポーン監督の「世紀の光(シンドロームズ・アンド・ア・センチュリー/Syndromes and a Century)」<2006年>のDVDが発売予定です。



[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで、本日公開予定のタイ・韓国合作作品「マインド・メモリー」

タイで、本日公開予定のタイ・韓国合作作品「マインド・メモリー」


MindMemoryPoster1.jpg


 タイで、本日公開予定のタイ・韓国合作作品「マインド・メモリー(Mind Memory)」です。ラブ・ストーリー。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで、明日公開予定のコメディー「タイバーン・ザシリーズ」

タイで、明日公開予定のコメディー「タイバーン・ザシリーズ」


ThiBaanTheSeriesPoster2.jpg


 タイで、明日公開予定のコメディー「タイバーン・ザシリーズ(ThiBaanTheSeries)」です。この作品、急に公開予定が入ってきました。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

Trailer1


Trailer2


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイのアカデミー賞である映画賞「スパンナホン賞」の最優秀作品賞はどの作品?

タイのアカデミー賞である映画賞「スパンナホン賞」の最優秀作品賞はどの作品?


ByTheTimeItGetsDarkPoster1.jpg
「暗くなるまでには」


 今年もスパンナホン賞の季節がやってきましたね。恒例の賞獲得予想をしたいと思います。ですが、今年の場合、作品賞にノミネートされた作品で観たのは「孤島の葬列」だけなのです。ですので、予想といっても…。それでも予想はしますよ(笑)。
 さて、ノミネート作品は以下の5作品です。
「暗くなるまでには(バイ・ザ・タイム・イット・ゲッツ・ダーク /ダーオ・カノン)
「ワンダーリング
「ギフト(ニュー・イヤーズ・ギフト)
「一日だけの恋人(ワン・デイ/フェーン・デイ)
「孤島の葬列

 「暗くなるまでには」は、映画祭で上映される系の作品です。ロカルノ映画祭でワールドプレミアが行われ、大阪アジアン映画祭でも上映されます。いろいろな部門にノミネートされていますので、評価はかなり高そうです。「ワンダーリング」は地味に公開されました。ノミネートされるような作品だったのですね。「ギフト」は、ヒットしたGDH社作品です。オムニバス作品ですので、賞の獲得は難しい気がします。大阪アジアン映画祭で上映されます。「一日だけの恋人」は、大ヒットしたGDH社作品です。観客からの評価も高いようです。この作品も、大阪アジアン映画祭で上映されます。「孤島の葬列」は、2015年の東京国際映画祭で上映された女流監督作品です。本国では昨年公開されました。不思議なムードのいい作品でした。

 毎年言っていることなのですが、スパンナホン賞の予想はアメリカのアカデミー賞よりもはるかに難しいです。結構、意外な作品が受賞したりするのです。素直に予想すると(観た作品は一本だけですが)、「一日だけの恋人」です。ですが、スパンナホン賞は娯楽作品をあまり選ばない傾向があります。ですので、ちょっとひねって「暗くなるまでには」かな?個人的には、ゆいいつ観た「孤島の葬列」が選ばれたらうれしいですが。

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで、現在公開中の「イン・マイ・ホームタウン」のO.S.T.

タイで、現在公開中の「イン・マイ・ホームタウン」のO.S.T.


InMyHometownPoster1.jpg


 タイで、現在公開中の「イン・マイ・ホームタウン(In My Hometown)」のO.S.T.です。

※この作品は、上映が延期されました。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

「ฉันและเธอ」


「ดนตรีประกอบภาพยนตร์ "ฮักมั่น"」


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ