FC2ブログ

東京国際映画祭で上映のBNK48のドキュメンタリー作品「BNK48:ガールズ・ドント・クライ」

東京国際映画祭で上映の
BNK48のドキュメンタリー作品「BNK48:ガールズ・ドント・クライ」


BNK48GirlsDontCryPoster1.jpg


 第31回東京国際映画祭で上映のBNK48のドキュメンタリー作品「BNK48:ガールズ・ドント・クライ(BNK48: Girls Don't Cry)」<2018年>です。

 アイドル・グループ「BNK48」のドキュメンタリー。多くのスクリーンで公開したにもかかわらず、興行収入は13.14百万バーツ低かった。
 ミウは、「アフタースクール(After School)」<2010年>で映画出演経験があるらしい。
 ナワポン・タムロンラタナリット監督には、日本の映画祭で上映された「ダイ・トゥモロー (ダイ・トゥマロー/Die Tomorrow)」<2017年>、「フリーランス(ハート・アタック/Freelance/Heart Attack)」<2015年>、「噂の男(あの店長/マスター/The Master)」<2014年>、「マリー・イズ・ハッピー(Mary Is Happy, Mary Is Happy)」<2013年>、「36のシーン(36)」<2012年>などの作品がある。

◆東京国際映画祭

[参考] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

これほどまでに話題になったタイ映画があったろうか?「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」

これほどまでに話題になったタイ映画があったろうか?
「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」


BadGeniusPoster6.jpg


 いやあ、すごいですね。今、日本で劇場公開されているタイ映画「バッド・ジーニアス 危険な天才たち(頭脳ゲーム/バッド・ジーニャス/Bad Genius)」<2017年>ですが、大絶賛の嵐ですね。いままでに、日本でこれほどまでに話題になったタイ映画はなかったでしょう。当ブログでは何度も言っていますが、この作品はタイ映画史上第一位の興行収入を挙げた作品ではありません。111.93百万バーツと大ヒットしたのですが、超特大のヒットではありませんでした。ですが、タイの周辺諸国では軒並みヒットし、各国で上映されたタイ映画としての最高記録を樹立しています。
 この作品、個人的には悪い作品ではないものの大絶賛するほどのものではないんじゃないのと思っているため、世間から取り残されてしまっています。ストーリー展開というか、脚本が甘い気がするのですよね。そして、ラストももう少し決めてほしかったなという感じがします。とはいえ、本作のハラハラドキドキの緊迫感はものすごいものがありました。そして、出演していた俳優陣の演技が光っています。スパンナホン賞の主演女優賞を受賞しましたが、主役のリンを演じたチュティモン・チュンチャルーンスックインは、彼女がいなかったらこの作品が成立していなかったのではないかと思えるほど実に見事でした。あと、悪だくみを企てた他の三人(チャーノン・サンティナタラクン、ティーラドン・スパパンピンヨー、イサヤー・ホースワン)もすごくよかったです。あと一人、リンのお父さん役のタネート・ワラークンヌクロも、いい味を出していました。とにかく、見どころのある作品でした。

 ドラマ。頭のいい女子高生リン(チュティモン・チュンチャルーンスックイン)は、友達の学校の試験解答の手助けをするようになった。そのことから、友達のベーン(チャーノン・サンティナトーンクン)、クレート(イサヤー・ホースワン)たちと国際的な統一試験であるSTICの解答を教えることをビジネスに結び付ける策を練り、オーストラリアのテスト会場へと向かうが…というストーリー。
 GDH 559社作品。興行収入は、111.93百万バーツと大ヒットした。日本では、「アジアフォーカス 福岡国際映画祭 2017」で上映。GDH 559社の作品としては、悪事をする人間をを主人公にするという珍しいパターンだ。だが、ナッタウット・プーンピリヤ監督は、「カウントダウン(Countdown)」<2012年>でも悪人を主人公に据えて描いていた。そして、このことが、視聴年齢制限「15歳超」が付いている理由であろう。とはいえ、中学生はダメだが、主人公たちと同じ年齢層の高校生は観ていいということだ。よく考えると、これってちょっと変かもしれない。
 物語はちょっと斬新で、おもしろいアイデアだ。でも、ちょっと現実的には、実現不可能な内容なのが引っかかる。終わり方も、やや中途半端な感じがしないわけではない。だが、試験中の緊迫感は見事だ。
 そして、出演者もいい。主人公を演じた主演女優のチュティモン・チュンチャルーンスックインは、映画初出演ではまり役であった。彼女の父親役を演じたタネート・ワラークンヌクロは、やさしさと厳しさを見事に演じていた。この人、第30回東京国際映画祭で上映された「ポップ・アイ(Pop Aye)」<2017年/タイ、シンガポール>の主演男優である。ちょっともったいなかったのは、リンの友達であるクレート役のイサヤー・ホースワンだ。彼女、冒頭ではなかなかいい味を出していたのに、後半は見せ場が無くなってしまった。彼女は、本作と同年に公開されたホラー「サイアム・スクエアー(Siam Square)」<2017年>では、主演を務めていた。ベーン役のチャーノン・サンティナトーンクンも悪くなかった。
 ナッタウット・プーンピリヤ監督には、「プレズント・パーフェクト(Present Perfect)」<2014年/ショート・フィルム>、「ザ・ライブラリー ホーン・サムット・ヘーン・ラック(The Library Hong Samut Heng Rak)」<2013年/ショート・フィルム>、「カウントダウン(Countdown)」<2012年>などの作品がある。日本の映画祭で上映された「マリー・イズ・ハッピー(Mary Is Happy, Mary Is Happy)」<2013年>に主演したパッチャヤー・プーンピリヤ(ジューン)は、監督の妹。原題の「ฉลาดเกมส์โกง」は、タイ語の「悪賢い」を意味する「チャラートケームコーン(ฉลาดแกมโกง)」とは綴りが少し違うのだが…。

DVD販売(タイ語版)


[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

MV


テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

タイで、現在公開中のファンタジー「ナーキー2」のプロモーション動画

タイで、現在公開中のファンタジー「ナーキー2」のプロモーション動画


NaKee2Poster31.jpg


 タイで、現在公開中のファンタジー「ナーキー2(Nakee 2)」のプロモーション動画です。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

ชมเบื้องหลัง "อ๊อฟ-พงษ์พัฒน์" ทุ่มสุดตัวเพื่อภาพยนตร์ "นาคี ๒"


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

いやあ、久人振りにタイの映画館で映画を観た/全編大爆笑のコメディー「バイク・マン」

いやあ、久人振りにタイの映画館で映画を観た
全編大爆笑のコメディー「バイク・マン」


BikeManPoster91.jpg


 いやあ、久し振りにタイの映画館でタイ映画を観ました。最近はタイに行ってもタイ映画に嫌われどおしで、なかなかタイミングが合わずに観ることができませんでした。これ、今年に入ってから私がタイの映画館で観た二本目のタイ映画です。トレーラーを観る限り、全く期待していませんでした。過去の作品から監督が少しは骨がありそうな人だったのと、主演女優のサナンタチャトン・トンパットピサーン(フォン)が久し振りのスクリーンでしたので時間を作って観ることに。ところが、上映が始まってみると、冒頭からおもしろいではないですか・・・。それにしても、水曜日でもないのに、公開第一週目で鑑賞料がバンコクで90Bは安いです。

 コメディー。銀行一家に生まれたサッカリン(パチャラ・チラーティワット)は、銀行に勤めることを求められた。しかし、何度受けても就職試験には合格しなかった。そのため、毎日、自宅から銀行へ出勤すると言いつつ、ロン(プライトゥート・プムラット)らと共にバンコクでバイク・タクシーの運転手をしていたが・・・。
 M Pictures作品。トレーラーを観ただけでは、どこにでもよくあるくだらないコメディーのようにも思える。しかし、本編を観てみるととてもおもしろい。コメディーと言ってもタイではよくありがちなドタバタ・コントのようではなく、ほどよいお笑いなのだ。普段は体で表現することが多い有名コメディアンのコーム・チュアンチューンでさえ、本作では表情で笑いを取っていたのがすごい。ラストがちょっと弱いが、全編笑いっぱなしでとても楽しめる。
 出演者たちもよかった。主演男優のパチャラ・チラーティワットに、同僚役のプライトゥート・プムラット。おじさん役のコーム・チュアンチューンはもちろん、お母さん役のカイも味があった。そして、相手役である主演女優のサナンタチャトン・トンパットピサーンは、期待通りのすばらしさだ。この人、もっと映画に出演してもらいたいのだが。
 パチャラ・チラーティワットは、日本の映画祭で上映された「サック・シード(Suck Seed !!)」<2011年>、「トップ・シークレット 味付のりの億万長者(Top Secret /The Billionaire)」<2011年>に出演している。
 サナンタチャトン・トンパットピサーンは、日本の映画祭で上映された「ATMエラー(ATM ウー・ラック・エラー/ATM Er-rak Error)」<2012年>に出演している。
 プラーモート・パターンは、長崎県にある世界遺産の軍艦島で撮影されたホラー「Hプロジェクト (ハシマ・プロジェクト/H Project(Hashima Project)」<2013年>の主題歌を歌った人だ。
 プルック・エーマルチ監督には、「ミス・ハッピー(Miss Happy)」<2015年>などの作品がある。原題は、「バイク・タクシー運転手 サッカリン」という意味。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

東京国際映画祭で、タイで大ヒットした「ブラザー・オブ・ザ・イヤー(最愛の人)」を上映

東京国際映画祭で
タイで大ヒットした「ブラザー・オブ・ザ・イヤー(最愛の人)」を上映


BrotherOfTheYearPoster31.jpg


 第31回東京国際映画祭で、タイで大ヒットした「ブラザー・オブ・ザ・イヤー(最愛の人/Brother of the Year)」が上映されます。上映日は10月28日(日)と29日(月)ですが、28日の前売りはすでに売り切れです。29日も残席わずかとのこと。今年の東京国際は、どの作品も売れ行きがいいみたいですね。売り切れ続出です。

 GDH559社作品。日本では、「第31回東京国際映画祭」で上映。
 サンニー・スワンメターノンは、日本の映画祭で上映された「ダイ・トゥモロー(Die Tomorrow)」<2017年>、「ギフト(ニュー・イヤーズ・ギフト/A Gift/New Year's Gift)」<2016年>、「フリーランス(ハート・アタック/Freelance/Heart Attack)」<2015年>、「アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー(I Fine..Thank You..Love You)」<2014年>、「セブン・サムシング(Seven Something)」<2012年>、「バンコク・トラフィック・ラブ・ストーリー(Bangkok Traffic Love Story)」<2009年>、「ディアー・ダーカンダー(親友/ディアー・ダカンダ/Dear Dakanda)」<2005年>などに出演している。
 ウラッサヤー・セポーバンは、映画初出演。ニチクン・バック・ホルベチクは、日本の映画祭で上映された「セブン・サムシング(Seven Something)」<2012年>の中の「42.195」などに出演している。チャルームポン・ティカマポーンティラウォンは、「フェーンチャン ぼくの恋人」で太ったいじめっ子役を演じた男優。興行収入は、146.45百万バーツと大ヒットを記録した。
 ウィッタヤー・トーンユーン監督には、日本で公開された「フェーンチャン ぼくの恋人(Fan Chan)」<2003年>(共同監督)、日本の映画祭で公開された「恋するリトル・コメディアン(The Little Comedian)」<2010年/共同監督>や「ビター・スイート ボイド・ポッド ザ・ショート・フィルム(BitterSweet BoydPod The Short Film)」<2008年>の中の「ラック・クン・カオ・イーク・レーオ」、「ポシブル(The Possible)」<2006年>、日産タイランドによるMARCH用のショート・ムービー「ラブ・アット・ファースト・マーチ」<2013年>などの作品がある。原題は、「兄、妹、最愛の人」というような意味。

◆東京国際映画祭

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで、明日公開予定のファンタジー「ナーキー 2」

タイで、明日公開予定のファンタジー「ナーキー 2」


NaKee2Poster11.jpg


 タイで、明日公開予定のファンタジー「ナーキー 2(Nakee 2)」です。

 18日公開予定。ファンタジー作品。Movies Mpictures作品。イサーンもの? 2017年にTVの3chで、「ナーキー(Nakee/นาคี)」という連続ドラマを放送している。本作は、その続編ということであろうか?
 ナデート・クーキミヤは、日本の映画祭で上映された「メナムの残照(サン&サンライズ/サンセット・アット・チャオプラヤー/クーカム/Sun & Sunrise(Sunset at Chaophraya/Koo Gum)」<2013年>などに出演している。
 ププーム・ポンパーヌは、日本の映画祭で上映された「サラネアおせっかい(サーラネー おせっかい/Saranair Osekai)」<2012年>などに出演している。
 ソムポン・クナープラトムは、日本で公開された「メモリー 君といた場所(メモリー/ラック・チャン/The Memory/Ruk Jung)」<2006年>などに出演している。
 ポンパット・ワチラバンチョン監督には、日本でDVD化された「ミー・マイセルフ 私の彼の秘密(Me...Myself)」<2007年>や「ザ・ドッグ(The Dog)」<2010年>などの作品がある。また、俳優としても、日本で公開された「チョコレート・ファイター(Chocolate)」<2008年>、「風の前奏曲(The Overture)」<2004年>、「アフロサッカー(Sagai United)」<2004年>、「沈黙の聖戦(Belly of the Beast)」<2003年/アメリカ、カナダ、香港>、「バトル 7(7 Pra Chan Ban)」<2002年>や日本の映画祭で上映された「ウモーン・パー・ムアン - 羅生門 (アウトレイジ/The Outrage/At the Gate of the Ghost)」<2011年>、「ワン・ナイト・ハズバンド(One Night Husband)」<2003年>、日本でDVD化された「Deadman デッドマン(Opa Patika)」<2007年>、「タイガー・ブレイド(The Tiger Blade)」<2005年>などに出演している。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで昨日公開されたアクション作品「ヨーロッパ・レイダース」(香港、他)にジージャーが出演していた

タイで昨日公開されたアクション作品「ヨーロッパ・レイダース」(香港、他)に
ジージャーが出演していた


EuropeRaidersPoster1.jpg


 タイで昨日公開されたアクション作品「ヨーロッパ・レイダース」(Europe Raiders)<香港、中華人民共和国/2018年>に、タイ人女優のチーチャー(ジージャー)が出演していました。下のトレーラーにも出てくるのですが、分かりますか?

 ヤーニン・ウィサミタナンは、日本で公開された「マッハ!無限大 (トム・ヤム・クン 2/ザ・プロテクター 2/Mach! Infinite/Tom Yum Goong 2/The Protector 2)」<2013年>、「チョコレート・ガール バッド・アス!!(This Girl Is Bad-Ass)」<2011年>、「チョコレート・ファイター(Chocolate)」<2008年>、日本の映画祭で上映された「チョコレート・ソルジャー RAGING PHOENIX (ジージャー:頑固に、美しく、猛々しく/Raging Phoenix)」<2009年>、「迫り来る嵐(Taloompuk)」<2002年>や日本でDVD化された「チョコレート・バトラー(ザ・キック/The Kick)」<2011年/タイ、韓国>などの作品に出演している。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ