FC2ブログ

新宿でロケが行われた、夜の世界のタイ人女性の物語/「トワイライト・イン・トウキョウ」

トワイライト・イン・トウキョウ/Twilight in Tokyo


TwilightInTokyoPH1.jpg


 ドラマ。夜の世界で働くために、日本へやって来た女性の世界を描いた作品。ストーリーのメイン舞台は東京の新宿。コメディー的要素は全くない。
 「トワイライト・イン・バンコク 2(Twilight in Bangkok 2)」<1990年>の前段の作品ということになるのであろう。裸も出てこないわけではないが、胸をあらわにはしていないのでそれほどエロティックなものとはなっていない。
 また、脚本力が弱い。主人公の女性やその周囲の人たちにさまざまなつらい出来事が起こるのだが、ただハプニングが起こっているだけで作品全体のストーリーには溶け込んでいない感じだ。
 監督は、日本でもDVD化されたあの迷作「2022(2022 Tsunami)」<2009年>を監督したトラノン・シーチュア。他に「アンヒューマン(Unhuman)」<2004年>、「トワイライト・イン・バンコク 2」<1990年>、「カンボジア(Cambodia)」<1985年>、「キング・ナレースアン・ザ・グレート(King Naresuen the Great)」<1981年>などの作品がある。原題を直訳すると、「愛の場所性欲の機械」というような意味になるのだが。

⇒タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ