巨費を投じて作られた、トニー・ジャー主演の特撮肉体派アクション/「トム・ヤム・クン 2/ザ・プロテクター 2」

トム・ヤム・クン 2(ザ・プロテクター 2)/Tom Yum Goong 2(The Protector 2)


TomYumGoong2Poster4.jpg


 アクション作品。カーム(トニー・ジャー)の飼う象が、国際会議のためにタイへやって来た外国人要人へのプレゼントにするために盗まれてしまう。カームは、象の行方を探すうちに、インターポールの警官であるマーク(ペッターイ・ウォンカムラオ)と再会する。また、仇だと誤解するピンピン(ヤーニン・ウィサミタナン)にも命を狙われる…というストーリー。
 大ヒット・シリーズの第二作目。サハモンコン・フィルム作品。今回は日本でも公開された「チョコレート・ファイター(Chocolate)」<2008年>のヤーニン・ウィサミタナン(チーチャー)や人気歌手のラター・ポーガームも参戦している。そして、タイのエンタメ・サイトSiam Zoneによると、この作品の製作には500百万バーツ(約15億円)以上という巨費を投じているのこと。
 大きな期待がかかった作品だったが、タイのエンターテイメント・サイトSiam Zoneのユーザー評価では、4.89点(満点は10点。投票数18。2013年11月現在)と非常に悪い評価となっている。この評価が納得できてしまう内容なので、困ったものだ。
 脚本B級、演出B級、おまけに特撮が20世紀のレベルなのだ。おそらく製作者側は、3Dの特撮アクション物を作ってみたかったのであろうが、トニー・ジャーのアクションのすごいところは生身の体でこなすところにある。そこがいいところなのに、それをわざわざ特撮で殺してしまった格好だ。その点が、観客の低評価につながっている。
 この作品で一番悪いのは、脚本だろうか?ストーリー展開上、場面と場面の内容がつながっていないシーンも多かった。最後のクライマックス、トニー・ジャーが象の牙を抑えながら戦うシーンがあるのだが、あの設定はよくない。彼のアクションを殺してしまっている。そして、その後にこの作品で最も陳腐なシーンがやって来る。あの爆発シーンは、お子様向けTVドラマのレベルだ。開いた口が塞がらない状態であった。とはいえ、常にB級感は感じられたが、最後まで飽きずに(特にアクションが)楽しめる作品ではあった。ただ、一つ一つのアクション・シーンが、長すぎる感は少しあったが。
 今回、新規で加わったメンバーはなかなかいい。ヤーニン・ウィサミタナンはほとんどセリフがないが、復讐に燃えた女性役を好演している。撮影時、妊娠に気づかずアクションをこなしていたというからまたすごい。ただ、彼女は役柄的にあまり強くないのと、主演ではないために、途中、長い時間画面に出てこないのは不満だ。それから、最近役者づいてしまったラター・ポーガームがとても大胆でセクシーな姿で出てくるのもいい。アクションはどこまで本人がこなしているかわからないが、なかなか堪能できる。だが、彼女の最後のシーンはいただけなかった。
 プラチャヤー・ピンケーオ監督には、「チョコレート・ファイター」、日本でDVD化された「チョコレート・バトラー (ザ・キック/The Kick)」<2011年>や「パーイ・イン・ラブ(Pai in Love)」<2009年※共同監督>、「サワッディー・バンコク(Sawasdee Bangkok)」<2009年>の中の「バンコク・ストーリーズ(Bangkok Stories)」、「4 ロマンス(4 Romance)」<2008年>の中の「ワーン(Warn)」などの作品がある。パンナー・リットクライ監督には、日本でもDVD化されている「マッハ!ニュー・ジェネレーション(Bangkok Knockout)」<2010年>、「七人のマッハ!!!!!!!(Born to Fight)」<2004年>や「イサーン・ファイター(Esan Fighter)」<1995年>などの作品がある。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タイ発のアクション『トム・ヤム・クン!』続編

The Protector 2 <アクション> 【監督】プラッチャヤー・ピンゲーオ 【出演】トニー・ジャー 関連 JUGEMテーマ:映画  

コメントの投稿

非公開コメント

サージェントマーク

マムさん演じるサージェントマークですが、ICPO インターポールの警官ということのようです。
作るのに時間をかけすぎてしまった気はします。

Re: サージェントマーク

 ありがとうございます。正確には、シンガポールから来たインターポールの警官ですね。

前の絡みで

前の絡みで、シドニーから来ているのだと思っていました。
和平会議をする両国のある地域もよくわかってないからなのかもしれません。

Re: 前の絡みで

 勘違いでした。シンガポールじゃなくてシドニーでしたね。

ラター・ポーガームさん

ラター・ポーガームさんは、精力的に活動されているようですね。
(ヤーヤーインというのがチューレンなんでしょうか?アカウントもヤーヤーインになってました。)
http://instagram.com/yayaying_yaya
彼女のオフィシャルなInstagramのアカウントですが、写真を見ていると、少し前は来日されていたようですし、現在は、実写「ルパン三世」の撮影に再び入ったみたいです。

Re: ラター・ポーガームさん

 「ヤーヤー・イン」という名前については詳しく知らないのですが、ニックネームは「イン」ですが彼女の最初のアルバム名にちなんで「ヤーヤー・イン」とよばれているようです。彼女、最近は歌手でなくすっかり女優になってしまいましたね。
 実写版「ルパン三世」の撮影が決まったのは知っていましたが、ヤーヤー・インが出ているとは知りませんでした。うれしいですねえ。

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ