ハード・ボイルドなミステリー刑事アクション/「インスペクター・マッド・ドッグ(ザ・コップ)」

インスペクター・マッド・ドッグ(ザ・コップ)/Inspector Mad Dog(The Cop)


InspectorMadDogPoster4.jpg


 警察アクションもの。まだ幼い大臣の娘が、惨殺されるという事件が起きた。その事件を担当することになったのは、曲者警部のワサン(ソムチャーイ・ケムクラット)とベテラン警官のトーン(ノート・チューンイム)、それにまだ若い女性警官のナリン(クリスタン・ウィー)であった。多くの犠牲を払いながらも犯人を逮捕するが、ワサンには思いもよらぬ事件が待ち受けていた…というストーリー。
 サハモンコン・フィルム作品。タイでは珍しい、ハード・ボイルド作品だ。内容もちょっと残酷性があるので、「18歳超視聴可」の年齢制限が付いている。色調のトーンを落とした映像が、独特の雰囲気を盛り上げている。
 そして、なんといってもこの作品の一番の見どころは、出演者たちがすばらしいことだ。主人公の刑事を演じたソムチャーイ・ケムクラットの狂犬振りは、実に見事。彼は、日本でもDVD化されている「キラータトゥー(Kiiler Tatoo)」<2001年>、「Deadman デッドマン(Opa Patika)」<2007年>などに出演している人である。本来はコメディアンであるノート・チューンイムも渋くてよかった。そして、若い女性警察官のクリスタン・ウィーは、どこか影がある美人でいい。某シーンで、脱いでくれればもっと良かったのだが。名前からすると香港人かとも思えるのだが、タイ人らしい。映画もTVドラマも出演本数はあまり多くない。タイの映画は、本作が「メイド(M.A.I.D)」<2004年>に続いて二本目。外国映画としては、「スコーピオン・キング3(The Scorpion King 3 Battle for Redemption)」<2012年/アメリカ>ではSildaの役を演じているとのこと。ワサンの上司役であるチャラット・ナ・ソンクラーもいやらしさが出ていてよかった。それともう一人、出番はそれほど多くなかったが、ワサンの妻役のピヤティダー・ウォラムシックも魅力的だっだ。彼女は、TVドラマには多く出演しているが映画出演本数は少ない。日本でDVD化されている「シスターズ(The Sisters)」<2004年>(※この作品が映画デビュー作)で、霊の役を演じていた人だ。
 肝心の作品だが、残念なことに演出も脚本もいまひとつだ。特に、銃撃戦シーンにはさえがない。警察が取り囲んでいるのに簡単に犯人を逃がすし、同僚たちも簡単に殺されてしまう。ストーリー展開的には、中盤で簡単に犯人が捕まってしまったのでどうなるのかと思ったが、意外な続きがあっておもしろい。しかし、脚本の細部はだめである。いい要素がそろっているのに、とてももったいない出来の作品となっている。
 興行収入はUS$43,932。タイのエンターテイメント・サイトSiam Zoneのユーザー評価では、8.0点(満点は10点。投票数10。2013年12月現在)であった。原題は、「警部 狂犬」という意味。

[ タイのDVD販売サイト ]


[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ