父を知らない踊り子と踊り子を一途に愛する青年の物語/「ノラー」

ノラー/Nora


NoraPoster1.jpg


 ラブ・ストーリー。踊り子のノラーは、幼い頃に両親が離婚し母の手で育てられた。大きくなり金持ちの青年(ソムバット・メータニー)に見初められるが、青年の母は違う女性と結婚させようと…というストーリー。
 1960年代の作品なので、ストーリー展開はかなり雑だ。ノラーが車で誘拐されたと連絡を受けた後追いかけても、追いつくはずはない。それに、いつの間にか警官隊まで来ている。それから、塩酸?を顔にかけられたはずなのに、全快している。新聞には、崩れた顔が載っていたのに。こんな感じの内容だが、観ていて飽きないのが不思議だ。ただ、ノラーを救出して作品が終わるのかと思ったら、まだ続きがあった。これはいらないであろう。
 当然、町中を走っている車やバスも古いが、バンコクの路面電車を見ることができるのはうれしい。チェート・ソンシー監督には、日本で公開された「ムアンとリット(Muan and Rid)」<1994年>、日本の映画祭で上映された「絵の裏(Behind the Painting)」<2001年>、「深海の宝石(プロイ・タレー/Ploy Talay)」<1987年>、「傷あと(The Scar)」<1977年>などの作品がある。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ