アフリカ、西洋、タイ、何でもごちゃ混ぜホラー・ウエスタン・コメディー/「ドゥク ダム ドゥイ」

ドゥク ダム ドゥイ/Duk Dum Dui


DukDumDuiPoster1.jpg


 ホラー・コメディー作品。アフリカで、謎の怪死事件が次々に起こっていた。それを調査するために、テープ(テープ・ポーガーム)、デーン(Den Dokpradoo)、マート(Samart Payakaroon)、ラ(Khaosai Galaxy)の四人のタイ人スタッフが駆け付け…というストーリー。
 プラナコーンフィルム作品。作品の舞台はアフリカなのだが、どこで撮影したのであろうか?確かに黒人はたくさん出てくるのだが、タイ人、中国人?もたくさん出て来るので予算的に考えてもアフリカではないような気がする。内容はホラー・セクシー・ウエスタン・ドタバタ・ごちゃ混ぜコメディーで、言語もアフリカなのにタイ語と英語。中身もむちゃくちゃで何でもありという感じ。ここまでむちゃくちゃでごちゃ混ぜだと脱帽する。すごいとしか言いようがない。そして、このむちゃくちゃさが功を奏し、何とも愉快でおもしろい作品になっている。たが、これを観て、どうしようもないふざけているだけの駄作だと思う人もいるに違いない。
 作品の基本はホラー・コメディーだが、後半はウエスタン(西部劇)の要素も入ってくる。そして、セクシーさも忘れてはいない。アフリカのジャングルの村の女性たちは、胸を露わにしている。そして、ジャングルの中の小屋に住む夫婦の娘スワイ役のグラマーなタイ人女優(名前不明)は、シースルーの服にノーブラで雨でびしょ濡れ姿になり、やはり胸を見せてくれている。ただし、西洋人は水着姿までだ。
 それに、タイ映画お決まりのオカマの要素も忘れてはいないし、ジャングルに住む霊の夫婦はなぜか着物みたいのものを着ている。といった具合で、サービス精神?満点の作品でもある。
 監督は有名なコメディアンのテープ・ポーガームで、自ら主演もしている。彼はこの作品で妹の、ノーン・ポーガームと共演している。おそらく、スアイという娘の母親(霊)の役をやった人だと思われる。この人は、人気歌手&女優であるヤーヤー・イン(ノーン・ポーガーム)の母親だ。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ