元警察官である黒魔術を身に付けた囚人が脱走/「ネクロマンサー」

ネクロマンサー/Necromancer


NecromancerPoster1.jpg


 超常現象アクション。元警察官で黒魔術を身に付けたIthi(チャトチャイ・プレーンパーニット)は、犯罪を犯し警察に捕まり収監される。しかし、刑務所員を黒魔術で操り脱獄に成功する。それを、警官Santi(アカラー・アマートユクン)が追いつめようとするが…というストーリー。
 全体的に重厚な感じがする作品でムード的にはいいのだが、物語がよく練られていないというかよく分からない。脚本の細かさに欠ける点もある。やはり、脚本力の弱さが目立ってしまう。いつの間にか、追跡する警察官も黒魔術を身に付けているというのもどうでしょう。
 タイを代表する奇祭であるプーケットのベジタリアン・フェスティバル (キンチェー)が登場する。いろいろな物をほほに刺した人々が、行進するシーンが出てくる。おそらく、祭りの最中にロケを行ったのであろう。興行収入はUS$879,300で、悪くない数字であった。タイのエンターテイメント・サイトSiam Zoneのユーザー評価では、8.0点(満点は10点。投票数7。2014年1月現在)であった。
 アカラー・アマートユクンは、日本でDVD化された「最強のムエタイ・ファイター (ムアイタイ・チャイヤー/Muay Thai Chaiya)」<2007年>に出演した人。ピヤパン・チュペート監督には、日本でDVD化された「元カノ Death (フェーン・マイ/Fan Mai/My Ex 2 Haunted Lover)」<2010年>、「元カノ~憑き纏う女~(マイ・エクス/My Ex)」<2009年>や「Hプロジェクト(ハシマ・プロジェクト/H Project/Hashima Project)」<2013年>、「ラブ・フェイス・ミラクル(Love Faith Miracle)」の中の「コンシャス(Conscious)」<2011年>、「バウ・オブ・デス(Vow of Death)」<2007年>などの作品がある。英題は「魔術師」という意味。

[ タイのDVD販売サイト ]


[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ