2013年度スパンナホン賞「主演男優賞」

2013年度スパンナホン賞「主演男優賞」


 先日発表された、2013年度スパンナホン賞「主演男優賞」の結果です。主演男優賞は、「サンセット・アット・チャオプラヤー(クーカム)」のナデート・クーキミヤでした。


[ノミネート作品]
ナデート・クーキミヤ/「サンセット・アット・チャオプラヤー(クーカム/Sunset at Chaophraya/Koo Gum)」 ※主演男優賞受賞作品
パンタドン・チャングーン/「クリアン・フィクションズ(Grean Fictions)」
シンナウット・インタラクーシン/「ロング・ウイークエンド(トーン・スック 13/Long Weekend/Tong Suk 13)」
チラーユ・ラオーンマニー/「ラスト・サマー(Last Summer)」
パーキン・カムウィライサック/「ラブ・シンドローム(Love Syndrome)」


 主演男優賞のナデート・クーキミヤは、ちょっと意外でした。ですが、個人的にはノミネートされた人の中には強烈な候補がいないので、改めて考えるとナデート・クーキミヤでも不思議はないかもしれません。彼、悪くはなかったですが、ちょっとにやけ過ぎていましたね。大ヒットを飛ばしたTVの「クーカム」で主演したタイの国民的大スターであるトンチャイ・メークインタイも、かなりかなりにやけていましたが。
 受賞を逃した候補者の中で比較的記憶に強く残っているのは、「ロング・ウイークエンド(トーン・スック 13)」のシンナウット・インタラクーシンです。不気味な感じを好演していました。
 個人的に主演男優賞を与えるのなら、文句なく「インスペクター・マッド・ドッグ(ザ・コップ/Inspector Mad Dog/The Cop)」のソムチャーイ・ケムクラットです。熱演というか、鬼気迫る演技がすばらしかったです。どうして、この人が候補に挙がらなかったのでしょう?不思議です。また、わけの分からない作品でしたが、「ポーン・ショップ(Pawn Shop)」のクリサダー・スコソーンも良かったです。彼は、日本で公開された「レベル・サーティーン(13 Beloved)」<2006年>で「ハエ」と「ウ○チ」を食べた人ですね。


[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

「サンセット・アット・チャオプラヤー(クーカム)」

SunsetPoster4B.jpg




「クリアン・フィクションズ」

GreanFictionsPoster1.jpg




「ロング・ウイークエンド(トーン・スック 13)」

Tong-Suk-13Poster5.jpg




「ラスト・サマー」

LastSummerPoster2.jpg




「ラブ・シンドローム」

LoveSyndromePoster4.jpg




テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ