四世代四組による恋愛協奏曲/「ラブ・シンドローム」

ラブ・シンドローム/Love Syndrome


LoveSyndromePoster3.jpg


 ロマンティック・コメディー。恋に陥った99%の人は愚かな行為をしている?四世代四組の男女の愛の物語。ムード的には明るく楽しいのだが、四組ものカップルとその友人たちも登場してくる混雑さで内容がよく分からなくなってしまう。上映時間も135分とやや長い。四組というのは、ちょっと多過ぎたかもしれない。
 しかし、作品の頭とラストのプロポーズ・シーンは感動ものだ。冒頭では、バンコク?の大通りで、女性が車に乗り信号待ちしていると突然踊りと映像が始まり…というもの。このシーンはどうやって撮影したのであろうか?タイなので、撮影許可が下りてもおかしくはないが、あんな大通りであのシーンを撮影するのはすごい。でも、あの信号待ちの車は全部身内のものなのであろうか?それとも一般車?そして、ラストの空港のシーンも見事。あれは、ドーンムアン空港なのであろうか?でも、飛行機のドアが閉まってから飛行機を下りたいと言っても…だが。
 全く気付かなかったのだが、眼鏡をかけた主演女優はキーラティ・マハープルックポンだ。これには驚いた。ちょっと抜けた感じの明るい女性プリックケーンを演じたティティラット・ロートセーンラットが良かった。これが映画デビュー作らしい。パーキン・カムウィライサックが、スパンナホン賞の主演男優賞にノミネートされた。彼は歌手で、本作の主題歌「L.O.V.E.」も歌っている。楽しくていい曲だ。また、本作は、スパンナホン賞の脚本賞にもノミネートされた。
 タイのエンターテイメント・サイトSiam Zoneのユーザー評価では、7.86点(満点は10点。投票数7。2014年2月現在)であった。興行収入はUS$231,854。
 パンタム・トーンサン監督には、日本でDVD化された「捨て犬マッカムの大冒険(Mid Road Gang)」<2007年>や「ミッド・ロード・ギャング 2(Mid-Road Gang 2)」<2012年>、当時18歳の女優ボンコット・コンマーライをヌードにさせて撮った衝撃作「ジャッジメント(The Judgement)」<2004年>、「メナムの残照(クーカム)(Khu Kam)」<1995年>(※共同監督)などの作品がある。原題は「とても愚かな愛」と訳すのか?タイ語の「โง(ゴー)」(「愚かな」の意)は音を表し、英語の「Go」という意味かもしれない。つまり、「恋愛 ゴーゴー」という感じ。

[ タイのDVD販売サイト ]


[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ