"大阪アジアン映画祭"上映作品「すご〜い快感」のタンワーリン・スカピシット監督

"大阪アジアン映画祭"上映作品「すご〜い快感」の
タンワーリン・スカピシット監督



 今回は、"大阪アジアン映画祭"上映作品「すご〜い快感」のタンワーリン・スカピシット監督を簡単に紹介します。

 タンワーリン・スカピシット(コーフ)監督は、本人自身トランスジェンダーだ。その関係であろうか、トランスジェンダーを扱った作品を撮っているようだ。監督だけでなく、俳優としても活動している。今年の2月にタイで公開された「ターイ・ホーン ターイ・ヒアン(Taihong Taihien)」では、俳優として出演している。
 過去に日本で紹介された作品は、昨年のアジアンクィア映画祭で上映された「愛なんていらない(イット・ゲッツ・ベター/It Gets Better)」<2012年>しかない。DVD発売された作品もない。
 短編は数多く監督しているようだが、商業映画は本作「すご〜い快感(フィン・スゴイ/Fin Sugoi)」が四本目だ。前作は、「愛なんていらない(イット・ゲッツ・ベター)」。そして、次作は、本国で13日に公開されるホラー・コメディー?の「ター カオ ラオ ピー(Tha Khao Rao Phi)」である。
 商業映画第一作目は、オムニバス・ホラー「ターイ・ホーン (ダイ・ア・バイオレント・デス/Tai Hong/Die a Violent Death)」<2010年>の中の「ソップ・ナイ・テーン・ナム」。第二作目はイサーン・コメディーの「ハック・ナ サーラカーム(Hug Na Sarakham)」<2011年>。この作品はストーリーのよく分からない作品で、オカマさんがたくさん出てきた事ことだけが印象に残っている。
 第三作目である「愛なんていらない(イット・ゲッツ・ベター)」が、とにかくすごかった。オカマさんの映画だと聞いていたので、よくある大したことのない作品であろうという完全な先入観を持って観たのだ。ところが、あまりのすばらしさに打ちのめされてしまった。受賞はできなかったが、スパンナホン賞の作品賞、監督賞にノミネートされている。この作品が、スカピシット監督の出世作になったと言ってもいいであろう。
 とにかく「愛なんていらない(イット・ゲッツ・ベター)」はすばらしかったが、今年公開の二作「すご〜い快感(フィン・スゴイ)」と「ター カオ ラオ ピー」の出来が今後の試金石となるであろう。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タンワーリン・スカピシット監督
TV Inspure「Light You Up EP.1 :: I'm Director」




「ターイ・ホーン (ダイ・ア・バイオレント・デス)」

TaiHongPoster4.jpg




「ハック・ナ サーラカーム」

HugNaSarakhamPoster1.jpg




「愛なんていらない (イット・ゲッツ・ベター)」

ItGetsBetterPoster1.jpg




「ター カオ ラオ ピー」

ThaKhaoRaoPhiPoster1.jpg




「すご〜い快感(フィン・スゴイ)」

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ