自動車事故で担ぎ込まれた病院で、医者が怪しげな行動を…/「ホスピタル」

ホスピタル/Hospital


Hospital2005PH1.jpg


 ホラー作品。友人同士の女性二人と男性一人が、車でドライブへ出かける。エー(ピモンラット・ピサラヤブット)が運転していたが、同乗の男性がお化けの話を始めたこところ、運転操作を誤り事故を起こしてしまう。エーが気付くと病院のベッドの上で、男性は元気にしており、もう一人の女性はベッドの上でにいたが心配ないとのことであった。しかし、エーは不思議な現象を見るようになり、病院の職員が怪しげな行動をとっていることを発見する…というストーリー。
 DVD用作品。上映時間は60分弱と短い。作品は、「主人公たちと霊」「病院関係者の悪事と霊」の二つの要素から構成されている。だが、上映時間が短いので、二つの要素を描くにはちょっと厳しいかもしれない。ホラー度は大したことはない。また、最後にストーリー的なサプライズがあるが(同じようなラストを他の作品で観たことがある)、演出はあまりよくないのでサプライズ度は低い。それに、このストーリー展開だと、コンビニで男性の姿が鏡に映っていなかったことの説明がつかない。全体的には、どうしても物足りない感じだ。
 ピモンラット・ピサラヤブットは、日本でDVD化された「タイガーブレード(The Tiger Blade)」<2005年>や「コン・コーン(Kon Khon)」<2011年>、「レジェンド・オブ・スリヨータイ(The Legend of Suriyothai)」<2011年/デビュー作らしい>などに出演している。原題は「霊の出る病院」という意味。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ