タイ版「一休さん」のとんち物語 /「シータノンチャイ」

シータノンチャイ/Sritanonchai


Sritanonchai2524Poster1T.jpg


 コメディー作品。両親が出かける際、シータノンチャイ少年は家の掃除を頼まれ、幼い弟もきれいに洗っておくように言いつけられた。シータノンチャイは言いつけを守り、弟の腹を切り内臓まで取り出してきれいに洗った。帰宅した両親はそれを見てびっくり。シータノンチャイは、親とけんかをして家出してしまう。成人したシータノンチャイは功績をあげ結婚した。そして、とんちでジャンク船を奪い、中国?へと渡る。後に帰国し…というストーリー。
 タイの「一休さん」ともいえるとんちが利いた有名な昔話「シータノンチャイ物語/Srithanonchai」が原作。この物語はアユタヤー時代から伝わる口承伝承で、元はラオスからタイへ伝わってきたものだそうだ。本作品がどのくらい原作に忠実かは不明。どたばたコメディーではなく、そこそこ楽しめる。しかし、ラストの意味はよく分からない。なぜ、川を船で渡っただけでシータノンチャイは○○してしまったのだろうか?
 大柄な男優がシータノンチャイの仲間の巨人として登場してくるが、この人の大きさは結構すごい。また、作品中の貨幣が、硬貨ではなく貝であったのが興味深い。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ