とてもさわやかな音楽学校の青春映画「早春譜(シーズンズ・チェンジ)」

早春譜(シーズンズ・チェンジ)/Seasons Change


SeasonsChangePoster2.jpg


 「福岡市総合図書館映像ホール シネラ」で10月に上映される作品です。

 青春ドラマ。マヒドン大学の付属高校?を舞台にした物語。男子学生のポーム(ウィッタワット・シンラ ムポーン)は、キャンパスでかわいい女の子ダーオ(ユワナート・アーラヤーニミットサクン)を見つけ、薬学系コースに進むはずだったのだが、彼女の行く音楽系コースに親に内緒で入ってしまう。ポームの父の友人の娘オーム(チュティマー・ティパナート)も音楽コースへと進む。ポームはダーオに恋心を寄せるが、彼女は振り向いてはくれない。一方、オームはポームが好きで、次第に二人の中はポームの意に反して親密になっていく。しかし、やがてダーオはポームに気付き仲良しに。そして、学校の推薦で二人がハンガリーに留学できるのだが、そのメンバーがダーオとポームに・・・というストーリー。
 とてもさわやかな学園もの青春映画だ。ストーリーは暑季に始まり、雨季、乾季へと移ってゆく。その季節の移り変わりを淡々と描き、あまり大きなエピソードはないのだが最後まで観客を飽きさせないで観させてくれる。ラストの留学生の行方もしゃれていた。
 この作品をここまでいいものにしたのは、出演者がそれぞれとてもいい味を出しているからである。性格が相反する二人の女生徒役のチュティマー・ティパナートとユワナート・アーラヤーニミットサクンがすてきだ。特に、アーラヤーニミットサクンはとてもさわやかな感じがする。配役としてはぴったりである。彼女、「夏休み ハートはドキドキ!(Hormones)」<2008年>にチョイ役で出ているらしい。また、ティパナートも同作に出演しているみたいで、歌も何曲か出しているようだ。
 そして、本作で一番の演技賞は、なんといっても教師チタロー役の日本人男優である矢野かずきである。この人、傑作だ。おもしろすぎる。彼、パントマイムの出身者らしい。だからあんなにジェスチャーがおもしろいのか?また、チタローの恋人である女教師役のパーニサラー・ピムプルもよかった。コメディエンヌとして名高い彼女だが、本作ではそれほどずっこけずにちゃんとした格好をしている。なにせ、教師でオーケストラの指揮者役なので。それがまたはまっているのだ。いつもとは違う彼女の姿を見られておもしろい。
 最初、物語の舞台は大学だと思っていたのだが、どうも制服が高校っぽいので?だったのだが、どうも大学付属の高校ということらしい。タイのエンターテイメント・サイトSiam Zoneのユーザー評価では、9.24点(満点は10点。投票数201。2012年7月現在)であった。
 日本では、「アジアフォーカス 福岡国際映画祭 2007」で上映された。ニティワット・タラトーン監督には、日本で公開された「フェーンチャン ぼくの恋人(マイ・ガール/Fan Chan/My Girl)」<2003年/※共同監督>や「ティーチャーズ・ダイアリー(キット・トゥン・ウィタヤー/Teacher's Diary)」<2014年>、「ターン・イェーク・ワット・チャイ(Tang Yaek Wat Jai)」<2011年/※共同監督>、「ディアー・ガリレオ(Dear Galileo)」<2009年>、「ビター・スイート ボイド・ポッド ザ・ショート・フィルム(BitterSweet BoydPod The Short Film)」<2008年>の中の「プアン」などの作品がある。原題は、「季節は頻繁に変わるので」という意味。

[ タイのDVD販売サイト ]


[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ