速報!! 東京国際映画祭での上映タイ映画発表

速報!! 東京国際映画祭での上映タイ映画発表


今年の東京国際映画祭では、「クロスカット・アジア」というコーナーで8本のタイ映画が上映されます。プログラムは下記の通りです。とりあえず、速報ということで。


「タイムライン」<2014年>
 (タイムライン チョットマーイ・クワームソンチャム/ Timeline Chotmai Khwamsongcham)
※日本の佐賀県でも撮影された、親子、恋人、愛の物語

「メナムの残照」<2013年>
(サンセット・アット・チャオプラヤー/メナムの残照/クーカム/ Sunset at Chaophraya/Koo Gum)
※ナデート釘宮主演で、「クーカム」5度目の映画化

「先生の日記」<2014年>
(ティーチャーズ・ダイアリー/キット・トゥン・ウィタヤー/ Teacher's Diary)
※GTH社作品の大ヒット作

「タン・ウォン ~願掛けのダンス~」<2013年>
 (タン・ウォン/Tang Wong)
※悩み抜いた男子高校生たちは奉納の舞を踊ろうとするが

「ラスト・サマー」<2013年>
 (ラスト・サマー/Last Summer)
※ホラー。それは去年の夏のこと、私は死にたい・・・

「コンクリートの雲」<2014年>
 (コンクリート・クラウズ/ Concrete Clouds)
※現在、タイで上映中

「36のシーン」<2012年>
 (36/36)
※2012年の第17回釜山国際映画界に出品

「稲の歌」
 (The Songs of Rice/Pleng Khong Kao)
※ドキュメンタリー

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

◆第27回東京国際映画祭

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ