悩み抜いた男子高校生たちは奉納の舞を踊ろうとするが/「タン・ウォン ~願掛けのダンス~(タン・ウォン)」

タン・ウォン ~願掛けのダンス~(タン・ウォン)/Tang Wong


TangWongPoster1.jpg


 ドラマ作品。四人の男子高校生が、祠に願いがかなったら踊りを奉納するという祈りをささげた。しかし、奉納しないでいると、彼らの身の回りに不思議なことが起こりだした。そこで悩んだ挙句、踊り子(ナッタラット・レーカー)を雇い踊りを習い始めはしたが…というストーリー。
 冒頭は登場人物も多くカットが細かいので何が何だかわからない状態であったのだが、ストーリーが進むにしたがいちょっと不思議な映像がおもしろく感じられるようになってくる。だが、あのラストの意味はよく分からない。
 作者は、この作品を通じて何を描こうとしたのであろうか?タイ国の将来であろうか?赤シャツ(タクシン派)の抗議活動が作中に取り上げられているが、このシーンを通じて何かを言おうとしていたのだと思うのだが。
 少年の一人(シリパット・クハーウィチャーナン)が、踊りを教えてくれている踊り子に愛を告白するシーンがおもしろい。この踊り子を演じているのはナッタラット・レーカー。この人、画面をよく見ると微妙な顔付で男性のような気もする。で、調べてみると、ニュー・ハーフであった。「Miss Tiffany's Universe 2011.」に出場している。また、妊娠させてしまったらしい元ガール・フレンドの父親が警察官だったというシーンも面白かった。
 2013年の第23回スパンナホン賞では、インディーズ作品でありながら作品賞、監督賞、助演男優賞(ナッタシット・コートマナットワニット)、脚本賞の四冠を達成している。この作品が作品賞を取ったのもすごいが、助演男優賞のナッタシット・コートマナットワニットが「愛しのゴースト(ピー・マーク/ピー・マーク プラカノーン/Pee Mak Phra Kanong)」でマークの戦友を演じた三人を退けての受賞かなりの驚きだ。ところで、ナッタシット・コートマナットワニットはいい演技を見せてくれていたが、彼は主演でなく助演なのであろうか?彼が助演だとしたら、主演はだれなのだ?
 ナッタシット・コートマナットワニットの相手役の女の子メーは、チョンニカーン・ネートチュイが演じた。彼女は、日本の映画祭で上映された「マリー・イズ・ハッピー(Mary Is Happy, Mary Is Happy)」<2013年>の準主役を務めた人だ。本作が、映画デビュー作。
 タイのエンターテイメント・サイトSiam Zoneのユーザー評価では、7.20点(満点は10点。投票数5。2014年9月現在)であった。日本では、第27回東京国際映画祭で上映。
 本作は、「Berlin International Film Festival」と「Hong Kong International Film Festival」(いずれも2013年)で上映された。コンデート・チャートゥランラサミー監督は日本でDVD化されている「レター 僕を忘れないで(The Letter)」<2004年>の脚本家で、大阪アジアン映画祭で上映された「P-047 (ピー・ゼロ・フォー・セブン/P-047)」<2011年>、「手あつく、ハグして (ハンドル・ミー・ウィズ・ケアー/Handle Me with Care)」<2008年>や「サワッディー・バンコク(Sawasdee Bangkok)」<2009年>の中の「タマリンド・ゴースト」、「サイウ(Sayew)」<2003年>などを手がけている。

[ タイのDVD販売サイト ]


[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ