全国幼稚園綱引き大会の出場を目指して/「ドリーム・チーム」

ドリーム・チーム/Dream Team


DreamTeamPoster3.jpg


 コメディー・ドラマ作品。幼稚園の女性教師(サコンラット・ウォラウライ)は、全国幼稚園綱引き大会の出場を目指していた。しかし、勤務する幼稚園のチームは、とても軟弱であった。それゆえ、チームを鍛えるためにサッカーの・コーチ(キアット・キットチャルーン)を招聘した。しかし、子供たちもいろいろ、その親たちもいろいろで…というストーリー。
 最後こそ少し盛り上がるのだが、全体的におとなしすぎる内容だ。コメディーなのだが、あまりバタバタとしていない。幼稚園児役でたくさんの子供たちが出演しているが、あまり個性が出ていないのが最大の難。そして、そのうるさい親たちのキャラクターもいま一つ。親たちには、個性派のナオワラット・ユックタナンらを配しているのだが、良さが出ていない。
 そして、綱引きの練習シーンや子供たちを鍛えているシーンがほとんどない。これでは、おもしろさが出ないでしょう。ストーリー・ラインも物足りない。そして、あのラストは、いくらコメディーとはいえ子供が観ていることを考えるとあれでよかったのであるうか?正々堂々と戦うことを教えないとね。
 女性教師役のサコンラット・ウォラウライは、歌手で映画初出演。エーカラート・ケーントゥクターンは、3チャンネルのスポーツ・ニュースキャスターだそうだ。この作品、スポンサーに7チャンネルの名前があるのだがいいのであろうか?
 興行収入は、US$1,111,907とヒットしている。タイのエンターテイメント・サイトSiam Zoneのユーザー評価では、8.15点(満点は10点。投票数40。2014年9月現在)であった。
 キットティコーン・リアオシリクーン監督には、「マン・プリーアオ・マーク(Mun Pleaw Mak)」<2014年>、「サンセット・アット・チャオプラヤー (メナムの残照/クーカム/Sunset at Chaophraya/Koo Gum)」<2013年>、「ザット・サウンズ・グッド(That Sounds Good)」<2010年>、「バスレーン(Buslane)」<2007年>、「ブリット・ワイブズ(The Bullet Wives)」<2005年>、「アヒンサー ストップ・トゥー・ラン(Ahingsa Stop to Run)」<2005年>、「セイビング・プライベート・トゥッシー(Saving Private Tootsie)」<2002年>、「ゴール・クラブ(Goal Club)」<2001年>、「18-80 バディー(18-80 Buddy)」<1997年>などの作品がある。原題は、「ドリーム・チーム 乳歯のヒーロー」という意味。

[ タイのDVD販売サイト ]


[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ