異色スリラー「レベル・サーティーン」のアメリカ版リメイク作品/「13 シンズ」

13 シンズ/13 Sins


13SinsPoster1.jpg


 アメリカ映画。スリラー作品。「You don't play the game. It Plays you.」。サラリーマンのエリオット(マーク・ウェバー)には、妊娠中の妻(ルティナ・ウェスリー)がいた。その他、父(トム・バウアー)とやや知恵遅れ?の弟(デボン・グレイ)の面倒も見なければならなかった。ある日突然、彼は上司に呼び出されクビを宣告されてしまう。そんな時、携帯に不思議な内容の電話がかかってくる。「Congratulations!(おめでとうございます!)」。なんと、車内にいるハエをつぶしたらお金がもらえるというのだ。半信半疑でやってみると、本当に自分の口座に振り込まれていた。そして、ゲームに参加して合計13のミッションをクリアすれば、大金が獲得できるというのだ。ただし、途中でやめたら一銭ももらえない。将来の生活に不安を抱えるエリオットは、そのゲームに参加することに…というストーリー。
 日本でも公開されたタイ映画「レベル・サーティーン(13 Beloved)」<2006年>(その前段を描いているのが「12 ビギン(12 Begin)」<2006年>)を、アメリカがリメイクしたもの。撮影はアメリカで行われた。脚本は、ダニエル・スタムとDavid Birkeが共同で執筆。iTunesで公開した後、劇場公開した。
 ストーリー設定の基本路線は、タイのオリジナル作品「レベル・サーティーン」と同じだ。導入部の「ハエ」や「道路に張られたワイヤー」のエピソードは、オリジナルにもあった。新しいストーリー設定としては、このゲームはある組織により大昔から行われていたということ。ケネディー大統領の暗殺も、このゲームの結果だとか。そして、このゲームの正体を追おうとする男も登場してくる。ちなみに、「う○ち」のエピソードはない。
 オリジナル作品のすごいところは、ゲテモノ趣味的毒々しさであった。だが、本作にはそれがほとんどない。そこが、この作品の弱さになっている。オリジナルを観終わった後、気持ち悪くなった人もいるはずだ。だが、本作ではそうはならない。作品の冒頭でショッキングな指のシーンが出てくるが、その後がそれほどでもないのだ。「ハエ」のシーンにしても、オリジナルのような緊迫感がなかった。「子供を泣かすシーン」も、オリジナルの方が性悪さというか子供に対する残酷性が良く出ていた。
 オリジナルにはない「電動ノコ」のエピソードがあるのだが、このシーンに出てきた俳優は猟奇的な感じをよく出していてとてもよかった。しかし、意外に切断シーンがまとも過ぎておとなしい。最初、胸の大きい看護婦の白衣を着た女性が登場した時は何が起こるのかと思ったが。また、町中のいたるところにある監視カメラを通じて監視してるぞということをにおわせているのが、時代の移り変わりを感じさせる。
 物語のラストは、オリジナルと似ているようで似ていない。サプライズがあるのだが、その後にちょっとしたネタばらしがある。このサプライズそのものは、オリジナルに似ている。本作は、全体的にきれいにまとめ過ぎてしまった感じがする。そして、上映時間が93分しかないので、この中で13のミッションをこなすのは大変かもしれない。
 妻役のルティナ・ウェスリーが、なかなかかわいらしかった。そして、刑事役であるロン・パールマンのすごく個性的な顔は、かなり印象に残る。彼をもう少しうまく使っても、おもしろかったかもしれない。英題は「13の罪」という意味。

[ タイのDVD販売サイト ]


[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ