村にピー・ポ―プが現れ、中国風アーチャーンが立ち向かう /「ピー・ポープ・チョーム・ティントン 」

ピー・ポープ・チョーム・ティントン/Phi Pop Chom Tingtong


 ホラー・コメディー。村に、ピー・ポープが出現した。そのため、村人たちは呪術師(マム・チョクモク)を雇い、退治しようと試みるが…というストーリー。
 タイ映画史上に残るピー・ポープを扱った迷ホラー・コメディー・シリーズ「バーン・ピー・ポープ(Baan Phee Porb)」が始まったのも、この作品と同じ1989年だ。本作も、基本的には追っかけコメディーである。特定の主人公がおらず、村人たちがたくさん出てくる。そのため、観客側としてはストーリーを追いかけにくくてつらい。まあ、ストーリーは、ほとんどあってないようなものだが。ラストも、えっ、これで終わりなの?という感じだ。
 ピー・ポープが二人出てくるのだが、老女の方は最後まで出てくるので問題はない。だが、ミイラ男のようなピー・ポープ?はどうなったのであろうか?また、熊の着ぐるみを着た?ピー・ポープ?は、途中で消えてしまったのだがどうしたのであろうか?
 マム・チョクモクは、主演ではない。一体どこに出ているのかと思ったら、作品の最後の方に中国風のアーチャーン(呪術師)役で出て来る。
 この作品は、資料が見つからないので公開時とはタイトルが変えられているかもしれない。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ