死人の口の中には金貨が入れられていた/「ゴースト・コインズ」

ゴースト・コインズ/Ghost Coins


GhostCoinsPoster61.jpg


 ホラー作品。トー(チンナパット・キットティチャイワラーンクーン)、トン(タームタイ・プレーンシン)、ビー(ハタイチャット・ウアキットティロート)、チェック(シワコーン・アドゥンスットティクン)らは、乗っていた車が動かなくなり森の中をさまよい墓地へとたどり着く。トンは、そこで見つけた死体の口の中にあった金貨を密かに自分のものとしてしまう。やがて、彼らに、次々と不思議な現象が襲いかかる…というストーリー。
 ファイブ・スター・プロダクション作品。とにかく、ストーリーが力不足だ。ただひたすら、森の中をさまよっているだけのように思えてしまう。助けも求めず、食事もせず。そして、仲間が消えても気にしない。そして怖いかというと、怖くはない。また、登場人物の人物関係も作品の落ちもいまひとつはっきりとしない。友達の危機を見ても、自分だけ逃げようとするので友情は感じられない。それと、あの手錠の意味も分からない。鍵を持っていたのなら、なぜもっと早くはずさなかったのか?
 ブア役のラター・ポーガームはもともとは有名な歌手で、AV女優の西野翔が出演したことでも知られる「チャンダラー(ジャンダラ)」シリーズに出演しヌードを披露した人だ。日本で劇場公開された「ルパン三世(Lupin the Third)」<2014年/日本>、「オンリー・ゴッド (オンリー・ゴッド・フォーギブズ/Only God Forgives)」<2013年/フランス、他>や「トム・ヤム・クン 2(ザ・プロテクター 2/Tom Yum Goong 2/The Protector 2)」<2013年>にも出演している。
 ビー役のハタイチャット・ウアキットティロートは、役柄通り若く見えるが映画公開年で19歳になる。
 ティワー・ムーイタイソン監督には、日本でもDVD化された「人肉ラーメン(Meat Grinder)」<2009年>、「シスターズ(The Sisters)」<2004年>や、「ウォンチョーンピット(Wogchonpit/Heaven and Hell)」<2012年>の中の「第一話/モーラドック・ピー」、「ラブ・コンカー・オール(Love Conquer All)」<2012年/※共同監督>、「フェイタリティー(The Fatality)」<2009年>、「ゴースト・デリバリー(Ghost Delivery)」<2003年>などの作品がある。原題は、「霊を目覚めさせるゲーム」という意味。

[ タイのDVD販売サイト ]


[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ