若い女性客が、ショッピング・モールで買い物の罠にはまる/「ショップホリック」

ショップホリック/SHOPAHOLIC


 コメディー作品。若い女性(プリーチャヤ・ポンタナーニコン)が、ショッピング・モールに買い物に来た。彼女は買い物を終え駐車場に停めてある自分の車へ戻ろうとした時、「500バーツ買い物をすれば、駐車料金が二時間無料」との看板を目に留める。自分がした買物は470バーツ。そこで、彼女は再び店に戻り買物をすることに。すると、某ブランドがスペシャル・セールをやっていることに気付くが、…というストーリー。
 ショート・フィルム。冒頭にバンコク都のロゴ・マークが出てくるので、製作(製作依頼)はバンコク都なのであろう。動画の制作は、GTHらしい。何のために作られたのだか分からないのだが、若い女性がわずかな金額を節約しようとしたために次々と買物の罠にはまっていく様子をコメディー・タッチで描いている。
 上映時間は10分弱と、短い割にはストーリーをテンポよくまとめている。主演のプリーチャヤ・ポンタナーニコンは、日本の映画祭て上映された「アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー(I Fine..Thank You..Love You)」<2014年>、「ATMエラー(ATM ウー・ラック・エラー/ATM Er-rak Error)」<2012年>などに出演している。原題は、「女性買い物客」という意味。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ