輸血でエイズに感染してしまった少女の苦悩を描く/「ドーター 2」

ドーター 2/Daughter 2


Daughter2Poster1.jpg


 ドラマ。13歳の少女ロット(マリサー・ニーンニター)は、以前に輸血したことが原因でHIV(エイズ)に感染していることが判明する。そして、その感染をTVで訴えたことにより、彼女は家族も含めた周囲から特別な目で見られるようになった。しかも、唯一の心のよりどころであった女性は・・・というストーリー。
 シリーズ第二作目。前作「ドーター(Daughter)」<1994年>は麻薬問題であったが、本作はエイズ問題が中心。父親役は、前作同様ソラポン・チャートリー。
 さすがにチャートリー・チャルーム・ユコーン監督の作品だけあり、映像には迫力がある。しかし、脚本はいまひとつという気がする。ラストの締めくくりの仕方もちょっと甘い。
 主演のマリサー・ニーンニダーは、本作が映画デビュー作。彼女はセクシー系のモデル&女優で、タイの男性誌「FHM」の「The Sexiest Model in Thailand 2013」などの賞に輝いている。エンド・ロールには、出演者の名前として日本人らしきものが複数あった。
 チャートリー・チャルーム・ユコーン監督には、日本で劇場公開された「THE KING ~アユタヤの勝利と栄光~(King Naresuan Episode2)」<2007年>、「THE KING 序章 ~アユタヤの若き英雄~(King Naresuan Episode1)」<2007年>、日本でVHS化された永瀬正敏が主演した「パウダー・ロード(ヘロイン/Powder Road/Heroin)」<1991年>や「キング・ナレースアン・エピソード 5(King Naresuan Episode 5 Elephant Battle)」<2014年>、「キング・ナレースアン・エピソード 4(King Naresuan Episode 4 The Nanda Bayin War)」<2011年>、「キング・ナレースアン・エピソード 3(King Naresuan Episode 3)」<2011年>、「レジェンド・オブ・スリヨータイ(The Legend of Suriyothai)」<2001年>、「ドーター(Daughter)」<1994年>、「ソング・オブ・チャオパヤー(Song of Chaophaya)」<1991年>、「アウト・オブ・ザ・ダークネス(Out of the Darkness)」<1971年>などの作品がある。原題は、「残念に思う 2」という意味。

[ タイのDVD販売サイト ]


[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ