当ブログのひとりごと

当ブログのひとりごと


 いたずらかそうでないのかは定かではないのですが、コメント欄に「ネタ切れですか?」という書き込みがありましたので、いい機会ですので今回はちょっとひとりごとを。

 当ブログは、オープンしてもうすぐ5年になります。当初は手探り状態で始め、かなりのストックもありましたので、観たことがあるタイ映画(またはタイに関する映画)の紹介を一日二本お届けしていました。ですが、いずれはこのストックが底をつくことが分かっていましたので、無理に毎日ブログを更新する必要はないであろうとも考えていました。
 当初は観たことがある作品の紹介だけだったのですが、その後、一部の新作関係の紹介も始めました。現在では、新作は基本的に全て紹介しています。

 さて、私がタイ映画をたくさん観始めたのは、このブログをオープンする数年前です。仕事上でタイの映画を紹介しなければいけないのに、「アタック・ナンバー・ハーフ」を観たことがありませんでした。それで、これではいかんと思った次第です。
 で、時が経てば当然ながら・・・現在DVDなどを手に入れることができる過去の有名作品は全てとは言いませんがほとんど観てしまいました。2000年以前のクラッシック作品は、まだまだ観ていない作品がたくさんありますがね。また、最近はタイ映画界がかなりの不振で、大手会社が新作をあまり公開しません。その上、特に今年に入ってからは、新作のDVDの発売作品数が極端に少なくなっています。というわけで、観る作品数がとてもとても少なくなっているのです。

 私はタイへ行くと、バンコクのヤオワラートにあるクローントム市場の大型DVD店でいろいろと購入していたのですが、最近、その店(会社)が閉店してしまいました。ということは、スクムウィット通り界隈の店に行かなければならず、売れ筋の作品しか置いていないのです。マイナーな作品や古い作品のDVDやCDが手に入りません。
 通販という手もあるのですが、最近は円安ですので1,500円も出して取り寄せて面白くない作品だったら、「ドロボー、金返せ」と叫びたくなってしまいます。ちなみに、まだ観ていないクラッシック作品のCD、データー等は100本以上持っています。ですが、クラッシック作品を観続けるのは、とんでもない作品が多いのでかなりの勇気が要ります。

 というようなわけで、最近は作品の紹介数が少なくなっています。もし、タイ映画界が大不振から立ち直ることができれば、当ブログの内容ももっと良くなる気がするのですが?見通しは暗いです。よろしければ、今後もお付き合いのほどを。

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

 公共の場での発言というのは、なかなか難しいですね。ここはこの手の論争の場ではありませんので、いくつかのコメントは削除させていただくことに致しました。
 当ブログの立場から言わせていただきますと、お名前がなく具体的に書かれていないといたずらかどうか迷ってしまいます。それは、いたずらの書き込みが少なくないからです。基本的には、常識的なものであれば、ご批判であっても回答させていただきます。今回は結構迷いました(今回の書き込みが批判だとは思っておりませんが)。ちゃんとした意志のあるコメントであれば、回答しないと失礼にあたるからです。正直、結構考えましたよ(でも、5分位ですけど)。そこで、ちょうどいい機会でしたので、本来はコメントへの返事として書くべきなのですがブログの本文で事情を書いた次第です。
 映画の視聴感想も個人差がかなりありますが、一つの書き込み等に関してもいろいろな反応があるものだと改めて思いました。ちなみに、ブログのコメント欄以外にもいくつか反応がありました。もしこんなブログでよろしければ、今後もお付き合いのほどを。

No title

タイ映画については映画自身についても地方の映画館の消滅についてもガッカリして悲しいです。
今後はネタキレも予想されるのでタイ映画の歴史を刻んできた監督とか俳優さんについてスポットを当てて記事をのせてほしいです。

Re: No title

 できるかどうか分かりませんが、承っておきます。それにしてもタイ映画の不振ぶりはすごく、出口は全く見えてきませんね。

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ