日本の映画祭でも公開された「ランカスカ海戦 パイレーツ・ウォー」が、GyaO!で無料配信中

日本の映画祭でも公開された「ランカスカ海戦 パイレーツ・ウォー」が
GyaO!で無料配信中


QueensOfLlangkasukaPoster3.jpg


 日本の映画祭でも公開された 海洋大スペクタクル・アクション「ランカスカ海戦 パイレーツ・ウォー(クイーンズ・オブ・ランカスカ/Queens of Langkasuka)」が、GyaO!で無料配信中です。

 西暦1600年頃の架空の国であるランカスカ王国を舞台とした、スペクタクル海洋アクションもの。原題は「海賊の王様の大砲」と訳すのであろうか?ハリウッド作品とは比べ物にならないが、タイでもこんなにすごい大仕掛けのスペクタクルものを作れるぞと言わんばかりの大作。かなりの製作費がかかっていると思われる。
 ストーリーは味方だった人物がが突然敵になったり、主人公の恋人が死んですぐに違う女性を好きになったり、味方が危機に陥っているのに簡単に見捨てたりと少々?な部分もある。日本の侍や忍者も登場する。ノンシー・ニミブット監督作品だけあって、映像に力がある。タイ映画とは思えないような内容の作品で、十分に楽しむことができるであろう。日本では、京都ヒストリカ国際映画祭で上映された。
 アナンダー・エバリンハムは、日本で劇場公開された「心霊写真(Shutter)」<2004年>、日本の映画祭で上映された「コンクリートの雲(コンクリート・クラウズ/Concrete Clouds)」<2014年/タイ、香港、中国>、「ウモーン・パー・ムアン - 羅生門(アウトレイジ/The Outrage)」<2011年>や日本でDVD化された「レッド・イーグル(Red Eagle)」<2010年>、「メモリー(Memory)」<2008年>、「ミー・マイセルフ 私の彼の秘密(Me...Myself)」<2007年>などに主演し、「元カノ Death (フェーン・マイ/Fan Mai/My Ex 2 Haunted Lover)」にも少し出ている。
 ノンシー・ニミブット監督の作品には、日本でも公開された「ジャンダラ 背徳の情事(Jan Dara)」<2001年>、「ナンナーク(Nang Nak)」<1999年>、映画祭で上映された「タイムライン(タイムライン チョットマーイ・クワームソンチャム/Timeline Chotmai Khwamsongcham)」<2014年>、DVD化された「THREE 死への扉(THREE)」<2002年>の中の「The Wheel」や「ディストーション(Distortion)」<2012年>、「オーケー・ベートン(OK Baytong)」<2003年>、「ダン・バイアリーズ・アンド・ヤング・ギャングスターズ(Dang Bireley's and Young Gangsters)」<1997年>、TVドラマ「ヌア・メーク 2 ムープラープ・チョームカマンウェート(Nua Mek 2 Mue Prab Jom Kamangwet)」<2012年>、「ヌア・メーク(Nua Mek(Beyond Comparison))」<2010年>などがある。



◆GyaO!

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ