本日公開予定のGTH社作品、学園コメディー「メー・フー(メー・ナイ)」

本日公開予定のGTH社作品、学園コメディー「メー・フー(メー・ナイ)」


MayWhoPoster1.jpg


 タイで、本日公開予定のGTH社作品、学園コメディー「メー・フー(メー・ナイ ファイ・レーン・フルー/May Who)」です。同社の前作「ハート・アタック(フリーレーン/Heart Attack)」から、一ヵ月も経たないうちに公開されます。今回は人気女優のスタッター・ウドムシン(Sutatta Udomsilp)とTVドラマ「ホルモンズ」のタナポップ・リーラットタカチョーン(Thanapob Reeluttakajorn)というカップリングで、若者にはインパクトが強いと思います。ですが、内容が高校学園ものですので、大学生以上の観客はあまり見込めないでしょう。とすると、爆発的な大ヒットは無理かもしれませんね。

 コメディー作品。GTH社作品。主演女優のスタッター・ウドムシンは、日本の映画祭で上映された「ラスト・サマー(Last Summer)」<2013年>、「セブン・サムシング(Seven Something)」<2012年>の中の「14(14)」に出演した人気女優。あの騒動?以来、映画には初めての出演となった。男優のソーポン・サックダーピシットは、同社作品の「スイマーズ (The Swimmers)」に出演していた。
 チャヤノップ・ブンプラコープ監督には、日本の映画祭で上映された「サック・シード(Suck Seed !!)」<2011年>や「ターン・イェーク・ワット・チャイ(Tang Yaek Wat Jai)」<2011年>などの作品がある。
 原題の「メー・ナイ(เมย์ไหน)」とは、タイ語本来の意味は「メーはだれ(又はメーはどこにいる)」という意味だが、スタッター・ウドムシン演じる主人公の名前も「メー・ナイ」で意味をかけているようだ。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ