アピンヤー・サクンチャルーンスック(サーイパーン)出演のMV「ヤー・プリーアン・パイ」

ヤー・プリアン・パイ/Ya Plian Pai


 アピンヤー・サクンチャルーンスック(サーイパーン/Apinya Sakuljaroensuk)出演のMV「ヤー・プリーアン・パイ」です。いつもはMVはあまり紹介しないのですが、彼女が出ていましたのでね。彼女はデビュー以来、毎年映画に出続けTVドラマにはほとんど出演していませんでした。しかし、最近はTVドラマの出演が増え、今年は彼女の出演映画の公開は一本もないようです。

 โรส ศิรินทิพย์ とต้อล วันธงชัยのMV「ヤー・プリーアン・パイ(อย่าเปลี่ยนไป)」。4年前男性は事故に遭い?、気が付くと病院にいた。彼は記憶を失っており、妻がいたことに戸惑う。そして、夫の携帯に電話が…というストーリー。
 よくある内容で、分かりやすいストーリーだ。妻役のアピンヤー・サクンチャルーンスックはベビー・フェイスなのだが、大分大人っぽくなってきた。彼女は、本MV公開年で25歳となった。日本の映画祭で上映された「コンクリートの雲(コンクリート・クラウズ/Concrete Clouds)」<2014年>、「すご〜い快感 (フィン・スゴイ/フィン・プロジェクト/Fin Sugoi/Fin Project)」<2014年>、「帰り道(アイ・キャリード・ユー・ホーム/パーダン・ベサー/I carried you home/Padang Besar)」<2011年>、「風の音、愛のうた(Loving You, Loving Me)」<2011年>や長崎県の軍艦島で撮影された「Hプロジェクト(ハシマ・プロジェクト/H Project/Hashima Project)」<2013年>などに出演している。二度もスパンナホン賞を受賞している(2015年現在)実力派だ。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ