時は西暦2010年の近未来、第四次世界大戦の末期「2110(タイニヨム)」/2110(ไทยนิยม)

2110(タイニヨム)」/2110(Thai Niyom)
(ไทยนิยม)


ThaiNiyomPH1.jpg


 プミポン国王の87歳の誕生日を祝して(誕生日は12月5日)の作品のようだ。12人の監督、12本のショート・ムービーによるオムニバス作品の中の一本。原題は、「タイ主義」と訳せばいいのか?

 SF作品。時は西暦2010年の近未来、第四次世界大戦の末期。男(ノパチャイ・チャイヤナーム)は、足をけがしている若い女性(アピンヤー・サクンチャルーンスック)を助けながら生きていたが…というストーリー。
 ちょっと不思議な雰囲気の作品。何しろ10分ほどの短編なので人物設定などがよく分からないが、全編雨が降りっぱなしの映像はすごい。ただ、作品のラストは意味が分からない。トーンポーン・チャンタラーンクーン監督が、こういう感じの作品を作るとはちょっと意外な感じがする。この作品、長編で作って欲しい。
 アピンヤー・サクンチャルーンスックがいい。彼女、やはり演技がうまい。彼女は、日本の映画祭で上映された「コンクリートの雲(コンクリート・クラウズ/Concrete Clouds)」<2014年/タイ、香港、中国>、「すご〜い快感 (フィン・スゴイ/フィン・プロジェクト/Fin Sugoi/Fin Project)」<2014年>、「帰り道(アイ・キャリード・ユー・ホーム/パーダン・ベサー/I carried you home/Padang Besar)」<2011年>、「風の音、愛のうた(Loving You, Loving Me)」<2011年>や長崎県の軍艦島で撮影された「Hプロジェクト(ハシマ・プロジェクト/H Project/Hashima Project)」<2013年>などに出演している。
 ノパチャイ・チャイヤナームは、日本で公開された「キング・ナレースアン(King Naresuan)」シリーズや日本の映画祭で上映された「タイムライン(タイムライン チョットマーイ・クワームソンチャム/Timeline Chotmai Khwamsongcham)」<2014年>などに出演している。
 トーンポーン・チャンタラーンクーン監督には、日本の映画祭で上映された「帰り道 (アイ・キャリード・ユー・ホーム/パーダン・ベサー/I carried you home/Padang Besar)」<2011年>などの作品がある。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

本編


テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ