ネイザン・ジョーンズ出演アクション作品「ジャイアント・チリペッパー」GyaO!で無料配信中/ส้มตำ

ネイザン・ジョーンズ出演アクション作品
「ジャイアント・チリペッパー」GyaO!で無料配信中
/ส้มตำ


SomtumPoster1.jpg


 GyaO!で、ネイザン・ジョーンズ(Nathan Jones)出演のアクション作品「ジャイアント・チリペッパー(ソムタム/ムアイ・タイ・ジャイアント/Somtum/Muay Thai Giant)」<2008年>が無料配信中です。

 コメディー・アクション作品。タイを訪れた西洋人のバーンニー(ネイザン・ジョーンズ)は、昏睡強盗に遭い、身ぐるみをはがされてしまう。そんな時に知り合ったのが、二人の少女ドークナー(サシサー・チンタマニー)とクラテン(ナワラット・テーチャラタナプラスート)であった。バーンニーは巨人で力持ちであったが、とても臆病であった。しかし、ソムタムを食べるとその辛さにより暴れまくり、爆発的な力を発揮した。そんな三人が、犯罪事件に巻き込まれ…というストーリー。
 サハモンコン・フィルム配給。ノンタコーン・タウィースックの初映画監督作品。格闘技指導は、トニー・ジャーの師匠としても知られるパンナー・リットクライ。
 ストーリーそのものは洗練されたものではないが、とても楽しい作品に仕上がっている。子供から大人まで楽しめる作品だ。ネイザン・ジョーンズや子役サシサー・チンタマニーらのアクションも、なかなか見ごたえがある。この作品の魅力の中心になっているのは、オーストラリア出身の格闘家であるネイザン・ジョーンズの体に似合わない愛嬌のある演技であろう。タイ映画に出演する多くの西洋人俳優は内容がイマイチなことが多いが、彼は見事に役柄を演じていた。ソムタムの辛さに反応して赤くなり、そして馬鹿力を発揮するという設定もおもしろい。
 ネイザン・ジョーンズは、日本でも公開された「トム・ヤム・クン(ザ・プロテクター/Tom Yum Goong/The Protector)」<2005年>にも出演している。サシサー・チンタマニーとナワラット・テーチャラタナプラスートは、「パワー・キッズ(Power Kids)」<2009年>でも共演している。サシサー・チンタマニーは、日本でも公開された「七人のマッハ!!!!!!!(Born to Fight)」<2004年>にも出演している。しかし、彼女は本作後、映画には出演していない(2014年9月現在)。どうしたのであろうか?ナワラット・テーチャラタナプラスートは、日本でDVD化された「マッハ! エンジェル MACH! ANGELS(Dangerous Flowers/Chai-Lai)」<2006年>などに出演している。また、市場のパパイヤ売りとしてアクションを披露している女優ケーサリン・エータワッタクンも、日本でDVD化された「マッハ! エンジェル くノ一 Mission(The Vanquisher/Final Target)」<2009年>や「七人のマッハ!!!!!!!」、「マッハ! エンジェル MACH! ANGELS」に出演している。格好良かった。
 シリントーン王女は、自らの作詩を本作の挿入歌に使用することを許可されたとのこと。興行収入は、US$254,469と良くなかった。タイのエンターテイメント・サイトSiam Zoneのユーザー評価では、6.21点(満点は10点。投票数19。2014年9月現在)であった。



◆GyaO!

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ