タイでも撮影されたシリーズ第4作目「ランボー 最後の戦場」が、GyaO!で無料配信中

タイでも撮影されたシリーズ第4作目「ランボー 最後の戦場」が
GyaO!で無料配信中


Rambo4Poster3.jpg


 タ イでも撮影されたシリーズ第4作目「ランボー 最後の戦場(Rambo)」<2008年/アメリカ>が、GyaO!で無料配信中です。

 大人気シリーズ「ランボー」の第四作目。1982年に始まったこのシリーズの舞台は、第一作目がアメリカ、1985年の第二作目はベトナム、1988年の第三作目はアフガニスタン、そして20年の時を経て登場した今作はミャンマーが舞台となる。次回作の第五作目も予定されていたが中止になったので、おそらく今作がシリーズ最終作となる。
 物語の舞台はミャンマー北部のカレン族居住エリア。タイ側の町としてはメソットが登場する。実際にタイ北部で撮影をしたとのことだが(ブルガリアとの説もある)、川を船で行くシーンの撮影はタイであろうか?タイらしくない風景のような気がするのだが。
 しかし、アメリカ映画というのはすごい。実在の国が実名で悪国として登場する。少し前はソビエト(ロシア)やイランだったのだが、今ではミャンマーなのか。実際、この作品を作るに当たりミャンマー政府側からさまざまなかなりの圧力があったらしい。
 さて、作品の中身だが、スタローン自身も言っているように第二、三作目のような娯楽趣向から第一作目のような哀愁漂う人間の生き方を問うたような作風となっている。日本でのキャッチ・コピーは「ムダに生きるか 何かのために死ぬか お前が 決めろ」となっている。とはいえ、戦闘アクション・シーンはすさまじく、特に重機関銃の弾が人間に当たると肉が飛び散るシーンが随所に挿入され各国で視聴年齢制限が設けられている。全体的には、ストーリーの中身が薄く、楽しめるものの少々物足りない出来となっている。シリーズ第一作目があまりにも偉大な内容だっただけに続編はつらい。今作の本編は約90分で、その内エンド・ロールが10分ほどもある。なので、どうしてもストーリーが薄くなってしまうような気がするのだが。ランボーよ、さらば。



◆GyaO!

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ