2015年度「タイ映画BEST3」/あけましておめでとうございます!

2015年度「タイ映画BEST3」/あけましておめでとうございます!


 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 2015年にタイで公開された作品の中から、当ブログ的BEST作品を選びました。昨年は観た作品が少なく、その上、作品的にもいいものが少なかったです。そのため、選出は三本ということにしました(このあたりの話は、後日、2015年の総括に記します)。ちなみに、昨年公開された作品で観たのは15本だけです。東京国際映画祭で上映された「孤島の葬列」(The Island Funeral)<2014年>は、タイ本国ではまだ公開されていませんので対象にはなっていません。


にほんブログ村


第三位 「ポストカード・フローム・ノーホェア」 (Postcard From Nowhere)

PostcardFromNowherePoster1.jpg


[ タイのDVD販売サイト ]


 カテゴリー的には、ラブ・ストーリーなのかもしれません。ある女性とカフェのオーナーである男性との出会いを描いています。傑作というわけではないのですが、とにかくさわやかさが印象に残っています。主演男女優の二人がよかったです。主演男優のプティポーン・シーワットは、日本でDVD化された「Deadman デッドマン(Opa Patika)」<2007年>、「ロケットマン !(Dynamite Warrior/Tabanfire)」<2006年>などに出演している俳優&歌手です。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー




第二位 「ブラック・デス」 (The Black Death)

TheBlackDeathPoster11.jpg


[ タイのDVD販売サイト ]


 タイでは珍しい、ゾンビを扱ったC級のホラー史劇です。映画賞とは、全く無縁の出来になっています。ですが、怖くないことが多いタイ・ホラーにしては、かなり怖かったのです。十分に楽しめました。「18歳超視聴可」の年齢制限が付いている割にはお色気が足りなかったですが、ヒロインは三人もいました。ラストは、「明日に向かって撃て」的になっていて、物足りなかったのは残念(笑)。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー




第一位 「キータラーチャニポン ボット・プレーン・ナイ・ドゥアン・チャイ・ラート」 (Keetarajaniphon Bot Pleng Nai Duang Chai Rat)

KeetarajaniphonPoster1.jpg


商業映画ではありません。無料で公開された、四話からなるオムニバス作品です。その中の「スマイルズ」と「ダーオ」の二本が、とても不思議な感覚の内容でした。「スマイルズ」は笑わない少年の話。「シンガーズ」は、歌を忘れた歌手志望だった老婦人の話です。短編なのに、とてもすばらしい出来です。ちなみに、「シンガーズ」は日本でも公開された「ジャンダラ 背徳の情事(Jan Dara)」<2001年>、「ナンナーク(Nang Nak)」<1999年>のノンシー・ニミブット(Nonzee Nimibutr)監督です。
 この作品はタイ人の友人の協力を得て苦労して観ることができたので、感慨もひとしおでした。この作品、DVD作ってくれないかなあ?

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ