スコータイ県の寒村での様子を描く「ビレッジ・オブ・ホープ」/วังพิกุล

ビレッジ・オブ・ホープ/Village of Hope


VillageOfHopePoster1.jpg


 ドラマ。青年ソーンは、軍隊から実家のあるスコータイ県のワンピクン村へ戻って来た。そんな時、村を離れていたおじさんが、都会育ちの自分の息子を連れて来た…というストーリー。
 Apex系で公開?モノクロ作品。この作品は、何を描こうとしたのであろうか?親子の問題?都会と田舎の問題?それとも、青年にしっかかりと自分の将来を見据えろよと言いたいのであろうか?作品は、ドキュメンタリー風に寒村での日常生活を描いていく。何らかの大きなエピソードがあるわけではない。そして、ラストも、主人公の青年ソーンが村を去るところで終わる。第24回スパンナホン賞では、「脚本賞」にノミネートされているのだが、正直、これで脚本賞候補なのか?と思ってしまう。上映時間も72分と短い。
 ブンソン・ナークプー監督は、「ローン(Lhorn/Soul)」<2003年>の共同監督と同一人物であろうか?

[ タイのDVD販売サイト ]


[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ