大阪アジアン映画祭で上映されるタイ映画「フリーランス(ハート・アタック)」/ฟรีแลนซ์..ห้ามป่วย ห้ามพัก ห้ามรักหมอ

大阪アジアン映画祭で上映されるタイ映画「フリーランス(ハート・アタック)」


HeartAttackPoster1.jpg


 3月4日から始まる第11回大阪アジアン映画祭で上映されるタイ映画「フリーランス(ハート・アタック/Heart Attack/Freelance)」です。

 コメディー作品。GTH社作品。GTH社としては、「愛しのゴースト(ピー・マーク/ピー・マーク プラカノーン/Pee Mak Phra Kanong)」<2013年>、「アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー(I Fine..Thank You..Love You)」<2014年>に次いで超大ヒットを狙った作品に違いない。しかし、結果は、ヒットはしたものの大ヒットとはならず86.07百万バーツという数字に終わった。日本では、第11回大阪アジアン映画祭で上映。
 主演男優のサンニー・スワンメターノンは、日本の映画祭で上映された「アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー(I Fine..Thank You..Love You)」<2014年>、「セブン・サムシング(Seven Something)」<2012年>、「バンコク・トラフィック・ラブ・ストーリー(Bangkok Traffic Love Story)」<2009年>、「ディアー・ダーカンダー(親友/ディアー・ダカンダ/Dear Dakanda)」<2005年>などに出演している。
 主演女優のダーウィカー・ホーネーは、日本の映画祭で上映された「愛しのゴースト(ピー・マーク/ピー・マーク プラカノーン/Pee Mak Phra Kanong)」<2013年>などに出演している。
 映画監督として評価はされているものの、エンターテイメント作品を撮った経験のない(脚本を手掛けた経験はある)ナワポン・タムロンラタナリットを監督に起用するというのは、ちょっとした賭けであったかもしれない。同監督には、日本の映画祭で上映された「マリー・イズ・ハッピー(Mary Is Happy, Mary Is Happy)」<2013年>、「36のシーン(36)」<2012年>などの作品がある。

◆第11回大阪アジアン映画祭

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ