アメリカン・オールディーズ・ロック・ミュージックを散りばめた青春物語「ボーン・ブラッド」/โก๋ หลัง วัง

ボーン・ブラッド/Born Blood


BornBloodPoster1T.jpg


 ドラマ。時は1950~60年代。当時ヒットしたアメリカのロック・ミュージックをバックに、つっぱって生きていた若者たちの姿を描く青春もの。
 サハモンコン・フィルム配給。アメリカン・オールディーズ・ロックを全編に散りばめ、髪形をリーゼントにきめた若者たちの様子を描いている。タイ映画としては、珍しいスタイルの作品だ。音楽の著作権がクリアされているか心配だが、2002年の作品なのでその点は大丈夫なのであろう。ストーリーに大きなエピソードはないが、楽しんで観ることができる。
 画像は、オールディーズ作品風に仕上げられている。当時走っていた路面電車も登場してくるが、車両の下部は写されていないのでハリボテであろう。また、背景の映画館に掲げられた看板の作品は、1962年の「007 ドクター・ノオ(007 Dr. No)」<イギリス、アメリカ>だ。どこまで歴史に忠実に描いているか分からないが、男性が裾の細いズボをはいていたら警察に検挙されたのであろうか?ズボンをはいた状態で、裾にソフト・ドリンクのビンが入らないとアウトらしい。また、タイにも、このような若者たちがジェームズ・ディーンやエルビス・プレスリーにかぶれた時代があったのであろうか?
 主演女優のバンティター・ターンウィセートが、かわいらしい。彼女は、本作が映画デビュー作。見掛けたことのない顔だが、本作出演後、数多くのTVドラマには出演している。だが、映画出演は、本作の後には「Crazy Cops(191 1/2 มือปราบทราบแล้วป่วน)」<2003年>に出演したのみだ(2015年12月現在)。

[ タイのDVD販売サイト ]


[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村

テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ