2016年、第1四半期(1~3月)のタイ映画界を振り返る/相変わらず低調に推移

2016年、第1四半期(1~3月)のタイ映画界を振り返る/相変わらず低調に推移


StarWars7Poster1.jpg
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」


 先月は長期取材に出かけていたために、四半期ごとの総括をするのが遅くなってしまいました。さて、今年の第1四半期(1~3月)も、タイ映画界は相変わらず低調に推移しました。長い大不調のトンネルを抜ける気配はありません。
 外国映画では、昨年封切られた「スター・ウォーズ/フォースの覚醒(Star Wars: The Force Awakens)」<2015年/アメリカ>のロングランが終了しました。結果は、155.62百万バーツという予想できなかった低さに終わっています。タイにおける外国映画の興行記録を塗り替えると思ったのですが、情けないほど低い数字に終わってしまいました。
 その他の目立った動きとしては、コミックの映画化「デッドプール(Deadpool)」<2016年/アメリカ>はすごい出足を見せたのですが、159.42百万バーツまでしか行きませんでした。これはこれですごい数字なのですが、意外に伸びませんでしたね。第二週目までで148.97百万バーツまでいったのに、4週間でこの数字です。第三週目以降は、完全に失速してしまいました。ヒーローものなのに、ちょっと内容が残酷すぎたかな?「ゴッド・オブ・エジプト(Gods of Egypt)」<アメリカ、オーストラリア/2016年>は、104.93百万バーツと大ヒットしました。


にほんブログ村

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ