今年のスパンナホン賞の俳優関係の賞を振り返る

今年のスパンナホン賞の俳優関係の賞を振り返る


HeartAttackPoster3.jpg


 さて、だいぶ遅くなってしまいましたが、今年のスパンナホン賞の俳優関係の賞を振り返ってみましょう。受賞結果は下記の通りです。

○主演男優賞
 サンニー・スワンメターノン 「フリーランス (ハート・アタック)

○主演女優賞
 ダーウィカー・ホーネー 「フリーランス (ハート・アタック)

○助演男優賞
 インカラット・ダムロンサッククン 「ハウ・トゥー・ウィン・アット・チェッカーズ - エブリ・タイム

○助演男優賞
 ウィオレート・ウォーティア 「フリーランス (ハート・アタック)

 ご覧のように、助演男優賞以外は「フリーランス」の独占となりました。正直、今年のノミネートの内容を見ると今ひとつかなという気がします。ですが、私は昨年度公開作品はあまり観ていませんので、多くを語る資格もないのですが。
 サンニー・スワンメターノンとダーウィカー・ホーネーは、賞の審査員好みの人です。サンニー・スワンメターノンは、ようやく順番が回ってきたという感じですね。
 あと、例年ですと激戦となる主演女優賞ですが、今年は随分と若い人たちばかりがノミネートされました。若い人が良くないというわけではありませんが、それだけいい人がいなかった結果であるような気もします。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ